なべおの歳時記

アクセスカウンタ

zoom RSS 2017年キャロットクラブ募集馬見学ツアー 【 ノーザンファーム Y9&Y10編 】

<<   作成日時 : 2017/09/09 14:54   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今年のツアーも募集馬の見学はこのステージで最後。

ここも牝馬の豪華メンバーが勢揃いしており、
見学する方としてはとてもタフなステージでしたよ。





【 ノーザンファーム Y9&Y10 】

= 牝馬 14頭 =
02.リッチダンサーの16
04.クルソラの16
07.アディクティドの16
24.フラゴリーネの16
28.フォルテピアノの16
33.フェルミオンの16
35.ホールロッタラヴの16
37.カラベルラティーナの16
39.ライツェントの16
43.チェリーコレクトの16
44.ココシュニックの16
46.ハープスターの16
51.ヴィートマルシェの16
62.ディアマイベイビーの16







まずはこの馬から。
リッチダンサーの16です。
画像

画像

どんな種牡馬を付けても良駒続出のリッチダンサーに、
満を持してディープインパクトを配合。

どんな馬なのかと楽しみにしていましたが、
まぁ、さすがだなぁ〜と言う感じでした。

ゆったりと伸びやかな背中のラインに、
大きくてスムーズな歩様はとてもしなやかな印象。

ピカピカに黒光りする馬体からは、
走りそうな雰囲気がプンプン漂っていました。

気性的にもかなり落ち着いているとのことで、
どんな状況に置かれても全く動じることがないそうです。

牝馬ながら\150,000と高額な募集価格ですが、
あるいは「安かった」と思えるような競走馬になるかも・・・。







こちらも人気の1頭、アディクティドの16
画像

画像

馬体がやわらかそうな筋肉に覆われており、
背中のラインもキレイに見えました。

前肢の動きがとてもスムーズで、
身のこなしもしなやかさが感じられましたよ。

広いコースで伸び伸びと走らせてみたいですね。







この馬はなかなか良く見えたんですよ〜
カラベルラティーナの16です。
画像

画像

オシリが大きくて力強い馬体はひと際目立ち、
迫力のある大きな歩様も参加者の目を引いていました。

ダートのマイル以上で活躍しそうなイメージなのですが、
そうなるとやはり牝馬でどこまでやれるかと言う点が気がかり。

でも、もし牡馬と互角に戦えるまでに成長してくれれば、
あるいはヴァーミリアンの代表産駒になるかもしれませんね。







こちらはヴィートマルシェの16
画像

ヴィートマルシェも毎年異なる種牡馬を付けられていますが、
キチンと勝ち上がる産駒を出し続けています。

今年はオルフェーヴルとの配合で、
筋肉質ながらバランスの良い仔を出してきました。

ゆったりとした大きな歩様にも好感が持てましたし、
やはり走ってきそうですね。







さて、この馬をどう評価すべきなのか・・・。
ハープスターの16です。
画像

画像

第一印象は「アラ、なかなかの美少女だナ〜」と言うもので、
馬体や動きについては特に目立たなかったんですよね。

強いて言えば、歩様が軽く見えたくらいかナ。

初仔だと言うこともあってかなり小柄ですし、
他馬のデキが良いだけにメリハリもイマイチに見えました。

担当スタッフさんも「成長はゆっくりのようだ」との見解で、
長い目で見ていく必要があるのかもしれません。


ま、何度も言いますが、
ボクは募集時のハープスターをひと目で切り捨てた男。

その娘を見る目がフシ穴であったとしても、
全く不思議はございません!







この馬も良い印象だったんですよね〜
ライツェントの16です。
画像

大きなオシリと力強い馬体を誇り、
芝でもダートでもこなしてくれそうな印象。

タフに堅実に走ってくれる、
馬主孝行な競走馬になるのではないでしょうか。







最後は「今年最大の隠し玉」をご紹介しましょう。
それはフラゴリーネの16です。
画像

画像

画像

首をうまく使って歩く馬で、
前肢の可動域が広い歩様はとても活気がありました。

脚のさばきがキレイな点もプラス材料でしょう。

やや小柄な馬体ではありますが、
胸前の容積もあって背中のラインがキレイ。

他馬に対しては気の強いところを見せるそうで、
体の大きな相手にも臆せず戦いを挑むそう。


また、血統的にも面白みがあるんですよ〜

瞬発力がウリのディープ産駒の母に、
父エイシンフラッシュは究極のキレ味を発揮した馬。

キレにキレを重ねたこの配合はとても魅力的で、
レースに行ってどんな脚を見せてくれるか楽しみです。

これで募集価格\35,000は安過ぎるぅぅぅ〜

事前検討では全く眼中になかった馬でしたが、
実馬を見て評価は一変、愛馬最終候補に抜擢しました!










と言うことで募集馬の見学はこれにて終了。

多くの魅力ある馬たちと会うことができ、
とにかく素晴らしい時間を過ごすことができました。

改めて関係者のみなさまに御礼申し上げますとともに、
ちょっと気が早いのですが、来年も参加したいと思います!



そして残されたのは「どの馬に投票するか?」と言う、
最も悩ましく最も楽しい大仕事。

みなさん、各々のスタイルで、
愛馬の選定作業を行っていることでしょう。

ボク自身はすでに投票済みですが、
結果も含めて別途ご報告することにしましょう。

いや〜、09/15が待ち遠しい〜

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2017年キャロットクラブ募集馬見学ツアー 【 ノーザンファーム Y9&Y10編 】 なべおの歳時記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる