なべおの歳時記

アクセスカウンタ

zoom RSS グースベリー 3戦目 観戦記

<<   作成日時 : 2016/02/07 15:19   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

昨日02/06(土)東京5Rに出走したグースベリーですが、
最後の直線で完全に失速して11着の入線。

前走でレースぶりに進展を見せていただけに、
ちょっと残念な結果になってしまいました。


それでは当日の模様をご報告していきましょう。






愛馬出走が5Rだと、
時間的にちょっと微妙なんですよねぇ・・・

この日も昼ごはんをどうしようか迷ったんですけど、
競馬場に到着してすぐに食べてしまうことにしました。

で、グルメグランプリで1位を獲得したと言うこちらを。
画像
豚角煮丼なんですけど、コレ、なかなかイイですね。

味付けはちょっと濃いんですけどボリュームがあって、
コストパフォーマンス的にも合格だと思います!







5R出走馬たちが表示されました。
画像
グースベリーは+10Kgの498Kg。
どんな馬体で出てくるのか?期待しながら待ちました。




さぁ、我が愛馬がパドックに姿を見せました。
画像

画像

画像

画像

一般的には比較的ポジティブな評価が多かったようですが、
個人的にはイマイチなデキに見えたんですよねぇ。

もちろん+10Kgには感じさせないバランスの良さでしたし、
オシリ周りもボリューム感がありました。

後躯には股アワも出ていましたから、
筋肉の張りも悪くなかったのかもしれません。

ただそれでも、さほど良い印象は受けなかったんです。
その理由を具体的に挙げてみると・・・

 ・少し冬毛が出ていた。
 ・筋肉の凹凸が薄いように見えた。
 ・もう少し元気良く歩いてほしかった。



うまく表現できないんですけど、
動きにキレがなかったと言うのが一番近いかなぁ。

何となく調教不足っぽく感じまして、
心身ともピリッとした部分が足りないように見えたんです。

なので「う〜む、続戦して次走が勝負か・・・」なんて、
思ったりもしました。


もちろんメンタル的に難しいところがある馬ですので、
調教で追い込みづらいと言う背景はあるでしょう。

だとしてももう少しシャープな印象がほしかった、
と言うのがボクの個人的な見解です。



大竹先生のファイナルチェックを終えたら、
デビュー以来のコンビ丸山騎手と馬場へ向かいます。
画像

画像








人馬が馬場へ出てきてちょっと驚いたのは、
厩舎スタッフさんだけでなく大竹先生も同行していたこと。
画像

それだけ馬に気難しさを出させないようにしたい、
と言うことだったのかもしれないですね。



1頭だけ遅れて出てきましたし、
出てきた後もずっと並足程度で歩かせていました。
画像

画像

画像

画像

画像




ゴール板を過ぎてからもさらに馬を歩かせ、
ようやくキャンターへと入って行きました。
画像

画像

画像

キャンターそのものはスムーズでしたし、
丸山騎手とのコンビも馴染んできた印象でしたね。





と言うことで東京5R 芝1,800m戦がスタート!
画像

画像

グースベリーと丸山騎手はほぼ五分の発馬でしたが、
枠も影響してか先頭を奪うには至らず。

それでも好位の外にポジションを確保すると、
しっかり折り合った様子で道中を運んでいきました。



大きな出入りなく馬群は進み、
いよいよ最後の直線に入ってきました!

グースベリーは好位から虎視眈々、
ここからグイグイ前方へ進出じゃぁぁぁ〜

ところが馬は脚を全く伸ばすことができず、
後続馬群に飲みこまれていく・・・
画像

画像




ようやく進路が開けてくるも、
勝負は遥か前方で繰り広げられております・・・。
画像

画像

画像

画像

画像


後からレース映像を確認してみると、
直線で馬がだいぶインに刺さろうとしていますね。

それを丸山騎手が必死に外へと誘導しており、
何とか立て直したところでコスモジャーベが前方をカット。

この時点でジエンドと言ったところでしょう。


となると直線で伸びなかった原因が、
ちょっと微妙な判断になるかもしれませんね。

 スタミナ的にガス欠で伸びなかったのか?
 それともメンタル的に走り切れなかったのか?


どちらが原因なのかで今後の対処法も変わりますが、
もっとも、両方と言う可能性もありますね・・・







人馬が戻ってきました。
大竹先生、笑顔でお出迎えです。
画像




と言うことでレース結果です。
画像

上位人気馬が上位を占め、
比較的堅い決着の1戦になりました。










4コーナーを出てくるところまでは、
良い雰囲気でレースを進めていたのではないでしょうか。

しかしながら追い出してからの「お戯れ」に加え、
他馬に前方をカットされて馬が戦意喪失・・・

そんな1戦だったと思います。


ただ、グースベリー自身に余力が無かったようにも見え、
一概に外部要因と言い切ることはできないかも。

いずれにせよ、メンタル部分が敗因の1つである、
と言う事実は引き続きこの馬の課題でしょう。



現時点で好走を引き出すためには、
直線でスムーズに脚を使わせるしかないでしょう。

となるとレース後に丸山騎手がコメントしているように、
極端な競馬をした方が良さそうですね。

前走のように逃げるか、逆に一気の追い込みか。

次走で陣営がどんな手を打ってくるか?
その点にも注目したいところ。



その次走についてですが・・・

今回のパドックの気配から、
個人的には続戦してほしいんですけどね。

心肺機能が上がってこないうちにレースに使い、
すぐに放牧しちゃっている気がするので・・・。

まぁ、でも、それもメンタル面の難しさゆえ、
と言うことなのかもしれません。


今のところ放牧気配が濃厚なので、
仕切り直してからと言うことになりそうです。

いずれにしろ心身ともパワーアップが必要なので、
もうしばらくは我慢しながら見守っていきたいと思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
グースベリー 3戦目 観戦記 なべおの歳時記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる