なべおの歳時記

アクセスカウンタ

zoom RSS マッサビエルの菊花賞出走に寄せて

<<   作成日時 : 2015/10/18 19:19   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 4

この3週間ほどヤキモキしましたが、どうやら、
マッサビエルの菊花賞出走が確定的となりました。

もちろん体調面や故障のリスクなどがありますから、
当日ゲートインするまで油断はできません。

でも出走する権利を獲得できたと言うことに関しては、
ひとまず喜んで良いのかナと思っています。



ボクが一口馬主の世界に脚を踏み入れてから16年、
ついに愛馬がGI、しかもクラシックへ初出走となります。

以前からお話していますが、
ボクはそれほど愛馬の成績にこだわりません。

元気に長く競争生活を続けてほしい、
と言うのが1番の希望です。

ですので今回についても出走がかなうだけで十分。

だって、どんな結果になろうとも、
菊花賞に出走できるってスゴイことですもの。



実際、今年のダービーで掲示板に載った馬のうち、
ドゥラメンテを含め3頭が菊花賞には出走できません。

故障や距離適性ウンヌンなど各馬に事情はあるでしょうけど、
「出走がかなわない」と言う事実には変わりありません。

クラシックへの出走って本当にハードルが高いんだナ〜と、
改めて実感しています。

そんな実力馬たちをさておき我が愛馬が出走するなんて、
ちょっと恐れ多いような気もするワタクシです。





さてそうは言っても、この直前の1週間、
やはり心穏やかではない日々を過ごすことになります。

せっかくなら1つでも上の着順になればうれしいナ・・・
と思う部分ももちろんあるわけです。

ただ神戸新聞杯後はメディアも含めてかなりトーンダウンし、
マッサビエルの馬名を目にすることも一気に減りました。

それどころか「GIで通用する実力は無いのでは?」
との見解を示す解説者もチラホラ見かけるほど。


まぁ、あの結果を見れば強く否定はできませんが、
でも、そんなに悲観しなくても良いような気もするんです。

と言うことで、かなり無謀な行為だとは思いますが、
マッサビエルに都合の良いネタを列記してみたいと思います!

あるいは菊花賞で好走できちゃうんじゃない???
なんて、ちょっとくらい妄想してみたいですしね〜

せっかくの愛馬の初GIですから、
このくらいは世間のみなさまにお許しいただけるかと・・・。




【 神戸新聞杯惨敗には複数の明確な原因がある 】 

・陣営も明言しているように余裕残しの仕上げだった。
・枠だけでなく馬場もこの馬にとって厳しいものだった。
・勝負どころで複数回の不利があった。


マッサビエルはレースを使うと体が硬くなってしまうので、
その辺りを配慮した仕上げにならざるをえなかったはず。

さらに実際のレースでも運が味方してくれず、
大敗と言う結果になっちゃったんだと思うんですよね。


〜 追記 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
レースのパトロールビデオを改めて見てみたのですが、
4コーナー手前から進出した時の感じは悪くないんですよね。

前走と比べると迫力が足りない気もしますが、
それこそ馬場や仕上げ具合が原因なのではないでしょうか。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

こうした点が変わってくれば、
菊花賞では前進が期待できるかも〜





【 陣営の対応に希望が持てる 】

・前哨戦惨敗にも関わらず、レース後すぐ栗東留学を明言。
・戸崎騎手もコンビ継続どころか積極的な提言を連発。


神戸新聞杯前よりも陣営の熱さが感じられますし、
戸崎騎手の「調教に乗りに行く」発言にはシビれましたねぇ。

調教師も騎手もプロですし、
本番で通用するかどうかは判断できると思うんです。

特に戸崎騎手はトップクラスのジョッキーなわけですし、
この段階で乗り替わっても不思議はないかと。
(単純にちょうど良い騎乗依頼がないだけかもしれませんが。)

厩舎・クラブサイドにしても好走の可能性が低いとの判断なら、
栗東留学させるまでには至らないのでは?

そう考えると、少しは希望を持っても良いのかなと思えますよね。





【 陣営に勢いが感じられる 】

・小笠厩舎管理馬ブレイブスマッシュがサウジアラビアRCを制覇!
・戸崎騎手もスプリンターズSを勝利!


小笠厩舎の重賞勝ちは過去8年間で3つだけですが、
その3勝目をつい先日挙げたんですよね。

戸崎騎手も1発目の秋のGIを快勝しましたし、
なかなか良い流れが来ているのでは?





【 実は小笠厩舎は菊花賞5着の実績がある 】

過去にGI出走歴が3回しかない小笠厩舎ですが、
そのうちの1回がケイアイチョウサンで出た2013年の菊花賞。

ここでケイアイチョウサンは5着に粘っているので、
この時の厩舎サイドの経験が今回の菊花賞にも活かせるはず!


ちなみにケイアイチョウサンは元愛馬プリマティスタの近親で、
そんなところにも不思議な縁を感じちゃっております。





【 実はメジロドーベルの血がザワついている 】
昨今、メジロドーベルの近親が活躍しているんですよ〜
今年に入って勝ち星を挙げた近親はと言いますと・・・

ツクバアスナロ
レーヌドブリエ
ビップレボルシオン
ノーブルクリスタル
ラッシュアタック


もちろん、ここにマッサビエルも加わるわけですが、
どうですか、けっこう活躍してるでしょ?

吉沢譲治氏なら「血が騒ぎだしている!」と言うはず!


ぜひともこの良い流れに乗りたいですねぇ〜





と言うことで、これだけプラス材料を並べればもう大丈夫!
(なはず・・・。)

10/25(日)の京都競馬場で、
元気な姿のマッサビエルに会えることを楽しみにしています!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
なべおさん、こんばんは。

いよいよ菊花賞ですね。
神戸新聞杯で権利を獲るどころか、菊花賞の出走すら危ぶまれる事態になり心配しましたが、アクシデントが無い限り確定ですね。

その神戸新聞杯ですが、まさかあそこまで負けるとは誰も思わなかったですよね。

ただ、スローの流れにもかかわらず上がり3ハロンが35.4から見ても、クラスの壁で簡単に片付けていいのかと考えました。

新馬、新緑賞、芦ノ湖特別の強い競馬を見れば、あの内容でクラスの壁と言うのはあまりにも単純な理由過ぎます。

レース後の反動もなく、順調に調整が進められていますね。初めて迎えるマッサビエルの叩き2走目が楽しみです。

私も当日は現地でマッサビエルを応援します。
づっちゃん
2015/10/18 20:12
づっちゃんさん、こんばんは。
神戸新聞杯、関係者もあの着順は想定外
だったようで、そう言う意味では心配な
部分が出てきているかと思います。
まぁ、前哨戦と言えば前哨戦なわけで、
本番で納得できる走りを見せてくれれば
と思っている今日この頃です。

確か津田照之氏も神戸新聞杯の本命は
マッサビエルだったかと思いますし、
かの鈴木ヨシコさんも本命でしたしね。
本番で好走するだけの評価は得ていると
ボク自身は考えています。

もっともその額面通りに走ってくれない
のが競走馬と言うもの。どれだけ納得の
レースを見せてくれるか、ドキドキです。
なべお
2015/10/18 21:35
菊花賞出走確定おめでとうございます。
なべおさんの夢がひとつ叶いましたね。
愛馬が、『ザ・チャンピオン』の曲にあわせて入場してくる晴れの舞台…最高です( 〃▽〃)

それに前走は度外視して良いと思いますよ!
それに今年のメンバーはかなり小粒だし、京都替わりの距離延長でアッと言わせてほしいです(゜ロ゜;

前走の苦い経験を糧にして…私もマッサビエルの馬券買って応援します(^o^)
玉藻十
2015/10/21 00:21
玉藻十さん、こんばんは。
いや〜GIとはねぇ。徐々に緊張が
高まってきましたよ〜

どうも追い切りの動きもイマイチと
言うことだったようですし、だいぶ
人気は落とすことになりそうですね。
馬券派のみなさんにはオイシイ存在
になるかもしれません。

どんな結果になるかわかりませんが、
とにかく納得のレースを見せてほしい
ですね。
なべお
2015/10/21 22:42

コメントする help

ニックネーム
本 文
マッサビエルの菊花賞出走に寄せて なべおの歳時記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる