なべおの歳時記

アクセスカウンタ

zoom RSS ファドーグ&ピグマリオン出走 初茜賞 観戦記 その1

<<   作成日時 : 2016/01/31 14:14   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

と言うことですでに速報いたしましたが、
01/24(日)中山9R初茜賞に愛馬2頭が出走しました。

そしてファドーグが優勝、ピグマリオンが2着に入線し、
これ以上ない奇跡の結果となりました。


ボクの一口馬主歴は友駿H.C.時代を含めて20年近くですが、
複数の愛馬が同じレースに出走したのは今回が初めて。

ですから愛馬のワンツーフィニッシュももちろん初めてで、
うれしさよりもむしろ驚きの方を強く感じているかも。

まぁ、いずれにしても、
こんなことは二度とないでしょうねぇ。

とにかく愛馬たちの健闘のお蔭で、
格別の感激とその余韻に浸っているワタクシです。



では当日の模様をご報告していきましょう。







01/24は寒い1日でしたが、
天気の方はうす曇りと言ったところ。
画像
まずまずの競馬日和でした。




グリチャのパドックブースは弥永氏とウメダ姉さん。
画像
このお2人なら安定感のある中継になるでしょう。




初茜賞出走馬が表示されました。
画像
ピグが+8Kgの470Kg、ファドーグが+4Kgの478Kgですから、
両馬とも数字上は問題のないデキと言えそうです。





まずはピグがパドックに入ってきました。
画像

画像

画像

画像

去勢以来、この日が1番良く見えましたね。

ちょっと気合い不足かと思うくらい落ち着いている反面、
後肢の踏み込みは深くて力強いものでした。

とてもノビノビとした歩様に見えましたし、
毛ヅヤからも体調の良さが感じられたんですよね。

これなら、と思わせてくれるデキだったように思います。





続いてファドーグも入場。
画像

画像

画像

画像

こちらもまずまずのデキに見えました。

馬体重の数字としては増えていましたが、
見た目は前走よりややシャープになった印象。

キッチリ造ってきたと言ったところでしょうか。


ただしちょっと心配になったのがメンタル面で、
周回中はけっこううるさかったんですよね。
画像
こんな感じで佐藤厩務員を煩わせるシーンもあり、
事前のコメント通りに「元気過ぎ」だったようです。

それでも入れ込むと言うほどではありませんでしたし、
何とか我慢はできていました。





止まれの号令がかかると、
ピグマリオン陣営は加藤(征)先生がファイナルチェック。
画像




ファドーグはいつも通りに先出しで馬場へ向かいます。
画像











ノリ騎手を背にファドーグの返し馬が始まりました。
画像

画像

画像

画像

画像

馬場へ出てきてからは落ち着いていましたし、
いつもの軽いキャンターで駆けていました。

ノリ騎手との信頼関係が出来上がっているナ〜
と思わせてくれましたよ。




続いてピグも返し馬へ。
画像

画像

画像

画像

画像

ルメール騎手は周りを良く確認しながら、
ちょっと併せ馬っぽくピグを走らせていました。

ピグの方も落ち着いたキャンターを披露、
良い形でレースに臨めそうです。

デビュー戦を快勝したこのコンビですから、
相性は良いと思いますよ〜







その2に続く

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ファドーグ&ピグマリオン出走 初茜賞 観戦記 その1 なべおの歳時記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる