なべおの歳時記

アクセスカウンタ

zoom RSS キュイキュイ出走 福島 3歳以上500万下 観戦記

<<   作成日時 : 2017/07/17 14:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

昨日07/16福島8Rの芝1,200m戦に出走したキュイキュイは、
勝ち馬から0.5秒遅れの8着と言う結果。

着順だけを取り上げれば良いところはなかったわけですが、
初のスプリント戦かつ初の古馬との対戦でしたからね。

臨戦過程が万全でなかったことも加えて考えれば、
「ナカナカやるじゃないの〜」とボク自身は評価しています。



当日は福島競馬場で応援してきましたので、
その模様を写真で簡単にご紹介したいと思います。










赤いボディの東北新幹線に乗ったのは初めてだと思います。
画像
え〜と、先ほど調べてみたところ、E6系と呼ばれる車両だそうです。



さっそく\1,000の単勝馬券を購入。
画像




この日のランチは「なみえ焼きそば」にしました。
画像
初めて食べたのですが、太い麺でなかなか食べごたえがありましたよ。







キュイキュイは+2Kgの452Kg。
画像
プラス体重での出走はポジティブ要素と解釈して良いでしょう。



デビュー戦以来となる福島競馬場のパドックを歩き始めました!
画像

画像

画像


まず、落ち着いて周回できたことが良かったように思います。
1度も「お戯れ」はなく、集中を保って歩けていました。

陣営からはトモの状態がイマイチだと言われていましたが、
意外にも後肢はしっかりと踏み込めていましたね。

馬体面でネガティブに感じる点はほぼありませんでしたし、
この馬なりに走れる状態に仕上がっていたと思います。

ボク自身、気配はだいぶ良く感じましたので、
グリチャのパドック診断で1番手評価だったのも納得です。





このレースにはナナコ騎手も出ていて、
しかもけっこうな上位人気馬に乗っていたんですよね。
画像
でも申し訳ありませんが、我が愛馬より先にゴールしちゃダメ!



手塚先生のファイナルチェックを済ませ、
フェアリーS以来となるコンビの津村騎手を背に最終周回へ。
画像

画像








人馬がコース上に出てきました。
画像

画像
そのままスタート地点方向へ流していきましたね。
馬の方は引き続き落ち着いて良い雰囲気でした。





さぁ、福島8Rの芝1,200m戦がスタート!
画像
キュイキュイと津村騎手はまずまずの発馬を決め、
馬ナリで徐々に後方へ下げていきます。



馬群の一番最後に控えたと言うことは、
直線で脚を使う作戦のようです。
画像




レースはヒマラヤキンランが先頭を引っ張り、
上位人気馬はその後ろで機をうかがうと言った展開。
画像




馬群が固まりつつ最終コーナーを出てきます!
画像




津村騎手は馬を大外に誘導して追い出し始める!
画像

画像

画像

画像

画像

画像
残り200mを切った辺りからだったでしょうか、
鞍上のムチに応えて良い脚を使っていましたね。



しかし先行勢に取り付いたところがゴール、と言った感じで、
優勝争いにからむことはできませんでした・・・。
画像







レース直後、馬の方はそれほど堪えた様子はなさそう。
初のスプリント戦でしたが無事に走り切ることができたようです。
画像
ちなみに。
腹帯が宙を舞っているのがおわかりでしょうか???
(津村騎手の頭上に注目!)



とにもかくにも、お疲れさまでした〜
画像




と言うことで結果です。
画像
タケショウベストが人気に応えて1着。
人気薄のフェルクレールが追い込んで2着に入りました。










初のスプリント戦で初の古馬との対戦と言うことで、
勝ち馬から0.5秒差の8着はまずまずの結果でしょう。

上がり3Fの34.4秒はメンバー中2位の時計ですし、
この馬の持ち味もある程度は出せたように思います。

トモの状態に不安を抱えていたことも考えれば、
むしろ「上々だった」と言っても良いのかもしれません。


路線変更となる今回のこの挑戦、
ひとまずは正解だったのではないかと感じました。



ただし序盤のスピードや最後の脚の使い方を見ると、
やはり1,200mではちょっと短いかナ、と言うのがボクの見解。

なので新潟や東京の1,400mが合うように感じたのですが、
いかがでしょうか。



それとは別に、津村騎手の騎乗については、
ちょっと残念だったような気はしています。

福島のスプリント戦ですから、
前目にポジションを確保できてナンボのはず。

いくら「最後に良い脚を使える」と言っても、
4角最後方で大外を通っていては勝ち目ナシでしょう。

それなら長く良い脚が使える馬なわけですから、
3コーナー過ぎからマクって行っても良かったのでは・・・。



まぁ、陣営からの指示などもあるでしょうし、
素人が一概にコメントすべきではないんでしょうけどね。

ただ、もうちょっとだけ騎乗に工夫が見られれば、
次も乗ってほしいと思えるんだけどなぁ・・・。

津村騎手は過去の愛馬にも何度か騎乗いただいてますが、
良い思い出が一切なく、なんか相性が悪い感じです・・・。



ま、それはさておき。
キュイキュイにとっては次走が大事になりますね。

ある程度は前進を見せてほしいところですが、
そのためにはトモの状態を万全にすることが必須条件です。

ぜひ良いコンディションで次走を迎えてほしいと思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
キュイキュイ出走 福島 3歳以上500万下 観戦記 なべおの歳時記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる