2019年 なべおの相馬眼を斬る!<その4>

引き続き2017年募集(=2016年産)の重賞勝ち馬の答え合わせです。



【 サートゥルナーリア:シーザリオの16 】

この血統も牡馬に出れば自動的に活躍してきますからねぇ。

募集時におけるボクの見立てなんかは全然関係ないんですけど、
ま、一応、振り返ってみましょうか。


~ 1歳募集馬見学ツアー時のなべおコメント ~
筋肉量豊富で力強さが際立つ馬体。
いかにもスピード能力がありそう。


ポジティブなコメントを並べてはいたのですが、
「マイル前後が主戦場」だと思っていたんですよね。

さすがに神戸新聞杯をブッチ斬りで勝ったり、
有馬記念で好走するとは想定外だった、と言う感じです。

なのでなべお's EYE正解率は少々キビしめに70%くらいかと。





【 パッシングスルー:マイティースルーの16 】

マイティースルーの仔は常に東の所属かつ手頃な価格なので、
毎年のように愛馬候補の一次選考は通過しています。

この年はどうだったかと言いますと・・・


~ 1歳募集馬見学ツアー時のなべおコメント ~
かなり良く見えた。
柔らかそうな筋肉に覆われている。
幅のある馬体はパワーを感じさせる。
周回展示でも前肢が良く動いていた。
愛馬候補に入れようかナ・・・。


けっこう良い評価にしていたんですよ~

事前検討ではそれほど重視していなかったんですけど、
実馬のデキはイイな~と感じたんですよね。

ただ、この年は絶対に牡馬に投票すると決めていたので、
後ろ髪引かれる部分はありながらも手は挙げませんでした。

そんな馬が牝馬クラシック路線に乗って紫苑Sを制するとは、
つくづく「ボクって引きが弱いなぁ」と痛感・・・。

忸怩たる思いを交えつつ、
なべお's EYE正解率としては85%くらいで・・・。





【 フィリアプーラ:プリンセスカメリアの16 】

「またもやプリンセスカメリアの仔にやられた・・・」
と言う感じなんですよね、実は。

プリンセスカメリアの代表産駒と言えば、
キャロットクラブ馬で朝日杯を勝ったアルフレード。

このアルフレードの募集時、事前検討で全くノーマークながら、
ツアーで実馬を見て高評価していたんです、ワタクシ。

当時はそれほど人気にもなっていませんでしたし、
手を挙げれば簡単に愛馬にできたはず。

ですが結局、この馬に投票することはなく、
後のGⅠ馬をみすみす逃すと言う結果になったわけです。


で、フィリアプーラことプリンセスカメリアの16ですが、
ブログの記事にすらしておりませぬ・・・。

なので周回展示での自己採点を見返してみますと、
5点満点の3点と、なかなか微妙な評価。

良くも悪くもない、と感じていたようですが、
2歳1月に重賞を勝つ馬には見えなかったと言うことですね。

割と小柄だったことをネガティブに感じたんだと思いますが、
それは「仕上がり早」と捉えるべきだったんだろうなぁ。

と言うことで、なべお's EYE正解率は-80%で・・・。





= その5に続く =

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント