なべおの歳時記

アクセスカウンタ

zoom RSS キュイキュイ 2戦目 観戦記

<<   作成日時 : 2016/10/23 13:10   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

すでに先週のことにはなりますが、
キュイキュイが見事に勝ち上がりを果たしてくれました!



断然の1番人気で出走した7月福島のデビュー戦では、
最後の直線で思ったより伸びず4着敗退。

その後、疝痛を発症したためしっかりと立て直した今回、
どんな走りを見せてくれるか?少なからず不安はありました。

しかしながら安定感のあるレースぶりを披露し、
重賞馬ヤングマンパワーの半妹らしい素質を披露。

快勝と言う形で最高の結果を出してくれました。


では当日出走した10/22 東京1R 芝1,600m戦の模様を、
写真を交えてご報告していきましょう。







大外14番枠キュイキュイは+2Kgの446Kg。
もうちょっとボリュームアップして出てきてほしかったかも。
画像






さぁ、初の「生キュイキュイ」でございます!
画像

画像

画像

スッキリ仕上がっているナと言う印象で、
馬体はなかなか良いデキだったように思います。

オシリと胸前にはボリュームがありましたし、
ひ弱なところは感じられませんでした。

周回を始めてしばらくすると股アワも出ていましたし、
状態としては合格点だったでしょう。

もちろんもっとたくましさはほしいわけですが、
それは今後の成長分、と言う理解で良いと思っています。


ちなみに・・・
手塚厩舎のメンコが良く似合っていると思うのですが、
いかがでしょうか?





しかし・・・。事前の情報通りで、
メンタル的には少なからず課題がありそうです。
画像

画像

画像

パドックへ入場するとイレ込みとは言わないまでも、
かなりチャカチャカしていました。

最後の数周は少し落ち着いた様子でしたが、
心身の消耗をちょっと心配したほど。

この辺りが解消できないと、
上のクラスへ行ってから苦労しそうですね・・・。





戸崎騎手が京都で秋華賞に騎乗するため、
今回の鞍上は柴山騎手。
画像

画像

画像
頼むぞ、シバヤマ!!!










人馬が芝コースに出てきました。
画像

画像

画像

画像

画像

画像
場内の雰囲気に慣らすかのように、
しばらく並足で歩かせてからキャンター開始。

この馬の気性面の危うさに、
鞍上も気を配ってくれていたようですね。

一方、キュイキュイのキャンターですが、
個人的には芝向きのバネがあるように感じました。

募集馬見学ツアーで初めて会った時も、
周回展示で弾むような歩様が気に入ったんだよナ〜。

なんて感慨に浸りながら発走を待ちました。










さぁ、東京1Rの芝1,600m戦がスタート。
画像

キュイキュイはまずまずの発馬を決め、
馬群の中段後方にポジションを確保します。

終始、外側でレースを進めましたが、
10番デルマネライウチの後ろでうまく脚を溜められました。

心配していた折り合い面も全く問題ありませんでしたし、
案外、実戦で良いタイプなのかもしれません。



4コーナーを過ぎても柴山騎手はまだ動かず、
馬群後方の外目で機をうかがう形。

初戦同様に直線で弾けなかったらイヤだなぁ・・・
と不安が脳内を覆い始めるワタクシ。





馬群が坂を上ってきます!
画像

画像

画像
柴山騎手のアクションが大きくなったのは、
残り300mを切ったくらいだったでしょうか。

キュイキュイの方もムチに反応して脚を伸ばし始め、
インの先行勢を次々に交わしていきます。





画像

画像

画像

しかしこの辺りが若いハービンジャー産駒らしいのですが、
一気に先頭に躍り出る瞬発力はないんですよね。

逃げ込み態勢の12番スビールアスールをなかなか捕らえられず、
ちょっと冷や冷やさせられました〜




とは言え長く良い脚を使ってスビールアスールを競り落とし、
ゴール手前でキッチリ差し切って先頭ゴール!
画像

画像

画像
見事1番人気に応えて快勝してくれました!





柴山騎手、ナイスエスコートでしたよ!
画像

画像
さぁ、口取式へ向かいましょう!









お、主役が出てきましたよ〜
画像




コラ、コラ、若い女の子がそんな野蛮な表情するなよ・・・。
画像




そうそう。おしとやかにね〜
画像




まずは関係者と記念撮影。
画像




続いて会員さんも一緒に。
画像

キュイキュイはレースの興奮冷めやらずと言った様子で、
なかなか落ち着いて撮影に応じてくれませんでした。

担当スタッフさんが「すいませんね〜」なんて謝っていました・・・。






と言うことでレースの結果です。
画像

画像











まずは勝ち上がることができてホッとした、
と言うのが正直な気持ちです。

「遅産まれ+やや小柄+ハービンジャー産駒」と言うこの馬、
プロフィール上は決して初戦からと言うタイプではないでしょう。

勝ち上がりに苦労することを覚悟して出資したつもりです。


それがこの時期に未勝利を脱出したわけですから、
ボクとしては予想以上の結果でした。



走破タイム的には平凡との評価みたいですが、
それでもポジティブな点はいくつかあったと思います。

  上がり3Fタイム34.9秒はメンバー中トップタイ。
  牡馬混合戦での勝利。
  先行勢が上位を占める中での追い込み勝ち。
  鞍上と折り合ってうまくレースを進められた。

直線に入ってすぐにフラつくシーンがありましたし、
まだまだ若さもあると思うんですよね。

そうした部分も加味すれば、
素質の片鱗を見せて勝った1戦と言えるのではないでしょうか。


なおレース後、柴山騎手は「操作性の良い馬」とコメントしていますが、
これと全く同じ寸評を得たのが富士S後のヤングマンパワー。

あるいは兄妹共通の長所なのかもしれませんね。



一方でやや心配な点もありました。

まずは何と言ってもメンタル面ですね。
パドックではもうちょっと落ち着く必要があるでしょう。

返し馬以後はそれほどテンションアップしなかったようですが、
パドックで消耗してしまっては意味がありません。

経験を積むことで解消できる可能性はありますが、
厩舎側での工夫にも期待したいところです。



それとハービンジャー産駒らしいと言えばらしいのですが、
直線でのエンジンのかかりがちょっと遅いかナ・・・。

良い脚を長く使うことができるものの、
瞬発力勝負になると分が悪くなりそうです。

現状では府中か新潟でこそ、と言った印象を受けましたし、
コースやレース展開に注文が付くタイプかも。





しかしながらこの時期に勝ち上がれたことで、
こう言った改善点にもジックリ取り組むことができます。

これはとても大きなアドバンテージですし、
ぜひこの「特典」を十分に活かして成長してほしいですね。



なお心身ともに消耗しやすい傾向がある馬とのことで、
この後は少し間を空ける可能性が高い模様。

まずは気性面での成長を促し、
レースで実力をしっかり発揮できるようにしたいところ。

こちらもアセらずに見守って行こうと思います。
とにかく今後が楽しみです!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
はじめまして。キュイキュイの出資者です。詳細なレポートありがとうございます!一口馬主初勝利だったので、喜びも一入でした。またお邪魔します!
KT
2016/10/24 01:04
KTさん、こんばんは。
コメント下さりありがとうございます。

おぉ、キュイキュイの出資者さんですか!
2戦目での勝ち上がり、本当にうれしい限り
ですよね〜
一口馬主初勝利とのことで、格別な喜びに
浸っていらっしゃることと思います。
ボクも思い出すなぁ〜・・・愛馬の勝利は
代えがたい感激ですからね。これからも
お互いの愛馬が活躍してくれるように応援
していきましょう!
なべお
2016/10/24 21:53

コメントする help

ニックネーム
本 文
キュイキュイ 2戦目 観戦記 なべおの歳時記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる