なべおの歳時記

アクセスカウンタ

zoom RSS Nabeo's Eye in Tokyo Racecourse 【 あの馬が・・・編 】

<<   作成日時 : 2016/05/06 00:01   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

さてこの馬、05/01東京5Rに出走したユキノヴィクトリーです。
画像

画像

なかなか筋肉質の馬体ですし、悪くない気配でしょ〜





美浦 和田正道厩舎の管理馬で3歳の牡。
画像

画像

この日は大野拓弥騎手を背に、
芝1,800mの未勝利戦に出走しました。





え?それがどうしたのかって???
一介の未勝利馬でしょ?な〜んて思ってるでしょ?

いやいやいやいや〜
ボクにとってはただの未勝利馬じゃないんですよ〜

実は3年ほど前にフジワラファームで会った仔馬が、
このユキノヴィクトリーになったんです!


産まれてわずか数日後に会い、
口をモグモグさせながら居眠りしていたあの仔馬。

   無事に成長して競走馬になれるかどうか?
  なれたとしてもデビューにこぎつけられるかどうか?


そんなことを漠然と頭に浮かべながら、
母馬に寄り添う仔馬を切ない思いで見たんだよなぁ・・・。



あの仔馬がこうしてリッパな馬体に成長し、
レースに使えるようになったとは何とも感慨深い・・・。

17着→6着と前進を見せてきた今回が3戦目で、
しかも馬体のデキは他馬と比べても決して見劣らない印象。

コレ、もしかしちゃうかも〜と、心がザワつくワタクシ。





レースの方は、ホラ、こんな感じで独走!
画像

一番最後を、ですけど・・・。


あのデキでこの結果とは厳しいなぁと思ったんですけど、
レース中に脚を故障したのでは?とのお話があるとか無いとか。

何とか無事に次走を迎えられれば良いのですが。



それにしても産まれて数日後に会った仔馬と、
こうして競馬場で再会できるなんてねぇ。

ちょっと大袈裟かもしれませんけど、
ボクとしては奇跡に近いような気がしています。

毎年7,000頭ほどの競走馬が産まれるそうですが、
全ての馬が競走馬登録に至るわけではありません。

また登録されたとしてもデビューできないことは多々あり、
実際にボクの愛馬ガヴァネスもデビュー前に引退しました。


そんないくつものゲートを潜り抜けて、
あの仔馬ちゃん=ユキノヴィクトリーはデビューしたわけです。

そう思うと競馬場で姿を見るだけでも感動しちゃうんですよね〜
いや〜、競馬ってホントにドラマチックです!





ちなみに。

ユキノヴィクトリーには何頭か兄・姉がいまして、
そのうちの1頭がユキノアイオロスと言う準OPクラスの馬。

すでに57戦を消化しているタフな8歳馬で、
馬主孝行と言う意味では「名馬」と呼んでも良い存在。

で、そのユキノアイオロスも、
この日の東京10R晩春Sに出走したんですよ〜

画像

画像




こちらにも大野拓弥騎手が騎乗し、
なんと直線で一瞬先頭に立つシーンが!
画像

画像

画像

う〜む・・・最後は失速して7着での入線。
次走では巻き返して上位入線する姿を見たいところです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Nabeo's Eye in Tokyo Racecourse 【 あの馬が・・・編 】 なべおの歳時記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる