なべおの歳時記

アクセスカウンタ

zoom RSS ウォークロニクル デビュー戦 観戦記

<<   作成日時 : 2014/12/14 17:47   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012年産愛馬の先陣を切って、
昨日12/13(土)中山6Rでウォークロニクルがデビューしました。


ゆっくりめのスタートから道中は中段後方で折り合い、
最後の直線に入ると素晴らしい脚で追い込み2着でゴール。

育成時代からカイバ食いが細く、
トレセンに入ってからも馬体の維持に苦労。

今回のデビュー戦もかなり不安の大きい初陣でしたが、
「上々の船出」と言っても良いのではないでしょうか。



では当日の様子をご報告していきましょう。









この日の中山は冬晴れの気持ち良いお天気。
絶好のデビュー日和でしたよ。
画像




グリーンチャンネルのパドック中継は、
進行が築山サン、解説が弥永氏と言う布陣。
画像




おぉ!なんとなんと、ウォークロニクルの馬体重は410Kg!!!
画像

厩舎サイドの尽力に早くも感激するワタクシ。

絶対に400Kg未満で出てくると思っていたので、
410Kgなんて頭の片隅にもない数字でした。

この馬体重を見た時点で、
「ある程度はやれるかも・・・」と淡い期待が。





さぁ、ウォークロニクルがパドックに姿を現しました!
画像

画像

画像

かなり貧弱な馬体なのかと心配していたのですが、
思っていたよりは見られる状態でした。

もちろん腹周りは明らかに細く映りましたし、
他のメンバーと比べれば小ぶりなオシリです。

それでも馬体のバランスは悪くなく、
この馬なりにオシリのボリューム感はありました。

後肢の踏み込みはまずまず深く、
気配はけっこう良かったように思います。



そして意外だったのは気性面。
画像

パドックでは「お戯れ」が一切なく、
集中力を感じさせる落ち着いた周回を披露。

むしろ、もう少しうるさくても良いのでは?
と思わせるほど。

ウォーエンブレム産駒は気難しいイメージがあったので、
この優等生ぶりにはちょっと驚きました。





ところで。
このレースで1番人気だったのがロイヤルスピリッツ。
画像

父ハーツクライ 母ロイヤルティアラと言う血統なのですが、
実はボクが一口馬主の世界に入って最初の愛馬の半妹なんです。

ロイヤルティアラ直仔で、
しかも2歳馬が存在するとはビックリしたなぁ。

後から調べてみたらロイヤルティアラは現在23歳!
いや〜本当にリッパなオッカサンです!





止まれの号令がかかって鹿戸先生のファイナルチェック。
画像

何とか無事に出走にこぎつけたと言うことで、
ヤレヤレ感が漂っていますよね。



斉藤誠センセに見送られつつ、
いよいよ中山の馬場へと向かいます。
画像








人馬が中山の芝コースに出てきました。
画像

画像

画像

今後の競争生活を大きく左右する可能性のあるデビュー戦で、
ノリ騎手がパートナーを務めてくれるのは心強いですねぇ。

今後も・・・いや、そんな贅沢は言いませんので、
せめてもう1回くらい乗ってくれないかな・・・。



さぁ、方向を変えて返し馬が始まります!
画像

画像

画像

画像

キャンターの脚色がスゴく良かったんですよ〜。

スッ〜と加速したかと思うと、
スムーズにトップスピードへ到達。

ものすごくキレるという感じではないのですが、
回転が良いと言う印象でしょうか。

体が小さくて軽いことに加え、
たぶん良いバネを持っているんでしょうね。







全馬とも無事にゲートインし、
中山6Rの芝1,600m戦メイクデビューがスタート!
画像


ノリ騎手とウォークロニクルはゆっくりめの発馬から、
道中は中段後ろのインコースを確保。

しっかりと折り合って馬群を追走していきます。



3コーナーを過ぎてもノリ騎手は動かず騒がず。
画像




4コーナーに入ってもまだ後方のインコース。
内に包まれたまま脚を余す展開はイヤだゾ・・・。
画像




しかしさすがはノリ騎手。
コーナーをうまく使ってスムーズに外に出したぁぁぁ!
画像




さぁ、ここからどこまでポジションを上げていけるか!?
画像


レースは馬番10番ヤングマンパワーがすごい脚で追い込み、
アッと言う間に先行勢を捕えていく展開。

未だ後方のウォークロニクルとはちょっと差が開き始めます。



ところが坂を上りきると、
ノリ騎手のムチに応えて我が愛馬もグイグイ加速!
画像

画像

先頭に踊り出たヤングマンパワーを目掛け、
ウォークロニクルが迫って行く!



しかし時すでに遅しでヤングマンパワーが先頭でゴール、
ウォークロニクルは2馬身差の2着で入線。
画像




最終的な結果はこんな感じ。
画像








戦い終えた人馬が戻ってきました。
画像

画像

どことなくノリ騎手が納得の表情に見えませんか?



レース後も落ち着いていましたね。
比較的静かに馬装をほどかれていましたよ。
画像




いや〜とにかくがんばってくれました〜
お疲れちゃ〜ん!
画像











馬体のデキが心配で不安が先行していましたが、
無事に1周してくれたことにホッとしました。

しかも能力を感じさせてくれる結果になりましたし、
良いデビュー戦だったと思います。



カイ喰いが細いために強い調教を課せず、
直前も馬体維持に専念せざるを得ない状況。

決して良い過程で臨んだ1戦ではありませんでした。


最後に急坂があって力が要求される中山の馬場も、
小柄なこの馬には厳しい条件のはず。

しかしメンバー中2位タイの34.3秒で上がり3Fを走破、
しかも牡馬に混じっての2着ですからね。


レース後のノリ騎手は課題を指摘しつつも、
能力を評価するコメントを残してくれています。

鹿戸先生もノリ騎手のコメントに喜んでいましたし、
これはもう、十分過ぎる結果だと言って良いでしょう。



し・か・し。

いかに馬体を維持、そして増やしていくか?が、
この馬にとって最大の課題であることは変わりありません。

むしろその課題が改めて浮き彫りになったとも言えます。


今回レースを経験したことで、
馬が良い方向に変わってくれれば良いんですけどねぇ。

逆に気難しさが表に出てくる可能性もありますし、
心身ともにまだまだ油断はできません!


レース後はひとまず放牧になるようですので、
この期間で少しでも馬体に実が入ってくれればなぁ。

ぜひ良い休養になってほしいところです。





ま、無事にデビューしてくれただけでも、
十分に喜ばしいことですからね。

しかも今後が期待できるレースを見せてくれましたし、
ウォークロニクルには感謝したいと思います。


ノリ騎手の見解によると東京コース向きのようですし、
個人的にはそれに加えて1,800mくらいが良いと思うんです。

ちょっと調べてみると・・・
02/01(日)に牝馬限定の芝1,800m戦があるナ〜

なんてちょっと気が早いか・・・。
とにかく次走もしっかり応援するゾ!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ウォークロニクル デビュー戦 観戦記 なべおの歳時記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる