なべおの歳時記

アクセスカウンタ

zoom RSS グースベリー 4戦目 観戦記

<<   作成日時 : 2016/03/28 22:49   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

03/26(土)に中京で出走したグースベリーを現地応援してきました。
取り急ぎ写真だけを先行してご報告したいと思います。

コメントおよび翌日に出走したマッサビエルの模様につきましては、
今週末以降に追ってご報告していきたいと思います。

<と言うことで、以降にコメント等を追記していきます。 2016/04/10>





03/26(土)中京4Rにグースベリーが出走し、
積極的なレースを展開するも5着まで。

今回はダート戦への初挑戦だったわけですが、
やや微妙な結果になったような気がしています。

陣営側はこの結果をどう判断するのか?
今後の動向が注目されますね。


では、当日の模様をご報告していきましょう。



グースベリーは-10Kgの488Kgでの出走。
画像

まずまず絞ってきたナとの印象ですし、
概ねポジティブに受け止めて良い数字でしょう。





中京競馬場のパドックにグースベリーが初登場です!
画像

画像

画像

画像

画像

育成段階では新しい環境が苦手だったこともあり、
うるさいところを見せるかナと心配していたんですけどね。

でも馬は至って冷静に周回を繰り返していました。

落ち着いた中にも覇気は感じられましたし、
まずまず良い雰囲気を漂わせていたと思います。

メンタル面での難しさがこの馬の大きな課題なわけですが、
陣営の努力が少しずつ実になってきたのかも。

一方の馬体面に関してですが、
こちらについても悪くないデキに見えました。

オシリにはボリュームが感じられましたし、
全体的なバランスの良さも相変わらず。

いかにも走りそうに見えるんですけどねぇ・・・。





この日は大竹先生も中京競馬場に来場されており、
もちろん自らファイナルチェックを実施。
画像

画像

画像

画像

今回は丸山元気騎手にフラれてしまったため、
丸は丸でも丸田騎手と新コンビを結成。

丸田騎手、派手さはないかもしれませんが、
地道で着実な成績を残している騎手ですからね。

乗り難しい我が愛馬をどう御してくれるか?
ちょっと楽しみにして見守りました。







馬場へ出てくると少しうるさい面を見せましたが、
すぐに落ち着きを取り戻していましたね。
画像

画像

画像

画像

丸田騎手は馬場の空気に馬を慣れさせるように、
やや時間をかけて並足で歩かせていました。





そしてキャンターへ。
画像

画像

画像

画像

画像

画像

人馬ともスムーズなアクションでしたし、
このコンビも悪くないナとの印象を持ちましたよ。










さぁ、中京4RのD1,800mがスタート!

丸田騎手とグースベリーはほぼ互角の発馬から、
明確な意思を感じさせつつ前方へ進出。
画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

恐らく陣営から指示が出ていたものと思いますが、
序盤からしっかり馬を押してポジションを取りに行きましたね。

先頭こそ7番ヤマイチファミリーに譲りましたが、
並走に近い形の2番手で道中を進めていきました。





4コーナーから直線に入ると馬ナリでポジションを上げ、
手応えの良さを感じさせながら早くも先頭に!
画像




しかし外からグイグイと迫ってきたのが、
後方で虎視眈々と脚を溜めていたデフィニール。
画像




すぐにグースベリーを追い抜いてデフィニールが先頭に立ち、
続いてオープンユアアイズも力強く脚を伸ばして2番手に!
画像




グースベリーは脚が上がってしまったようで伸びが見られず、
追い込んできたアイアンアヴァロンにも交わされてしまう・・・・・。
画像

画像

画像




最後は1番人気デイジーフローラにも差されて5着で入線。
画像

画像




まぁ、それでも、粘りに粘って掲示板は死守してくれましたね。
画像











逃げる作戦は厩舎サイドの指示かと思いますが、
現時点ではこの馬に合っているような気がしています。

積極的に前で競馬をして粘り込むと言う形ですね。


ただ、冒頭にも少しお話しましたが、
今回の5着と言う結果をどう判断するか?

ボク個人としてはかなり微妙だなぁ〜と感じています。



馬の新しい面が出ることを期待して、
初めてダート戦に挑戦したんだと思うんですよね。

でも先行して最後にタレて5着と言う流れは、
デビュー2戦目の東京芝2,000mの時と全く同じ展開。

つまりダートを使っても新しい面は出なかった、
と言うことなんじゃないかと。

それでも見せ場を作って5着には来ていますし、
6着とは7馬身もの差をつけています。

となると単純に「ダート適性がない」とは言いづらい・・・。

で、芝でもソコソコ、ダートでもソコソコみたいな、
「微妙な」結果なんじゃないかナと思うわけです。

もちろんレース選択の幅が広がったとは言えますから、
そのこと自体はこの馬にとってプラスでしょう。

ただし芝でもダートでも好走するけど勝ち切れない、
器用ビンボーになっちゃいそうな予感が・・・。



それと、以前にもお話したことがあると思いますが、
調教がちょっと足りないような気もしています。

あれだけ手応え良く4コーナーを回っているのに、
直線の勝負どころで脚が上がってしまうんですよね。

スタミナ切れを起こしているように見えるんです。


放牧からトレセンに戻したらサラッと追い切って出走、
と言うのがこの馬の出走パターン。

気性面を考慮して調教を加減している可能性は高く、
そのため心肺機能の向上が不十分なんじゃないかなぁ・・・。





お話がだいぶネガティブになってしまいましたが、
今後に期待が持てるトピックスもありましたよ〜

まず何と言っても競馬が上手になってきたこと。

発馬〜道中〜直線とスムーズに運べていますし、
ひとまず常識的なレースはできるようになったでしょう。



次に丸田騎手との相性が良かったことです。

馬のメンタルが成長したこともあったと思いますが、
初コンビながらキチンと折り合っていましたからね。

見ていて安心感がありましたし、
今後もコンビ継続をお願いしたいところです。





レース後は馬の状態が落ちてしまったようで、
ひとまず放牧に出てしまいました。

今回、粘りに粘って優先出走権を獲得しただけに、
できればこれを利用したいところですけどねぇ。

可能なら東京開催で使うとのコメントも出ていますが、
どうなるでしょうか。


個人的には芝で追い込む競馬を見てみたいんですよね。

陣営もいくつか戦法を試してみたいとおっしゃっていますし、
ぜひ次走で試してほしいと思います。



まだ時間的な猶予はありますが、
ジワジワとサバイバルなシーズンが迫ってきます。

できればそろそろ勝ち上がっておきたいところですので、
何とか結果が出るように調整を進めてほしいですね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
グースベリー 4戦目 観戦記 なべおの歳時記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる