2020年 なべお的愛馬候補選定方針

募集予定馬リストの公開から約1ヶ月が過ぎ、
今週中にはお待ちかねの確定リストが公開される見込み。

キャロットクラブの1歳馬募集戦線は、
いよいよ本格的なシーズンを迎えることになります。

そこで例年通り、ボクの愛馬選定方針を改めて確認し、
脳内が整理された状態にしておこうと思います。

ま、昨年とは大きな変更点は無く、
概ねいつも通りの方針で臨むつもりです。





< 2020年 なべお的愛馬候補選定方針(以下順不同) >

 【必須条件】
~余程のことがない限り厳守する条件~
   ①「好きな馬」が最重要で、実馬の雰囲気重視。
   ②良血でなくても見どころのある血統。
   ③美浦所属の馬。
   ④募集価格が10万円以下の馬。


 【推奨条件】
~原則的には遵守したい条件~
   ⑤募集馬の母馬の年齢は出産時12歳以下。


 【希望条件】
~「できればこんな馬がイイナ」と言うレベルで、
  最終候補を絞り込む段階で決め手になってくる条件~
   ⑥継続的に20勝以上を挙げている厩舎所属。
   ⑦現役時代に馴染みがある父馬や母馬の産駒。
   ⑧芝のマイル以上に適性がありそうな馬。
   ⑨近親が堅実に勝ち上がっていることを重視。
   ⑩毛色は黒系か栗毛でキレイな流星がある馬。


と言うことで、字面的には2019年と全く同じです。

ただしいくつか補足事項がありまして、
案外、そこが今年のポイントになるのかも・・・。


<①の補足事項>
この条件が今年は最も悩ましいことになるでしょう。
なにしろ、実馬に会えないわけですからね。

まだ公式には発表されていませんが、ツアーに代わる、
何らかのサービスがクラブから提供される見込み。

おそらくシルク・ホースクラブHPで公開されている、
「おうちツアー」と同様な動画配信かと。

ただ、やっぱり実馬に会って伝わってくる雰囲気は、
動画では得られないモノなんですよねぇ・・・

まぁ、与えられた環境で選定するしかないですし、
とにかくじっくりと動画を見るつもり。

しかし例年よりもこの項の重要度は下げる予定で、
相対的に⑥~⑩の存在感を上げようと思っています。





<⑥の補足事項>
愛馬の預託厩舎は、納得の競争生活を送れるかどうか?
を左右する1つの大きなファクターだと思います。

それなりに実績のある厩舎が好ましいとは思うのですが、
「期待できる若手厩舎」も良いかな、と感じる今日この頃。

例え結果が出ないにしても、
1頭にかける熱量が感じられたり、工夫が見られたり。

そう言ったところはむしろ、開業して間もない厩舎の方が、
より前面に出てくると思うんです。

クラブ側も期待している若手厩舎をピックアップして、
募集馬を配する傾向が見られますよね。

今年はそんな掘り出しモノの厩舎に預託される馬を、
狙ってみてもイイかな、とちょっと思っています。





<⑦の補足事項>
どの種牡馬の産駒を愛馬候補にするか?と言う点も、
大きなテーマの1つでしょう。

ハーツクライ、ロードカナロア、ルーラーシップ辺りが、
産駒を愛馬にしたことがない主要な種牡馬。

近年デビュー種牡馬ではドゥラメンテ、エピファネイア、
モーリス、キズナと言った辺りもまだ手を出していません。


ハーツは脚元のリスクが気になりますし、
ロードカナロアはたぶん募集価格的に無理・・・。

ドゥラメンテも価格的に折り合わなそうですし、
モーリスは勝ち上がりに苦労しそうなイメージあり。

ルーラーシップとキズナは、何となくなんですけど、
馬の形が好みじゃないんだよな~


で、注目したいのがエピファネイアとリオンディーズ。

種牡馬入り当時・・・
 「エピファネイアなんて成功しないはず!」

と思っていたワタクシ。
ですが、ここまでは好発進を見せていますよね。

比較的、牝馬の活躍馬が多い印象で、
これはスピード能力が優秀であることを示しています。

初期のディープ産駒にも似た傾向がありましたし、
エピファネイア、あるいは大ブレイクしちゃうかも~

母系が短距離志向の産駒に走るイメージを持っているので、
合致する募集馬がいれば、まずはチェックしたいところ。



一方のリオンディーズ。

エピファネイア同様、シーザリオを母に持つ種牡馬ですが、
初年度産駒はけっこう健闘していると思います。

出走頭数に占める勝ち馬頭数の割合で言えば、
エピファネイアとほぼ同じ、むしろ若干勝っています。

スピード能力はリオンディーズの方がありそうで、
実際、産駒の平均勝利距離は1,600m弱。

朝日杯勝ち馬であることから2歳戦に強そうですし、
早期の勝ち上がりを期待できるのでは?

非社台系なので人気の盲点になる可能性もあり、
実馬のデキが良いようなら積極的に検討するつもりです。







と言うことで、いろいろとお話してきましたが、
最終的にどのような結論になるでしょうか。

事前の検討通りにならない年の方が多いので、
意外な1頭に決まるかもしれません。

なお昨年は2頭を獲得しましたので、
今年の出資は1頭のみとする予定。

牡馬・牝馬は問わず、
気に入った1頭に投票しようと思います。

さぁ、確定リスト、カモ~ン!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント