なべおの歳時記

アクセスカウンタ

zoom RSS 2016年キャロットクラブ募集馬見学ツアー 【 ノーザンファーム Y5&6編 】

<<   作成日時 : 2016/09/05 21:54   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ノーザンファーム Y5&6

<募集馬オス>
06. バロネスサッチャーの15
13. マルティンスタークの15
20. ブロードピークの15
25. スプリングシーズンUの15
32. メガクライトの15
40. コスモチェーロの15
41. ヒルダズパッションの15
48. データの15
52. シンハリーズの15
65. ピューリティーの15
66. グレイシアブルーの15
71. フェリスタスの15
73. マチカネチコウヨレの15





いよいよ登場してきましたオルフェーヴル産駒!
マルティンスタークの15です。
画像

画像

父の産駒であることがすぐにわかるようなキレイな栗毛、
筋肉質ながらバランスの取れた馬体と見栄えはかなり良好。

一方で気性的には落ち着いているそうで、
その辺りは父のウィークポイントが出てきていない様子。

募集価格\90,000はちょっと高いかなとは思いますが、
光り輝く黄金のたてがみを見ているとソソられる1頭でした。








こちらはスプリングシーズンUの15。

関東所属かつリーズナブルな価格(\60,000)ですし、
ステイゴールド最後の産駒と言うことで注目していた1頭です。
画像

画像

結論から申しますと、
もうちょっとインパクトが欲しかったナと言ったところ。

わずかに歩様が硬いような気はしましたが、
コレと言って悪いところはなかったんですけどね。

反面、ボクの心にグッと来るようなポイントもなかった感じで、
愛馬候補からは一歩後退との判断です。








データの15はハーツクライ産駒。
画像

画像

伸びやかな歩様で周回しており、
馬体のラインもキレイでしたしまずまずの好印象でした。







今年も最高募集価格となったヒルダズパッション産駒。
父はもちろんディープインパクトです。
画像

画像

さすがに雰囲気たっぷりのしなやかな歩様でしたね。

やわらかく可動域の広い脚さばきで、
リズム良く周回していました。







こちらも話題の1頭でしょう。
オークス馬の半弟シンハリーズの15です。
画像

画像

ちょっと小柄なところが気になりましたが、
まぁ、管囲は十分ですから問題ないでしょう。

個人的にはややインパクト不足のように感じましたが、
バランスの良い馬は地味に見えると聞いたことがあります。

これだけの血統背景があるわけですし、
この馬はそう言ったタイプなのかもしれません。







このステージで1番良く見えたのはこの馬だったかも。
ピューリティーの15です。
画像

画像

筋肉質で力強い馬体は父譲りだナ〜と感じさせますが、
背中のラインがキレイで奥が深そうな印象も受けたんですよね。

パワーでグイグイ押し切るだけではないかもしれません。

赤味がかった栗毛にリッパな流星と見た目もハデで、
スター性がありそうですよ〜
(ちなみに。気性面はピュアブリーゼよりだいぶ穏やかとのことです・・・。)






ついでにもう1頭。
画像

エイシンフラッシュ産駒ブロードピークの15です。

周回展示時の身のこなしがとてもしなやかで、
ちょっとイイ感じに見えたのでご紹介しておきます。

現時点で400Kgを割り込んでいる馬体が不安材料ですが、
どこまで成長してくるかがカギでしょう。




と言うことで次のステージへ移動です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2016年キャロットクラブ募集馬見学ツアー 【 ノーザンファーム Y5&6編 】 なべおの歳時記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる