今年の愛馬が決まりました!【リターンズ】

コロナ禍・・・いや、もはや「ニューノーマル」と言うべきか、
そんな毎日をお過ごしのみなさま、お元気でしょうか。

ボクはお仕事の方がなかなか忙しい感じなのですが、
まぁ、何とか無事に暮らしています。

競馬は毎週グリチャの視聴で楽しんでいますが、
とにかく愛馬たちが沈黙を守っている状況なんですよね~

エターナルピースは両ヒザの骨片除去手術で療養中、
ブラウシュヴァルツは良くわからん理由で北へ強制送還中。
(右トモが弱いだの、ボーンシストだの、背中に張りがあるだの・・・)

結局、2頭ともすでに半年ほど出走がないわけなんですが、
仮に出走していたとしても応援に行けませんからね。

まぁ、結果オーライか・・・と思うようにしています。



さて、そろそろ本題へ入りましょうか。

そんなこんなで3歳愛馬勢の動向に不安が募る状況で、
レースへ復帰できるかどうかも不透明な感じ。

最悪、夏以降はエスペラント1頭だけになりかねん・・・

そんなわけで、ワタクシの一口馬主人生初となる、
キャンセル募集に参戦してみたんですよ~

もちろん、全く期待はしていませんでしたし、
「とりあえず手だけ挙げておくか」みたいな感じでした。

で、申し込んだこともスッカリ忘れていた03/29の夜、
帰宅してポストを見ると、クラブから薄っぺら~い封書が。

開封してみると、なにやら出資がどうのこうのと・・・
HPでも確かめてみたところ・・・

01_210404.jpg

いや~、キャンセル募集って、ホントに当たるんですね。
まさかと思いましたが、当たっちゃいましたよ、
アウェイクの19。まぁ~ビックリ。

アウェイクの19ことウェイクアップの場合、
近況報告で前脚の動きに注文が付いてましたよね。

それが嫌われて競争率は下がったと思うのですが、
募集されたのはたった2口だけと狭き門でしたからねぇ。

なぜ当たっちゃったのか神のみぞ知る、ですが、
とにかく新メンバーの加入を喜びたいと思います。




では現時点でのウェイクアップの印象について、
簡単にお話してみたいと思います。


【 馬体や育成状況について 】
02_210404.jpg
募集時動画では大きくてしなやかな歩様に好感を受け、
1次募集で申し込んだ1頭。(で、落選・・・)

今はキャンターのフォームが崩れているようですが、
成長の過程ではあることだと思っています。

あくまでも一時的なものだと思いますし、
心身のバランスが整って来れば自然に治るでしょう。

普段はメンタル的にも落ち着いているようですし、
カイバ食いも良さそうですから、現時点では問題なし。

このまま順調に育成メニューを消化し、
夏以降の初入厩へとつなげて行ってほしいですね。



【 血統背景について 】
03_210404.jpg
ルーラーシップ×ディープ牝馬は活躍馬が多く、
重賞勝ちこそ少ないものの、好配合の1つ。

母の母系はとにかく立ち上がりが早く、
2歳戦で勝ち上がっている近親が目立ちます。

活躍中のステラヴェローチェは母の姉の仔で、
血の活力と言う面でも魅力がありそうです。



【 厩舎について 】
管理する宮田敬介調教師は昨年開業の新人さん。

ノーザンファーム勤務からトレセンに入り、
ディープやアーモンドアイへの調教経験もあるそう。

1年目から特別戦3勝を含む16勝を挙げ、
まずは好発進したと言えるのではないでしょうか。

今年もグレートマジシャンやスペシャルドラマなど、
クラシック路線を賑わせる3歳馬が出ています。

ただ2歳馬は「開業のご祝儀」ではないわけで、
厩舎力が試される最初の世代になるはず。

NFからの強力なバックアップを受けつつも、
どんな馬づくりをしてくるか?楽しみにしています。



【 今後への期待 】
母系の傾向を踏襲していれば、
2~3歳戦での活躍を期待したいところ。

マイルから2,000mが守備範囲のイメージですが、
父の血を濃く受け継いでいれば中長距離が得意かも。
(例えば、キセキみたいな感じ。)

牝馬は特に、まずは勝ち上がることが最重要ですから、
とにかく順調に今年1年を送ってほしいですね。

もう1頭の2歳馬エスペラントともども、
我が愛馬陣の「盛り上げ役」となるよう期待しています!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント