今年の愛馬が決まりました!

ボクも含めてキャロットクラブ会員のみなさんは、
09/18を悲喜こもごもに迎えたことでしょう。


今年の1歳馬1次募集最終結果発表があり、
大激戦の結論がクラブ側から示されました。

様々な思いを巡らせて投票したボク自身も、
厳しくサバイバルな抽選に身を投じたんですけどね。

で、何とか1頭、確保することに成功しましたので、
その貴重な今年の愛馬をご紹介しましょう。














01_200920photo.jpg
02_200920ped.jpg
これらの画像はキャロットクラブの許可を受けて転載しています。



<2020/8/27現在のサイズ>
馬体重 : 444kg
体高  : 151.0cm
胸囲  : 174.0cm
管囲  : 20.0cm 


<育成牧場>
ノーザンファーム空港


<本馬のポジティブポイント>
DVD・動画での動きがバツグン!
やわらかくて大きな歩様
クッションが効いたしなやかな身のこなし
筋肉質で力強い馬体
容積の大きなオシリ
正真正銘のOur Blood(父も母もクラブOB・OG)
父の成功配合パターンに近い
牡馬で50,000円はお手頃価格


<本馬のネガティブポイント>
近親成績含めて母系の血統面で推せる点が皆無。
母クレオールの繁殖としての実力が不透明。
預託は武藤厩舎・・・



と言うことで、今年の唯一の愛馬はクレオールの19。

最優先枠を注ぎ込んで投票したので、
結果的には無抽選での獲得と相成りました。

母馬優先一般枠では厳しい抽選となり、
落選した会員さんも多くいらしたようですね。

「母馬優先」って最強なイメージだったのですが、
一般枠だと抽選で敗れることもあるんですねぇ。

異常とも言いたくなる昨今のサバイバルな募集戦線を、
改めて思い知らされたような気がしました。



さて、これまでにもお話してきました通り、
実馬に会えない中で候補を決めざるを得ない今年の戦線。

だいぶ苦労して絞り込んでいったわけですが、実は、
クレオールの19は事前検討においては完全ノーマーク。

何しろ、母系の近親成績がパッとしませんし、
母クレオール自身にとっても初仔ですから実績もない。

データ的には訴求点が全くなかったので、
候補リスト上に浮上してくることもなかったわけです。



ところが動画での動きを見てビックリ!

やわらかくて大きな歩様はクッションが効いていて、
しなやかな身のこなしで元気に歩く姿が目立っていました。

ホットなエピファネイア産駒の牡馬で募集価格50,000円と、
激安馬を愛するボクにとってはこの上ない条件です。


ちなみに、ボクの個人的なイメージなんですけど・・・

好成績のエピファネイア産駒って、
現役時代にマイル以下で走った牝馬との配合が多い気が。

クレオールはデビュー時こそ長めの距離を走りましたが、
ダート路線に転じてからはマイル前後が主戦場。

なので、一応、成功配合パターンにも合致しとるゾ!



で、即、有力候補にピックアップしたんですけど、
投票を決断するまでボクを迷わせ続けた要素が預託厩舎。

武藤厩舎は毎年10勝以上を挙げる安定勢力の1つですが、
2012年以来重賞勝ちはなく、特別戦勝利も年数戦ほどです。

ブレイクはできていないナ、と言うのが正直な印象で、
期待の愛馬をお任せするには若干の不安が・・・。

もっとも母クレオールが武藤厩舎所属でしたから、
自然な流れで初仔が預託されることになったのでしょう。


ただ、この2年ほどは流れが変わってきた感があり、
勝てないながらも表舞台を賑わせる馬が出ているんです。

ナイママ、アトミックフォースでクラシックに参戦、
今年もストリートピアノが先日の紫苑Sに挑戦しています。

この厩舎の上昇ムードに我が愛馬も乗れればナ~



それと、ちょっとヤらしい思惑もございまして・・・

例えばリーディング上位騎手が手配しづらいケースって、
必ず出てくると思うんですよね、GIの裏開催とか。

で、そんな時に実績の乏しい騎手が配されたりすると、
まぁ、やきもきしたりするわけです。

しかしながら武藤厩舎所属馬であれば、
ミヤビ騎手が手配されやすいんじゃないかな、なんて~
(ミヤビ騎手ご本人は水野厩舎所属ですが。)



ま、その辺りはさておき。

母父に流れるCaroの系統は日本競馬に合っていますし、
曽祖母のフランクアーギュメントもひと昔前の名繁殖牝馬。

勢いのあるエピファネイアの血でご先祖の底力を覚醒させ、
見どころのある競走馬になってほしいですね。

ところで、歩様がキレイで激安で黒い馬と言うと、
元愛馬レイズアスピリットに重なる部分が多いんです。

準OPまで出世してくれたレイズを目標に、
クレオールの19も頑張ってほしいと思っています。

まずは順調に育成段階をクリアし、
無事にデビューを迎えることが最初の関門ですね。

静かに、熱く、見守っていこうと思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント