なべおの歳時記

アクセスカウンタ

zoom RSS 改めて振り返るなべおの2014年

<<   作成日時 : 2015/01/12 13:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

みなさま、あけましておめでとうございます。

今年も昨年同様、ブログの更新頻度を上げられないのですが、
マイペースでボチボチやっていこうと思います。



さて、みなさまも薄々感づいていらっしゃるかと思いますが、
2014年の愛馬戦績はワタクシの一口馬主史上最高となりました。

あまりにも好成績過ぎてちょっとコワイくらいだったのですが、
ま、こんなことは10年に1度の珍事でしょうね。

せっかくなので昨年の愛馬たちの活躍を今一度振り返り、
その余韻を存分に楽しんでみたいと思います。





【 総括 : 1年を通じて愛馬が出走、勝ち星を積み重ねる! 】

詳しいお話をする前に、まずはザッと数字を並べてみましょうか。

〜 2014年 愛馬の戦績 〜

7-3-2-3-3-11
    6頭がトータル29戦に出走
    うち4頭が計7勝

画像



1年を通じて各馬なりに順調だったナと言う印象で、
コンスタントに出走を重ねてくれました。

1頭も出走しなかったのは10月だけで、
年間の総出走数29戦は過去最高の結果です。

基本的に愛馬出走時は競馬場に足を運んでいますから、
そりゃ、ボクの方が忙しくなるのも当然ですよね。


そして年間7勝を積み上げると言う、
ボクにとっては空前絶後の快挙を成し遂げてくれました。

キャロットクラブに入会した2007年からの7年間で、
愛馬の総勝ち星が5勝でしたからねぇ。

それが2014年の1年だけで7勝ですから、
ボクにとっていかにスゴい数字かがおわかりでしょう。

また5着以内および8着以内の割合もともに50%を大きく超え、
全体的に好走が多かったこともうれしいデータです。





【 3歳勢(明け4歳)が大活躍! 】

この好調の要因は何と言っても3歳勢(明け4歳)の大活躍。

レイズアスピリットの3勝にファドーグが2勝と、
この2頭だけで5勝を荒稼ぎ。

ちなみにこんな記録も達成してくれたんですよ〜

  愛馬初の連勝 (ファドーグ)
  愛馬初のオープン・準オープン入り
  愛馬初の重賞出走 (ファドーグ)
  愛馬初の特別戦勝利 (レイズ)


特別戦や重賞でも好走してくれましたし、
心身ともに大きく成長したことを実感できました。

どちらの馬もまだまだ伸び代を残していますから、
今年は「主役」としてがんばってほしいと思う今日この頃です。

で、目標と言うより「夢」なんですけど・・・

  ファドーグ      → ラジオ日本賞出走
  レイズアスピリット → ステイヤーズS出走

これがかなったらうれしいなぁ〜
ますます妄想が膨らみます!





【 2歳勢(明け3歳)も素質を感じさせるデビュー! 】

また年末にデビューした2歳勢(明け3歳)も好調で、
春に向けての過程が注目されます。

まずは何と言ってもマッサビエルでしょう。

落馬寸前の不利を受けた上に前残りのレース展開、
それを後方から差し切ったわけですからねぇ。

相手関係のレベルを考慮したとしても、
妄想せずにはいられないパフォーマンスでした。


実はレース後に検量室前で目撃したのが、
カツミさん−小笠センセ−社員さんの密談シーン。

新馬勝ち、それもアクシデントを乗り越えてのものですし、
安堵感や喜びがその場を漂っているはず。

「和やかに談笑」とか「危うく落馬だったなぁ的な苦笑」とか、
普通ならそんな雰囲気になると思うんです。

でもカツミさんにも小笠センセにも笑顔はなく、
むしろ引き締まった表情だったようにお見受けしました。

もちろんどんなお話をなさっていたのかはわかりませんが、
この状況下で笑顔が無いと言うことは・・・

  この程度で喜んではいられない、
  と言うマッサビエルへの大きな期待ゆえか・・・


  もしくは全く関係のないお話をしていたか・・・


ま、ボクとしましては・・・

「ヨシ、これからだゾ!」とカツミさんが気合いを入れ直していた、
そんな風に解釈したいと思います。


「衝撃のデビュー戦」が「伝説のデビュー戦」に変わるのか?
いずれにせよ次走のパフォーマンスには大注目です。



これよりひと足先にデビューしたウォークロニクルも、
2着ながらまずまずのレースぶりでした。

このレースで勝ったヤングマンパワーですが、
2歳OP特別ジュニアCで3着と好走しているんですよね。

これをモノサシにして考えれば、
ウォークロニクルも未勝利では能力上位のはず。

まずは馬体をしっかりと造って、
良いコンディションで次走に臨んでほしいですね。





【 古馬勢もがんばってぇ〜! 】

これまでボクの愛馬陣を牽引してきてくれた古馬勢は、
さすがにピークは過ぎたなと言う印象を強くした年になりました。

ピグマリオンは年明けから春先まで好調をキープ、
4月には福島で3勝目を挙げてくれました。

しかしその後は掲示板の確保すら厳しくなり、
「ミスター掲示板」と言う称号を忘そうな状況に。


これは個人的な推測なんですけど、
陣営側の方針が変わったんじゃないかと思っています。

「勝ち負け」を目指すのではなく、
「出走数の積み上げ」が目標になったのではないかと。

つまり期待するのは必ずしも1着ではなく、
8着以内を意識して出走数を稼ぐってことですね。

でもこれはこれで「あり」かなと思いますし、
それに対応できるピグも立派だと思うんですよね。

今年も元気な姿を何度も競馬場で見せてくれれば、
ボクとしてはそれだけで十分です。



一方、「迷える姫さま」がスペクトロライト。

2014年は1月に4着と言う結果を残しましたが、
以後4戦続けて惨敗に終わりました。

いずれも馬体的にはまずまずのデキに見えましたし、
レースぶりもそれほど悪いモノではなかったと思います。

ただ、肝心な勝負どころから進んでいかないと言う感じで、
どうにも不完全燃焼なレースばかりでした。


堀センセはどちらかと言うと馬体の状態が敗因で、
調子が上向けば好走できるとの見解です。

ただこの馬は精神状態が馬体に大きく影響するので、
結局のところ精神面が課題なのではないでしょうか。

姫は走る気や闘争心を忘れかけている・・・
と言うのがボクの個人的な見解なんですけどね。

レースで活き活きと走る姿を見たいなぁ・・・。



また、できれば・・・と言うよりもぜひにと言う感じですが、
芝での走りをもう1度見たいんですよね〜

しかしながら年末に脚元の不安が出てしまいましたし、
実現の可能性はさらに低くなったでしょう。

ま、幸か不幸かこのお陰でNF早来に戻りましたので、
心身ともに改めてリフレッシュしてほしいところ。

今年は決断を迫られる年になりそうですので、
次走の結果は大きな意味を持つかもしれません。

しっかり態勢を整えて臨んでほしいですね。







と言うことで各馬の事情はいろいろありますが、
とにかく今年も楽しみな1年になりそうです。

ま、別にたくさん勝てなくても良いので、
元気な姿を競馬場で見せてほしいですね。

今年も愛馬たちをしっかり応援していきます!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
なべおさん、こんにちは(⊹^◡^)ノ

年間7勝ですか。
凄い数字ですね。私も昨年は出資した2頭のアールブリュットとマッサビエルが新馬勝ちしてくれる嬉しい年でしたが、その前は過去7年で4勝しか出来ませんでした。
7勝するのには可なりの年月を要する感覚です。

今年は更なる躍進を期待したいですね!
私も是非あやかりたいと思います。
           それでは、また(o・・o)/~
V8
2015/01/15 00:37
V8さん、こんばんは。

まぁ、7勝はデキ過ぎですよねぇ。
奇跡とか珍事とか、そんな感想しか
出てきません、ホントに。

毎年、1歳馬募集の時期にはお話して
いますが、競馬場で愛馬の元気な姿
をなるべく多く見たい、と言うのが
ボクの希望ですからね。勝つことに
それほどはこだわっていないので、
昨年の結果にはなおさら驚いてます。

ま、そうは言ってももちろん勝って
くれるのはかなりうれしいですよ!

今年もお互いの愛馬が活躍するよう、
応援していきましょう!
なべお
2015/01/15 23:01

コメントする help

ニックネーム
本 文
改めて振り返るなべおの2014年 なべおの歳時記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる