今年の愛馬が決まりました!【玉砕編その2】

ま、そんなわけで、
3頭に投票することにしました。

ただ、ちょっぴりひっかかることが・・・。


ボク自身の募集戦線に対する思いとして、
「絨毯爆撃的な投票」は禁忌事項にしています。

興味がある馬は手当たり次第に投票し、
どれかが当たれば良いや、みたいな投票の仕方。

昨今の募集戦線を取り巻く状況から、
やむを得ない面があるのは理解しています。

でも何だか、かき回されて混迷が深まり、
秩序みたいなモノが薄れていくんじゃないかなぁ・・・。


それに1頭1頭を大事にしたいと言う、
自分の一口馬主スタイルには合わないんですよね。

コレと決めた馬に投票して抽選で外れれば、
自分には縁がなかったと言うこと。

また次の縁と出会いを楽しめば良いわけです。
(と言いつつ、資金的に無理なことが最大の理由なんですが。)



で、今回3頭に投票することが、ちょっぴりですが、
この「絨毯爆撃的な投票」に抵触する気がしたんです。

ただ、3頭とも最優先枠を使いたいレベルでしたし、
どれか1頭を選べない、と言う状況でしたからね。

なので「3頭のどれかが当たれば良いや」ではなく、
「抽選と言う第3者に1頭を選んでもらおう」と言う感じ。

そう思えたので3頭投票を決行することにしました。





そうと決めたら、どの馬に最優先枠を使うか?
コレが大問題になったんですよね~

とにかく3頭を何とか順位づけしなければ・・・


で、いくつか項目を挙げ、
断腸の思いで順位づけしてみたんです。

<歩様・動きの好み>
クレオール=ティンバレス=アウェイク


<一般枠で抽選に通りそうな感じ>
アウェイク>クレオール>ティンバレス


<最優先枠なら確保できそうな感じ>
アウェイク>クレオール>ティンバレス


<預託厩舎の実績>
ティンバレス>クレオール=アウェイク


<価格メリット>
クレオール=ティンバレス=アウェイク


まず、抽選に通る可能性がありそうとの理由で、
アウェイクの19は一般枠に回すことを決断。


後はクレオールの19とティンバレスの19、
どちらを最優先枠とすべきか・・・。

順位づけの結果では五分五分と言った感じで、
決断するには至らず。


で、改めて動画を見直したんですけど、すると、
ティンバレスの19のつなぎが立ち気味に見えてきまして。

もはや妄想とか幻想の域なんでしょうね、
あるいは実際は立ち気味じゃないのかもしれません。

でも、その時はそう見えてきたので、
それならクレオールの19の方を最優先枠にしようと。



結果的にはこの決断が正解で、
最優先枠でこそ、クレオールの19を確保できました。

一方のティンバレスの19は締め切り時点で瞬殺され、
アウェイクの19は一般枠抽選まで残るも轟沈。

できれば2勝したかったのですが、
まぁ、1頭のみ確保でも「良し」とすべきでしょうね。





そんな、他人にはどうでも良いような紆余曲折の果てに、
今年のボクの募集戦線が幕を閉じました。

ちなみに、過去を振り返ってみますと、
いわゆる「あるある」みたいなモノがございまして。

迷って投票しなかった馬とか抽選に敗れた馬って、
けっこう活躍するんですよね・・・。


ティンバレスの19とアウェイクの19、
名馬への第1歩をすでに踏み出したのかもしれません・・・。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

ぶーすか
2020年10月25日 15:28
大変ご無沙汰いたしております。
時々、ブログは拝見していたのですが、「絨毯爆撃投票」なる言葉に言い得て妙というか、一口の限界を感じてしまいました。私はウイン、ターフ、ローレルと日高系ですが、こちらも少しずつ違和感を感じるようになってきています。ターフ、ローレルは牧場で出資馬を考えますが、牧場によっては値段高騰で敷居が高くなり、新しい牧場を開拓たりしています。このような状況がまだまだ続いていきそうなので、昨年、オーストラリアで馬主登録を行い、現地の日本人調教師が募集した牝馬の共有馬主になりました。
コロナ禍の中、厳しい環境が続きますが、どうぞご自愛ください。
なべお
2020年10月25日 17:27
おぉ!ぶーすかさん、お久しぶりです!
お元気ですか?
コロナの影響でなかなか思うように競馬を
楽しめない状況ですが、とにもかくにも
開催は継続されていますので、TV観戦で
しのいでいます。

この1歳馬戦線のお話に限らず、やはり昭和
の時代の常識は通用しないんだなぁ~・・・
と痛感することが良くあります。
結果を出すためには手段を厭わない、的な
風潮が、ボクには馴染めないんですよね~

それにしても、ターフやローレルでも価格は
高騰しているんですか。じゃ、ノーザン系が
お高くなるのは当然ですね・・・。
そもそもかつてキャロットクラブの理念って、
「おこずかいで馬が持てる」だったと思うの
ですが、そのセンテンス、いつの間にかどこ
にも書いてないんですよね・・・。


ところでぶーすかさん、豪州で馬主さんに
なられたんですか?!いや~グローバル!
さすがに見ている世界が違いますねぇ~
夢があるお話をうかがえて、ちょっと感激
しました。
愛馬のご活躍、期待しています!