愛馬候補選定、難航中・・・。

みなさま、残暑厳しい中、いかがお過ごしでしょうか。


今年のキャロットクラブ1歳馬募集戦線もいよいよ大詰め、
決断の時が迫りつつあります。

例年であれば見学ツアーで実馬に会い、
その時の印象で最終的な結論を出していたワタクシ。

そんな愛馬選びにおける最も重要な要素が欠けた2020年、
とにかく「決め手」がなくて苦労しています。

候補馬はまずまず絞り込めたのですが、
そこから実際に投票する馬を決められないんですよね~


クラブ側から提供された2種類の動画はあるわけですが、
やっぱり「参考資料」でしかないんだよナ~、ボクにとっては。

その馬が好きかどうか?は実馬が放つ無形の何かで決まる、
と言うことなんですけどねぇ、個人的にはですけど。

まぁ、何と言いますか、例えば最高級料理の動画を見ても、
その料理の香りは伝わらないでしょ?

そんな感じですかね。(ちょっと違うか・・・)





ところで、見学ツアーがなかった都合上、本来、
各募集馬についてこのブログ上でお話することもないわけです。

なんですけど、備忘的な意味合いを含めて、
現時点でリストアップした候補馬を挙げておくことにしました。

自分が「新しい生活様式」にいかに対応しようとしたか?
をここに残し、来年の募集戦線の参考にすることが目的です。

なお例年通り、ボクは相馬眼なるモノを持ち合わせていませんし、
評価の基準も走るかどうかではなく、その馬が好きかどうか。

コメントは素人の戯言ですので、その点をご承知おきください。

では、今年のボクの愛馬候補たちを、
募集番号の若い順にご紹介していきましょう。


No.02 ヒルダズパッションの19

【ポジティブ要素】
・前肢の動きが大きくダイナミックで、後肢の踏み込みも深い。
・キビキビした歩様が非常に好感。
・母の繁殖成績は抜群。
・「世界のフジサワ」が手掛ける最終世代に。

【ネガティブ要素】
・37.5万円・・・。
・藤澤厩舎解散後の動向が心配。

【ひとくちメモ】
募集価格的に門前払いなんですけど、馬のデキは良い印象。





No.09 ティロレスカの19

【ポジティブ要素】
・大きく力強い歩様でノシノシ歩く姿は雰囲気あり。
・ドゥラメンテ×短距離志向牝馬は成功パターン。
・亜国出身繁殖牝馬はキャロットクラブと好相性。

【ネガティブ要素】
・価格がちょっと高い・・・。
・預託厩舎とキャロットクラブ馬の相性が悪い。

【ひとくちメモ】
ギリギリ予算内なので、可能性はゼロじゃないんですが、
なにせ預託厩舎がねぇ・・・。配合とか馬の形は好みです。





No.11 ピュアブリーゼの19

【ポジティブ要素】
・歩様に活気があり、後肢の踏み込みが深い。
・背が高く背中のラインがキレイ。
・雰囲気で言えば、過去の母産駒でもトップクラス。

【ネガティブ要素】
・配合的にスピード不足のような気がする。
・母の繁殖成績は今一つ。
・そろそろ預託厩舎を変えても良いのでは・・・。

【ひとくちメモ】
歩様や馬体のラインは好みなんですけど、
配合的にちょっとスピード不足かな、と言うイメージ。





No.12 シェルズレイの19

【ポジティブ要素】
・前肢の動きがしなやかで大きく、後肢の踏み込みダイナミック。
・丸みがあって力強い馬体。
・母の繁殖成績抜群。

【ネガティブ要素】
・母の出産時16歳はだいぶ高齢。
・預託厩舎とキャロットクラブ馬との相性がかなり悪い。

【ひとくちメモ】
有力候補としたい1頭なんですけど、これまた厩舎がねぇ・・・。
あと、母が高齢の域に入ってきたことも気になる点。





No.14 ディアデラマドレの19

【ポジティブ要素】
・前肢の動きしなやかで力強く、後肢もドンドン前に出てくる。
・モーリス産駒らしく筋肉モリモリで迫力ある馬体。
・母は初仔が勝ち上がり、祖母は名馬かつ名繁殖牝馬。

【ネガティブ要素】
・筋肉量が豊富過ぎてちょっと重い気もする。
・右前脚の旋回がやや目立つ。
・10万円超なので自分の選定条件から外れている・・・。

【ひとくちメモ】
もうちょっとだけ安ければぜひ!と言う1頭。
筋肉モリモリながら重さを感じさせないところがイイ!

ま、投票したとしても抽選で勝ち目はありませんが。





No.18 クレオールの19

【ポジティブ要素】
・前後肢とも動きが大きく元気な歩様。
・オシリの容積十分で力強い馬体。
・お値打ち価格。

【ネガティブ要素】
・母は初仔、近親には勝ち上がり産駒が皆無。
・預託厩舎がかなり微妙。騎手の起用もちょっと不安。

【ひとくちメモ】
昨年のツアー時に、当歳馬展示でお会いした1頭。

動画での動きの良さが目立ち、かなり有力な候補とするも、
正直なところ、預託厩舎がかなり微妙な感じ。





No.20 ブルーメンブラットの19

【ポジティブ要素】
・前肢がしなやかで良く動き、歩様に活気がある。
・馬体は全体的に好バランス。
・母は堅実な繁殖成績。
・関東所属かつ手の届く価格。

【ネガティブ要素】
・母は出産時16歳と高齢の域に。
・5月生まれの牝馬と言う点は割引材料。
・「関東所属でお手頃価格」の意味を考えると微妙。

【ひとくちメモ】
ブルーメンブラットの仔が、関東で、この価格で、
と考えると投票したい1頭。

馬体のラインや歩様も十分に合格点なんですけど、
母16歳で5月産まれで牝馬と言う点は非常に悩ましい・・・。





No.24 ヴェルジョワーズの19

【ポジティブ要素】
・前肢をゆったり大きくしなやかに動かす歩様が好感。
・近親からサトノガーネットが出ている。

【ネガティブ要素】
・もうちょっと後肢の動きに力強さがほしい。
・案外、6.5万円は高めの設定。
・母父ネオユニはあまり成功のイメージがない。

【ひとくちメモ】
データ的には推すポイント皆無な1頭なんですけど、
前肢をゆったりとしなやかに大きく動かす歩様に注目。

1.5次まで残っていてくれたら・・・と思ってます。





No.26 アウェイクの19

【ポジティブ要素】
・前肢の動きが非常にしなやかで大きい。
・ゆったりとした歩様は好感。
・オシリにボリューム感があり、背中のラインがキレイ。

【ネガティブ要素】
・母の初仔で繁殖としての実力が不透明。
・預託厩舎の実力が不透明。
・配合的にややスピード不足の懸念がある。

【ひとくちメモ】
前肢のしなやかで大きな動きが魅力的に見えた1頭。

中長距離に適性がありそうな配合で、
牡馬だったらナ~と思いつつも有力候補の一角です。





No.33 ティンバレスの19

【ポジティブ要素】
・歩様が大きく活気ある。
・大型馬ながら重さを感じない。
・柔軟性を感じる丸みのある馬体。

【ネガティブ要素】
・父の種牡馬としての実力未知数。
・母は初仔、祖母は名繁殖だが母の姉はイマイチの実績。

【ひとくちメモ】
動画を見るまではこれっぽっちも考えていなかった1頭。

元気で大きな歩様は素軽さがあって大変魅力的、
価格面でもメリットがありますし、有力候補に急浮上!





No.39 ロザリンドの19

【ポジティブ要素】
・後肢の踏み込みが深くて力強く、前肢の動きもしなやか。
・母はすでに重賞勝ち産駒輩出するなど繁殖成績上々。
・オシリの容積十分かつシャープさを感じる馬体。

【ネガティブ要素】
・スクリーンヒーロー産駒牝馬は全然結果が出ていない。
・今年はシーザリオ産駒がいないため、この馬に人気集中かも。
・預託厩舎の実力やバックグラウンドが読めない。

【ひとくちメモ】
血統背景はもちろん、シャープな馬体やしなやかな歩様など、
投票したいと思わせる1頭。

ただスクリーンヒーロー牝馬の競争成績が芳しくないこと、
抽選必至の状況でまず勝ち目がないことから、見送る方向です。





No.40 ピンクアリエスの19

【ポジティブ要素】
・DVDから最新動画でかなり成長/良化が感じられる。
・硬く見えた前肢の動きがほぐれ、後肢も力強くなった。
・母は牝馬産駒の成績上々。母系も息長く勝ち上がり産駒輩出。
・「NF+菊沢厩舎」はいかにも活躍しそう。

【ネガティブ要素】
・4月末産まれの牝馬と言う点は割引材料。
・想定通りに成長してくれなかった場合、1勝すら厳しそう。

【ひとくちメモ】
成長とともに化けそうなイメージがある1頭。

数年前で言うと、2次募集で人気が出そうな感じで、
もうしばらく馬の変化を見たいんですよね~

まぁ、今のクラブの状況からは無理な相談ですが。





No.44 ロスヴァイセの19

【ポジティブ要素】
・自信満々に堂々と歩く姿は雰囲気あり。
・大型馬で馬体維持には苦労しなさそう。
・しっかりした腹袋で迫力ある馬体。
・父は種牡馬としてまずまず好調な滑り出し。
・母系は名門ソニンク系。

【ネガティブ要素】
・動きがちょっと重く見える。
・母の繁殖としての実力不透明。

【ひとくちメモ】
実はこの馬に投票しようと当初は考えていたんですけど、
動画を見て思いとどまったんですよね~

動画を見る限り、パワーと迫力で押すイメージですが、
ボクはキレで勝負する馬を想像していまして・・・。

馬そのものは良いデキだと思うんですけど、
イメージしていたタイプとは違うんだよなぁ~。





と言うことで、この中から投票しようと思っています。

ただし余程の天変地異が無い限り、10万円超は見送り、
抽選惨敗が明らかな馬も見送る方向です。

一応、今日の中間発表は見る予定ですが、
最終的にはコレだと思えた1頭に投票するつもりです。

さて、結果はいかに。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

かつお
2020年09月09日 12:55
なべおさん、ご無沙汰しております。
コロナの中なので中々、会えず。。
また、わたしも2年前からの地域の役の関係でなかなかツアーにも
いけない中、今年は中止。。
来年以降もどうなるかわかりませんが。。。
愛馬候補選定がかなり難航されているんですね。私も。。。かなり悩みました。最優先はなべおさんも選択されていました9にしました。
結果、どうなるかわかりませんがなべおさんも当選されることと願っています。来年はお会いしたいなー。。。
玉藻十
2020年09月10日 06:49
なべおさんお久しぶりです。
今年はツアーがなくて、私は最終的には字面と最新動画で決めたのですが・・見ればみるほどピアノのBGMが眠気を誘い寝落ちして動画を最後まで見ることができません(笑)
なべおさんのブログを最初に拝見したのは、ピュアブリーゼが募集された時のツアーの記事。
ヒンヒン泣いてばかりいた当時のブリーゼの記事がメチャメチャ気になって、それでも最終的に断念したことをずっと後悔していました。
それもあって今回はブリーゼの仔に最優先を行使です。
あとヴェルジョワーズも一般で申し込みましたが、この馬の四代母の孫は、アメリカ年度代表馬を2年連続で獲ったワイズダンという馬らしいです。
なにげに超良血。
なべおさんの愛馬最有力候補と予想しましたが、どうでしょう。
今年のなべおさんの愛馬が楽しみです。
なべお
2020年09月11日 00:05
お二人とも、ご無沙汰しています。
コメントありがとうございます。
大変恐縮なのですが、ちょっと今、お仕事が
ちょっとしたことになっておりまして、全然
余裕がない感じです。
週末にはちゃんとお返事できると思うので、
少々お待ちください。
なべお
2020年09月12日 22:52
かつおさん、改めてご無沙汰しております。
かつおさんはティロレスカの19に投票なさった
んですね。あの馬の配合にはけっこう注目して
いましたし、何なら投票しちゃおうかな、と
迷った1頭でした。まぁ、でも、最終的には
どうしても預託厩舎で折り合いがつかずに、
断念と言うことにしました。馬そのものは
良かったんですけどねぇ・・・。

ティロレスカの19は母馬優先がありませんし、
最優先なら確保できるのではないでしょうか。
吉報が来れば良いですね。
なべお
2020年09月12日 23:11
玉藻十さん、改めてご無沙汰しております。

ピュアブリーゼねぇ・・・。
ボクも思い出しますよ、募集時のことを。
当時はまだ紙の申込書をクラブに郵送する
スタイルだったのですが、もうボールペン
を持って「ピューリティーの08」と記入
する直前で、急に気性面の心配が湧いて
きて、結局出資をやめちゃったんですよ。

そんなピュアブリーゼの仔に玉藻十さんは
投票なさったんですね。馬の印象は良いな
と思えましたし、楽しみな1頭ですよね。
個人的には、もう●賀厩舎じゃない方が
良いように思うんですけどね・・・。

ヴェルジョワーズの19は良い印象でしたね。
しなやかでゆったりした歩様がイイ感じ。
ただ、個人的には1.5次とか2次要員と言う
イメージで、1次で最優先を使うタイプでは
なかったんですよね~。
玉藻十さんは一般で投票したと言うことは、
厳しい抽選の波に飛び込んだわけですね。
何とかくぐりぬけられれば良いですね。

<追伸>
ボクも動画を見ている途中で、何度も何度も
気絶しましたよ。アレ見ているとなんで眠く
なるんでしょうね?不思議だ・・・。