なべおの歳時記

アクセスカウンタ

zoom RSS 2015 キャロットクラブ プレミアムパーティー 【マッサビエル関係者編】

<<   作成日時 : 2015/06/08 22:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

さて、ボクにとって今回のパーティー最大のヤマが、
小笠センセのタイホと取り調べでした。

マッサビエルと間近に対峙している小笠センセから直接、
ここまでの経緯と今後をぜひともうかがってみたい!



会場内のパトロールを始めると、
地味〜な風情で佇む小笠センセをすぐに発見。

醸し出すあの雰囲気から饒舌とは考えづらいが、
さて、ボクの質問にしっかりお答えいただけるだろうか・・・。

ひとまずここはしばらく泳がせ、
身柄確保の機会を待つことにするワタクシ。


すると、そんなこととは露知らず、
ノンキに稲庭うどんをすすり始めた小笠センセ。

うむ、ここだな・・・。ヨシ、突入!!!



な 「マッサビエルを2つも勝たせていただきありがとうございます!」
小 「あ、いえいえ、そんな、ハイ・・・。」
な 「なかなか強い勝ち方をしてくれて感激してます。」
小 「いや〜、ねぇ、良かったです。」
な 「緒戦はいきなりビックリしましたけど、結果は勝てて。」
小 「あんなところからねぇ。どうなるかと思ったけど。」
な 「デビュー前はダートでも、なんて話を牧場で聞きまして。」
小 「あぁ、ハイ。」
な 「それが芝であんな勝ち方をしてくれて。」
小 「いや〜馬がスゴいもんで、最近はこっちが硬くなっちゃってます。」


う〜む。予想通り、会話の反応はイマイチと言ったところか。
でもそれほど口が重い感じではなさそうだナ・・・。


な 「もうトレセンに戻ってきているようですね。」
小 「えぇ、先日は追い切りもこなして。」
な 「ハイ。うかがっています。」
小 「まずは順調に来ていますよ。」
な 「やっぱり馬体はまだ緩いって感じなんですか?」
小 「そうですね、まだまだこれからの馬ですね。」

な 「ところで次は芦ノ湖特別とのことですが。」
小 「えぇ、そうなる予定です。」
な 「ジョッキーはまだ未定って感じで・・・。」
小 「いえ、まぁ、前走と同じと言う方向で・・・。」
な 「おぉ!ホントですか?!」
小 「まだ決まってはいませんが、そう言うことになるかと。」
な 「それは心強いですねぇ。」
小 「そうですね。」

な 「で、秋以降はどんな形になる見込みでしょうか?」
小 「まぁ、条件戦をコツコツとね。」
な 「あの〜、仮に、と言うことで良いんですけど・・・」
小 「ハイ。」
な 「芦ノ湖特別をうまくクリアできたとしたら・・・」
小 「ハイ。」
な 「秋はセントライトで始動なんてのはありえますか?」
小 「う〜ん、ま、そう言う選択肢もあるでしょうね。」
な 「おぉ!そうですか!」
小 「まぁ、大目標とするなら・・・」
な 「ハイ。」
小 「秋のね、長いところの・・・」
な 「もしや、花の名前がレース名に付くヤツ・・・」
小 「えぇ、えぇ、そう言うことですんでね。」
な 「うわぁ〜ハイ、ハイ、了解です!」
小 「ま、とにかく大事にやっていきますんで。」
な 「ハイ。よろしくお願いします!」



序盤はやや緊張気味ではありましたが、
話して行くうちに段々と小笠センセも調子が出てきた様子。

次走のジョッキーや秋以降のプランについてなど、
ぜひともお聞きしたかった生情報を提供していただけました。


特にセンセご自身の口から直接お聞きした、
  
  「大目標はレース名に花の名前が付くあの長距離戦」
との一言には、正直、かなりシビれましたねぇ。
(まぁ、実際にはボクの質問に対してセンセが肯定しただけですけど・・・)


いやはや妄想ばかりが膨らんでしまいますが、
まずは目の前の芦ノ湖特別ですね。

引き続きあのトップジョッキーが乗ってくれるようですし、
良い形で秋に挑めるような結果を期待したい!





さて、これはあくまでもボクの勝手な印象なんですが、
小笠センセって、純粋に馬が好きなのかもしれませんね。

大きなレースを勝ちたいとか、大物を育て上げたいとか、
そんな野心みたいなモノは薄いタイプなのではないでしょうか。

  コツコツと丁寧に馬を仕上げ、
  コツコツと自己条件をクリアしていく・・・


馬を壊すことなく能力をできる限り引き出す、
そんな厩舎運営を目指しているような気がしました。


マッサビエルのパフォーマンスを目の当たりにして、
「こっちの方(厩舎)が硬くなっちゃってます」なんてねぇ。

なんて頼りないことを言うんだ!と感じる人も、
実際のところ少なからずいるでしょう。

ただ直接お話してみたボクとしては、
そうしたネガティブな印象はありませんでした。

むしろ、そうなっちゃうほど走る馬なんですよ〜、
と喜んでいらっしゃるのかなと思ったんですけどね。


いずれにしても大事に使ってくれそうですので、
そう言う意味ではお任せできる先生だと感じました。

なので少々無理をしてもクラシックに乗せたい!
と言う希望をお持ちの会員さんには向かない厩舎かも。

ま、ボク自身としては好感を持てる方針ですけどね。





さて、マッサビエルにとってどんな秋シーズンになるのか?
本当に楽しみになりました。

じっくりと見守りつつ、熱く応援して行きたいと思います!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
なべおさん、こんばんは。
小笠先生への突撃取材ありがとうございます。
一昨日の小笠先生はゆっくり食事もできないくらいマッサビエルの出資者の方に声をかけられたんじゃないかと思います。
やはり芦ノ湖特別は戸崎騎手なんですね。次はメンバーも手強くなるし簡単ではないでしょうが、ここで結果を出せば戸崎騎手と菊花賞まで、いやこの先ずっとコンビを組んで欲しいです。
芦ノ湖特別のレースレポートもよろしくお願いします。
づっちゃん
2015/06/09 00:23
づっちゃんさん、こちらへもコメント
下さりありがとうございます。

小笠センセ、やはりポツポツと声を
かけられていらっしゃったようです。

できれば芦ノ湖特別はクリアしておき
たいところですが、古馬との初対戦に
なりますし、おっしゃるように簡単な
戦いではないでしょう。

まぁ、クラシックにこだわらなければ
選択肢はいろいろあると思いますし、
馬にとってベスト(もしくはベター)な
判断をしてくれれば良いと思ってます。

とにかく芦ノ湖特別が楽しみですね!
なべお
2015/06/09 23:06
なべおさん、こんにちは。

私もパーティーへは参加していたのですが、料理を黙々と食べ続け気がついたら厩舎関係者からのプレゼント抽選会になっていました(笑)
全く意地汚くてお恥ずかしい限りです。

ですから、小笠調教師や勝浦騎手からお話しが聞けませんでしたので、なべおさんのインタビューの内容が聞けて良かったです。

来週は芦ノ湖特別。
初の古馬との戦いは一筋縄では行かないでしょうが、頑張って貰いたいですね!
V8
2015/06/14 11:25
V8さん、こんにちは。
本文にも少しコメントしましたけど、
以前はすぐにお食事がなくなり、常に
ハラペコで会場内をウロウロしました。

前回くらいからそう言った点は解消して
きましたし、食べることもパーティーの
楽しみの1つだと思いますよ。

ま、そうは言っても関係者と接触できる
ことが最大の魅力ですからね。ボク自身
としては食事には目もくれずに会場内を
歩き回っています。

芦ノ湖特別、楽しみですね。
注目していた鞍上も戸崎騎手と言うこと
ですし、陣営側の期待が現れているもの
と思っています。良馬場になってほしい
ところですが、さてお天気はいかに。
なべお
2015/06/14 12:15

コメントする help

ニックネーム
本 文
2015 キャロットクラブ プレミアムパーティー 【マッサビエル関係者編】 なべおの歳時記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる