なべおの歳時記

アクセスカウンタ

zoom RSS 「デビュー30周年記念 武豊展」に珍入してきました

<<   作成日時 : 2016/05/06 23:09   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

05/03(火)のことになるんですけど、
「デビュー30周年記念 武豊展」に珍入してきました。



あらかじめお話しておきますと、
展示物は撮影禁止でしたので写真はありません。

ですので当日の雰囲気のみを簡単にご報告、
と言うような形にしたいと思います。




地下鉄半蔵門線に乗ってこの駅で下車。
画像




日本の金融政策を司るこちらを横目に見ながら・・・
画像





番犬ならぬ「番獅子」のお出迎えを受けて会場に入ると・・・
画像




おぉ!ここだここだ〜
画像




会場入り口の両脇は競馬界や各界の著名人から贈られた、
多くの花で彩られていました。

もちろんこのお方からも・・・
画像





この日が一般公開初日だったこともあってか、
なかなかの盛況ぶりでしたよ。

来場者は30代以上の方々が多かったように思いますが、
女性がかなり目立ちましたね。

大雑把に言って40%くらいが女性だったのではないでしょうか。



展示内容としては過去の名シーンの写真パネルが中心で、
レプリカの勝負服やGI勝ちの副賞なども展示されていました。

正直なところ、競馬ファン、特に武豊騎手ファンの方であれば、
それほど目新しいモノではないかもしれません。

どちらかと言えば競馬になじみのない人向けのイベントかも。



それでも各写真パネルに添えられている解説文が良いデキで、
個人的にはそちらを読むことでけっこう楽しめました。

  どんな工夫をして勝利を手繰り寄せたか?
  いかに馬の特徴をつかんで勝利に活かしたか?

みたいな部分が「裏話」的にうまく書かれていたと思います。


一方、海外遠征時の写真も多く展示されていましたが、
こちらについてはほとんどが初見のものでした。

世界の名手たちと和やかに交流しているシーンなど、
なかなか貴重なショットもありましたよ。

また数は少ないのですがプライベート写真も展示されており、
ボクとしてはこれが意外と楽しめました。



会場内の2ケ所でDVDの映像が流されていましたが、
ま、これはいわば「販促」でしょうね。

映像は「ターフのヒーロー18〜豊の流儀〜」のダイジェストで、
伊集院静氏との対談の一部や名レースシーンの抜粋など。

上記の通りに販促とわかっていながらも、
ちょっと買ってみたくなったと言うのはここだけの秘密です。





こうしたイベント開催の直前で天皇賞(春)を勝つとは、
やはり「武豊」だなと思わざるを得ません。


騎乗フォームの美しさは相変わらずですし、
素晴らしいレース運びに唸らされることもしばしば。

ただ、いろいろな話をモレ聞く限りでは、
かつてのようにGIを勝ちまくることは難しいんでしょうね。

それでも日本競馬の中心人物であることは間違いないですし、
もっともっと活躍する姿を見せてほしいと思っています。

日本人騎手初の凱旋門賞の勝利も狙ってほしいなぁ。



ちなみに・・・

ボクの愛馬に騎乗いただくことはほぼ無いとは思いますが、
チャンスがあるようなら、ぜひ!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「デビュー30周年記念 武豊展」に珍入してきました なべおの歳時記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる