なべおの歳時記

アクセスカウンタ

zoom RSS 2015年キャロットクラブ募集馬見学ツアー 【 ノーザンファーム Y9&10編 】

<<   作成日時 : 2015/09/10 16:53   >>

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

さぁ、募集馬の見学はこのステージで最後。
毎年感じることですが、時間がアッと言う間に過ぎる!



ノーザンファーム Y9&10

<募集馬メス>
02. ジンジャーパンチの14
04. リュヌドールの14
05. イグジビットワンの14
06. メジロダーリングの14
07. ラクカラチャの14
10. スナップショットの14
16. クレヨンルージュの14
18. メジロフォーナの14
19. エンシェントヒルの14
26. フォルテピアノの14
36. クリンゲルベルガーの14
47. ココシュニックの14
53. インパクトゲームの14
58. エポキシの14
66. ヴァイスハイトの14
67. シーズアンの14
73. ラフィントレイルの14
75. アビラの14
79. ブルーメンブラットの14
84. ローカスの14



このステージも豪華メンバー揃いでしたが、
まずはジンジャーパンチの14からにしましょうか。
画像

画像

画像

前肢の動きがわずかに硬めかなと思いましたが、
まぁ、誤差の範囲なのかも。

身のこなしそのものはしなやかに見えましたし、
歩様の大きさは目立ちましたね。

さすがは良血馬だなと言った印象でした。

母馬の産駒は軽量な傾向にあるので、
この馬が小柄なことも気にしなくて良いでしょう。







続いて大注目の1頭、アビラの14です。
画像

画像

画像

血統的にもなかなか妙味があると思いましたが、
実馬のデキがこれまた素晴らしい。

前肢の動きは若干硬めかもしれませんが、
力強い後肢の踏み込みが印象的。

首を使って活気ある大きな歩様を披露していました。

半兄ジェベルムーサの活躍ともあいまって、
人気すること間違いなしでしょう。







さて、この馬の取捨はなかなか悩ましいところ。
リュヌドールの14です。
画像

画像

画像

背が高くバランスの良い馬体は、
いかにも中長距離向きで大物感が漂っていました。

前肢の可動域は広く、
力強い後肢の動きで歩様が大きく見えます。

これだけなら「即買い」と言っても良いのですが、
問題は前脚の動きなんですよねぇ〜

DVDでもハッキリと見て取れましたが、
左前脚をかなり外側に振り出して歩くクセがあります。
(実馬の歩く姿も全く同じでした。)

  これはハーツクライ産駒の特徴で問題なし。
  父馬にソックリな歩様と言う意味でむしろプラス材料


と言うのが担当スタッフさんのご説明でしたが、
正直、どこまでノッて良いものかボクには判断つかず・・・。







事前検討で有力候補に挙げていたのが、
活躍馬アールブリュットの半妹イグジビットワンの14
画像

画像

画像

けっこう人気も集めているようですが、
ボクとしては何となくピンとこなかったんですよね。

馬体や動きなど特に悪いところもありませんでしたし、
条件面についてもクリアしている有力な1頭。

でも、これは理屈ではなく感覚の世界なんですけど、
「愛馬にしたい感」があまり湧かなかったんです。

自分でも不思議なんですけど、
こう言うケース、実はけっこうあるんですよね・・・。







もう1頭、このステージで有力候補にしていたのが、
スナップショットの14です。
画像

画像

画像

実馬の雰囲気はどうなのかなと思って会いましたが、
なかなか良かったんですよ〜

馬体は柔らかそうな筋肉で覆われており、
前肢・後肢を大きく動かして弾むような歩様。

馬体重はすでに460Kgを超えており、
遅産まれのビハインドも気にしなくて良さそうです。

しかも半兄ヤングマンパワーは重賞戦線で活躍中と、
血統面でのプラス材料もあるんですよね。


あとはハービンジャー産駒特有の緩さ解消と、
中央場所の芝にどこまで対応できるかがカギでしょう。







さてここでも超穴馬的存在をご紹介しますかね。
それはクリンゲルベルガーの14
画像

画像

事前検討では100%ノーマークだったんですけど、
周回展示での動きを見てちょっとビックリ。

前肢をしなやかに動かしながら活気ある歩様を披露し、
なかなかどうしてじゃないの〜と思わせてくれました。

トーセンホマレボシ産駒と言うことで、
ディープの血がなせるワザなのかもしれませんね。







この他にも好感を持った馬が数頭いますので、
簡単にご紹介しておきましょう。

ブルーメンブラットの14
前肢がスムーズに動き、首を使ったリズムの良い歩様。
馬体はオシリにボリュームがあって力強い印象。
画像

画像




クレヨンルージュの14
活気があり歩様が大きい。
芝・ダート兼用ではとの担当スタッフさん見解だが、
ある意味、器用貧乏になっちゃうかも・・・。
画像

画像




エポキシの14
好バランスの馬体かつしなやかで大きな歩様。
画像




ところでNFのスタッフさんがおっしゃっていたのですが、
今後の馬産のキーワードは「母父ディープインパクト」とのこと。

過去数年、ディープには続々と良い繁殖牝馬が配合され、
産まれた良血牝馬が競争生活を終えて繁殖に入り始めています。

これは現在ブルードメアサイアーリーディングを独走中である、
サンデーサイレンスと全く同じ道をたどっているわけです。

つまりディープ牝馬と合う種牡馬は何か?
それが近い将来、生産界の最優先課題になるはずだと。

う〜む、ナルホド。確かにその通りかも。
こうしてどんどん血の更新が進んでいくんですねぇ〜。






と言うことで今年の見学ツアーはこれにて終了。

魅力を放つ多くの若駒たちに会うことができて、
本当に楽しい時間を過ごしました。

これで全募集馬が幸せな競争生活を送れれば、
言うことないんですけどね・・・。


なおボク自身はすでに1次募集投票済みで、
おそらく無風決着になるだろうと推定しています。

どの馬に投票したのかは日を改めてお話しましょう。


あ〜もう来年のツアーが待ち遠しいな〜

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
面白い
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
はじめまして!今年のキャロ出資馬の選定の際に、こちらのブログを参考にさせていただき、その御礼を申し上げたくコメントを残させていただきました。いつもとても読み応えがあり、定期的に立ち寄らせていただいてます^^
まっきー
2015/10/01 14:01
まっきーさん、はじめまして。
お越しいただきありがとうございます〜

まぁ、ボクのご報告など「素人の戯言」
でございますので、見学の楽しい雰囲気
さえ伝わっていれば幸いでございます。

今年も壮絶な抽選大会だったようですが、
まっきーさんは無事にお目当ての募集馬を
確保できたのでしょうか?お互いの愛馬が
元気に無事に成長してくれれば良いですね!

と言うことで、よろしければまたコメント
を書き込んでくださいね〜
なべお
2015/10/01 22:00

コメントする help

ニックネーム
本 文
2015年キャロットクラブ募集馬見学ツアー 【 ノーザンファーム Y9&10編 】  なべおの歳時記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる