なべおの歳時記

アクセスカウンタ

zoom RSS ルヴォワール、デビュー戦を快勝!

<<   作成日時 : 2017/01/21 16:48   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

先日、キュイキュイが走ったフェアリーSの様子をお伝えしましたが、
同日の中山6Rにルヴォワールと言う馬が出走していました。

芝2,000mの新馬戦だったのですが、
ルヴォワールは余裕たっぷりのレース運びを見せて快勝。

ちょっと気が早いですがオークスを意識したくなるような、
そんな力強い勝ちっぷりでした。



このルヴォワール、ボクの愛馬ではありませんが、
ただ、脳内の片隅に引っかかっていた1頭だったんです。

なぜこの馬がボクの脳内にひっかかっていたのか?


それは2015年の1歳馬募集シーズンにさかのぼります。

現在のルヴォワールこと「リュヌドールの14」は、
プロフィール的になかなか魅力ある1頭。

募集価格的にも手が届く範囲でしたので、
出資有力馬として考えていた時期もありました。

しかしながらこの馬には、
出資を躊躇させる大きな特徴があったんですよね。

それは「前脚のクセ」です。

左前脚をかなり外側に振り出して歩くクセがあり、
それはボクのようなド素人が見てもハッキリとわかるほど。

実際に募集馬見学ツアーでも実馬の歩様をジックリ見ましたが、
出資する勇気は出なかったと言うのが正直なところです。

前脚がもう少しだけストレートな動きだったらナ・・・



そんな思い出のある馬の初陣に出くわしたのは何かの縁、
と言うことで観戦してみることにしたわけです。

写真も何枚か撮影しましたので、その辺りも合わせて、
レースの模様をご報告してみたいと思います。







まずはパドックでの様子から。
画像

画像

雄大な馬体は募集時のイメージから変わりなく、
牝馬らしからぬ雰囲気でノシノシと歩いていました。

逆に気合い乗りが足りないかな?と感じるほどで、
落ち着いた周回を繰り返していましたね。

問題の前脚の動きですが、こちらも募集時と変わりなく、
外側に振り出すクセはそのままでした・・・。



手塚先生はしっかりと鞍上に指示を出していた様子。
画像

画像
ジョッキー、馬ともにカメラ目線いただきました!

ちなみにルヴォワールを曳いていたのは、
キュイキュイと同じスタッフさん。







人馬が馬場に出てきました。
画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

とにかく落ち着いていましたね。

動じるところが全くなく、
鞍上の指示にも素直に従っていました。

やはりここでも「気合い乗りが足りないかなぁ・・・」
と言うのがボクの感想でした。







さぁ、中山6Rの新馬戦がスタート!
画像

画像

画像

画像

ややゆっくりめの発馬でしたかね。

それでもあわてず騒がずと言ったところで、
先行勢の直後にポジションを確保。





画像

画像

画像
道中は折り合いバッチリで余裕の追走、
好位をキープしたまま虎視眈々と機を伺っている模様。





さぁ、最終コーナーから直線に向かいます!
石川騎手が内ラチ沿いから馬を外に誘導すると・・・
画像




うまく空いたスペースに出られましたよ!
画像

画像




すると、アッと言う間に加速して先頭に!
画像

画像

画像

画像

画像

画像

坂を上ると馬は更に力強く脚を伸ばし、
2着に1馬身1/4差をつけて見事1着でゴール!

ちなみに2着に入ったサトノルーラーは、
セレクトセール出身で1億円超落札の高額馬。










無事にレースは確定。
画像




関係者のみなさま、おめでとうございます!
画像

この写真にも写っていますが、
手塚先生、馬の脚元を何度も見て気になさってました・・・。



出資者のみなさん、おめでとうございます!!!
画像








スケールの大きさを感じると言いますか、
大物感の漂うデビュー戦になったと思います。

発馬はそれほど早くありませんでしたが、
道中は先行勢を前に見ながら余裕綽々で追走。

直線で追われるとアッと言う間に先頭に進出し、
力強い脚で先頭ゴール。

牡馬混合の芝2,000m戦でこの走りですから、
夢は広がりますよね。

目標としては「桜」よりも「樫」だろうなぁ。
石川騎手、この馬を手放さない方がイイかもよぉ〜



一方でレース中に脚元の外傷を負ったとのことで、
原因はやはり例の「前脚のクセ」だった模様。

この辺り、今後の競争生活を送る上で、
ウィークポイントにならなければ良いんですけどねぇ。

引き続きちょっと心配ですが、
能力的にはかなり期待が持てそうです。

次走の内容が大舞台への試金石になるでしょうから、
これからもルヴォワールの動向には大注目です!





ちなみに我が愛馬キュイキュイとルヴォワール、
いくつか共通点があるんです。

 ・どちらもキャロットクラブ馬である。
 ・2014年産まれの同級生である。
 ・両馬とも牝馬である。
 ・見学ツアー時は同じステージで展示。
 ・どちらも手塚厩舎管理馬である。
 ・レース時は同じスタッフさんが曳いている。

追い切りのパートナーになったりもしていますし、
まさに「幼なじみ」なんですよね。

キュイキュイにとっても心強い存在なんじゃないかな、
などと勝手に擬人化して妄想するワタクシ・・・。

とにかく両馬とも元気に競争生活を送れるよう、
応援していきたいと思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
あぁ…確かに良さげなハーツ牝馬でしたね。
ハーツ産駒は前脚がちょっと怪しい馬多いですよね。
それでも結構持つ馬が多いというイメージでしょうか。
ディープ牝馬がどんどん手の届かない存在になりつつありますが、今年のカタログを見ても、狙いはハーツだなぁ…とは思っているんですが。
それにしても、改めて手塚厩舎はさすがだなぁ
リュヌドールの14
2017/01/21 18:22
リュヌドールの14さん、はじめまして。
コメント下さりありがとうございます。

見学ツアーの時も、ハーツクライ産駒は
大なり小なりまっすぐではない、みたいな
話は出ていましたけどね。まぁ、ベガも
かなり脚が曲がっていたそうですから、
きちんとケアをすれば競走馬として十分に
やっていけるものなのかもしれません。
そう言う面も含めて、この馬が手塚厩舎に
預けられたのは正解だったのかも。
おっしゃるようにディープ産駒は最高級品
になってしまって、そう簡単に手がでない
レベルになってしまいましたよね。同様に
キンカメ産駒も高額ですし、リスク承知で
新種牡馬産駒を指名するのが良いかもしれ
ませんね。

と言うことで、ぜひまたコメント下さい〜
なべお
2017/01/22 14:20
なべおさん、こんにちは。
仕事中忙しくやっとコメントです。
遅れましたが今年もよろしくお願いします。
キュイキュイ期待したんですが残念です。
もう少し気性が抑えられれば今後更に伸
びる馬なので期待したいです。
あと、ルヴォワールの写真たくさんありが
とうございます。同じ募集の時期にこちら
もどうしても気になり1口行きました。
懸念された前脚でケガなので当分は治療に
専念ですが何とかいい走りは期待したいです。
あと昨日、ガウディウム凡走でもうこの2頭に
託すしかありませんので馬券含めて応援して
いきたいです。
今年も募集馬ツアーの日程が決まりましたね。
昨年は早いもの勝ちでだめでしたが今年もかなー。
応募の仕方を改善要求しましたが旅行会社側の
ことなので果たして。。。
あと、どうしても休み時間が12:20からなので出遅れる
んですよね(−−)自分。
なかなか仕事も休めない感じで。。。
今年はどうなるか。。ただ、今年はx権利確保が
重要任務なのでツアーどうするかですが。。
あと、今年は最優先は人気になるでしょうが
現時点ではマリアライトの弟に応募するつもりです。
ホームページの紹介でいいなーと個人的に思って
しまい。。
まあ人気でxなしの自分では厳しいかも。。
あと、価格も高そうですが。。。(−−)
x確保するにはもってこいですが。。
いつかなべおさんと酒とか食事しながら
語り合いたいです。
できたらよろしくお願いします。





かつお
2017/01/23 13:02
かつおさん、こんばんは。
今年もよろしくお願いいたします。

おぉ、かつおさん、ルヴォワールに出資
なさっていましたか!それはおめでとう
ございます!先々がかなり楽しみな1戦
になりましたから、まずは次走に期待を
したいですね〜
今年の1歳馬募集シーズンはまだまだ先の
話なので、具体的には考えていませんが、
まぁ、あれだけ昨年モメたわけですから、
見学ツアーの応募方法はスマートな方法に
なるだろうと個人的には期待しています。
今年はかつおさんもぜひ参加して下さい!
なべお
2017/01/24 22:15

コメントする help

ニックネーム
本 文
ルヴォワール、デビュー戦を快勝! なべおの歳時記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる