なべおの歳時記

アクセスカウンタ

zoom RSS ジュモートリステ 引退 & 5戦目 観戦記

<<   作成日時 : 2015/09/21 16:49   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

秋の大型連休、みなさまはいかがお過ごしですか?

中央競馬は土日月の3日間開催となっており、
ボクもしっかりレースを楽しんでいます。


で、その3日間開催初日の中山7R、
芝2,000m戦にジュモートリステが出走しました。

競走馬生命をかけた1戦だったわけですが、
残念ながら勝ち馬から大きく離された15着での入線。

この結果を受けて、
クラブ側から現役引退が発表されています。



まずは当日の模様をご報告して、
その後に思うところをお話することにしましょう。







この日の馬体重を見てちょっとビックリ。
画像

う〜む・・・中1週での出走とは言え、
-12Kgはどうなのよ〜



パドックに姿を現したジュモートリステを見てすぐ、
ボクは「好走は難しい」と覚悟しました。
画像

画像

画像

画像


馬体重が示す通り、腹周りがかなり細くなってしまっており、
毛ヅヤも決して良いとは言えない印象。

周回中は落ち着きがなく、
ずっと小走りを繰り返していました。

これで勝つようならよほど素質が飛び抜けている・・・
そう思わざるをえないデキだったと思います。



止まれの号令からちょっと遅れてツヨシ先生が登場、
簡単にファイナルチェックを済ませて本馬場へ。
画像

画像








蝦名騎手を背にジュモートリステが馬場に出てきたのですが、
そこから人馬を見失っちゃったんですよね・・・

アレ?どこに行っちゃったのかな???
と思ってファインダー越しに探していたら・・・

おぉ!すぐ目の前にいたぁぁぁ〜
画像

画像

画像


いや〜ビックリ。

他の馬たちが内ラチ沿いを走っていたのに対して、
ジュモートリステと蝦名騎手は外ラチ沿いを走ったんですね。

アセってシャッターを押しましたが、
何とか撮れていたようで良かった良かった。







さぁ、勝つしかない1戦のゲートインが完了!
画像


ジュモートリステはやはり落ち着かない様子で、
大丈夫かナと心配しつつスタート!



画像


画像

画像

画像


あわや落馬かと言うシーンも一瞬ありましたが、
蝦名騎手がうまく立て直して駆け出して行きました。

当然、後方のポジションを強いられることになり、
先行勢を前に見る形で1コーナーへ。



ただしそこはさすがに蝦名騎手、
中段後方のインに馬をうまく誘導して道中を運びます。
画像

画像




すると4コーナー手前で徐々に動き始め、
これまたうまく外に出して勝負の直線に備えます!
画像




さぁ、直線に入りました!
画像

画像

画像


なんと、ジュモートリステの前方がポッカリと開き、
「さぁ、まっすぐ伸びて下さい!」と言わんばかりではないか!

ヨシ、我が愛馬よ、甘んじてこのチャンスをいただきなさい!


と・こ・ろ・が・・・
画像

画像

画像

画像


全く脚を伸ばすことができず、
続々と後続馬たちに飲み込まれていくぅぅぅ〜



後はゴールになだれ込むだけとなってしまい、
結局15着での入線に。
画像








戻ってきた人馬を迎えるツヨシ先生も、
苦い表情をするしかないと言ったところでしょうか。
画像




この1戦を制したのは馬番10番のコンチャフラメンカ。

パドックではあまり落ち着きが無かったのですが、
それでも結果を出すとはさすが堀厩舎!
画像




と言うことで引き上げていく我が愛馬。

短い競争生活になってしまったけど、
がんばって走ってくれてどうもありがとう〜
画像











この1戦に関して言えば「コンディション」が全てでしょう。

おそらくソエの影響はほとんど無かったと思いますが、
それ以前にレースで勝ち負けできる心身ではありませんでした。

まぁ、これがこの時期の「典型的な未勝利馬」でしょうね。


デビュー戦や4戦目の走りぶりを見れば、
持っている能力は決して低くなかったと思います。

ただ募集時にもチラッと心配はしていたのですが、
体質面での頑健さが足りなかったようです。

やはり母馬の出産年齢が影響しているのかな・・・。

 順調に調教を積めること
 そして順調にレースに使えること


わかりきっていることではありますが、
改めて痛感させられますね・・・。



これまで母ビスクドールの産駒はずっと栗東所属でしたが、
初めて美浦所属として募集されたのがこのジュモートリステ。

憧れのフェアリードル系を愛馬にできるチャンスでしたし、
馬のデキも納得できるものだったんですよね。

で、ほぼ迷うことなく最優先枠で投票しました。



育成時代は大きなトラブルこそなかったものの、
なかなかペースが上がってこなかったんですよね。

今思えば、1年後のツアー時に再会した時も、
担当スタッフさんのお話は歯切れが悪かったかも。


それでも今年2月のデビュー戦では3着に好走、
勝ち上がりは間もなくだろうと思わせてくれました。


しかしそこからが案外な内容で5着、7着と凡走、
夏終盤のサバイバルシーズンへと突入することに。



しかしここで本来のポテンシャルを見せつけます。

間隔を空けて臨んだ前走新潟のマイル戦、
最後の最後に強烈な末脚で追い込みハナ差の2着。

ラスト3Fは33.0秒とバツグンのスピードを発揮、
初めて気持ちの良いレースをしてくれました。

それだけにあまりにも痛いハナ差ではありましたが、
同時にやっぱり走る馬なんだナ〜とも感じました。

あれだけの脚が使えるんですから、
引退しなくても・・・と思う部分もありますけどね。

だからと言って「今後、大物に成長するかは疑問だ」、
それがクラブ・牧場サイドの見解なんでしょう。



競争生活としては残念なものになりましたが、
名血の愛馬を持つ楽しみを味わうことができました。

1回だけですがスゴイ末脚を見ることもできましたし、
がんばってくれたと思います。



感謝の気持ちを持って次の馬生に送り出しましょう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
応援、そして競走生活お疲れ様でした。
私もなべおさんを見習って、一頭一頭に愛情をしっかり注いで応援しなくては、、と思いますね。

今年もハービンジャー産駒に行かれたのですか。
なべおさんはハービンジャーの申し子かも(笑)。
私は最優先と母優先でブルーメンとマヒナに行きましたよ。
まずはグースベリーの立て直しに期待ですね。
玉藻十
2015/09/21 21:45
玉藻十さん、こんばんは。

愛馬の引退と言うのは必ず発生する
わけですが、やはりさびしいですね。
ま、仕方ないことですが。

今年の場合、別に意識はしなかった
のですが、結果的にハービンジャー
産駒になってしまいました。

玉藻十さん、マヒナの14に投票された
んですね!ブログの方でもコメントを
していますが、なかなかイイ馬体だな
と思ったんですよ〜
近くで見ていた複数の会員さんたちも
イイなぁ〜とおっしゃっていたので、
間違いございません!!!

お互い、愛馬たちの健やかな成長を
期待したいですね!
なべお
2015/09/21 22:30

コメントする help

ニックネーム
本 文
ジュモートリステ 引退 & 5戦目 観戦記 なべおの歳時記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる