なべおの歳時記

アクセスカウンタ

zoom RSS ファドーグ 7戦目 観戦記

<<   作成日時 : 2014/12/08 16:48   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

昨日12/07(日)中山9R松戸特別にファドーグが出走しました。

中段やや後方を追走する展開から最後に追い込んだものの、
勝ち馬から頭+3/4馬身差の3着と言う結果でした。



混戦模様の中で4.6倍の2番人気に推されていましたが、
4ヶ月の休み明けかつ初の古馬混合戦への出走でしたからね。

他にもけっこうハードルがあった1戦での3着ですから、
ボクとしては合格点をつけても良い結果だったと思います。

それに、ファドーグってかなり高い能力を持った馬なのでは?
と改めて感じたレースになったんですよね。

ま、そこの辺りもお話しつつ、当日の模様をご報告していきましょう。










さて、みなさんご存知の通り中山競馬場が改装され、
いわゆる「馬の花道」が設置されました。

ボクも簡単に見てきましたのでまずはそのご報告から。



この馬の花道は「グランプリロード」と言う名称がつけられており、
旧クリスタルスタンドの跡地に設けられています。
画像




写真左手奥の通路がパドックとつながっていて、
馬たちが馬場へ向かって歩いてきます。
画像




検量室はグランプリロード沿いにあり、
レース後に馬を入れる枠場もその前にありました。
画像




馬場の方向を見るとこんな感じ。
画像




で、実際に出走馬たちはこんな感じで通っていきます。
画像


開放感があってなかなか良い空間だなと思えましたよ。

出走直前、直後の馬たちを間近に見られますし、
これはかなり人気のスポットになりそうです。


ただ、パドックからはけっこう距離があるんですよね。

なので周回後の馬をグランプリロードで見ようとすると、
人間の側にかなり脚力がないと厳しいと思います。



と言うことでここらで昼食タイム。
画像
もちろん三幸の豚汁ですよ〜
こうした暖かいモノがおいしい季節になりましたねぇ。



ちなみに・・・松戸特別の勝者に贈られる松戸市長賞を発見。
画像
この腕時計は「GRAND SEIKO」でした。
モデル名はわかりませんでしたが、最低でも20万円はするようです。










さぁ、その松戸特別の出走馬たちが表示されました。
画像
ファドーグは+2Kgの472Kg。

もう少し体を増やしても良いかナと思いますが、
実馬のデキはいかに。




いつも通り、佐藤厩務員に曳かれてファドーグが登場。
画像

画像

画像


今回は1枠1番だったので最初に出てくると思いきや、
気性面を考慮してか最後に入ってきました。

馬体の方は相変わらずバランスの良さが目立ちましたし、
オシリ周りのボリューム感もしっかりありましたね。


ただ、ボク個人としては歩様にモノ足りなさを感じました。

後ろ脚の踏み込みがやや小さく
躍動感もあまり感じられなかったんですよね。

帰宅してから03/21(2勝目)のパドック映像を確認しましたが、
やはりこちらの方が踏み込みも躍動感も良く見えました。


それと、ハッキリした傾向と言うわけではないのですが、
勝ったレースの時は比較的パドックの外目を周回しています。

今回は内側ギリギリを歩いていましたから、
そんなところからも万全ではないのかな?と感じました。



一方、この馬の大きな課題である気性面については、
全く危うさが見られないほど良かったと思います。
画像
画像

闘志を内に秘めていると言った印象で、
終始落ち着いた周回を披露していました。

厩舎サイドでいろいろと工夫してきたことが、
ようやく実を結びつつあるのかも。



止まれの号令がかかって奥平センセのファイナルチェック。
画像




そしてジョッキーを乗せて最終周回へ。
画像




この人がファドーグの鞍上に戻ってきてくれて、
本当に大感激です。いや〜ホントに良かった〜
画像

この1戦に臨むにあたっても2週続けて追い切りに騎乗、
直前のコメントも長文になるなど思い入れが伝わってきました。

愛馬に対してここまで意気込みを表現してもらえるなんて、
出資者としてはうれしい限りですね。

これで先頭ゴールなんてしちゃうとちょっとデキ過ぎかなぁ〜
などと妄想してしまうワタクシ・・・。



最終周回は念のためスタッフさんがもう1人付き添い、
ジョッキーも含めて3人体制で歩かせていましたよ。
画像











人馬が馬場に出てきて返し馬が始まりました。
画像

画像

画像

落ち着いたスムーズなキャンターで駆けて行きました。

前脚のさばきも軽やかに見えましたし、
やっぱり後藤騎手とのコンビがベストだなぁ〜

ここまで気性面の問題は全く出ていなかったので、
良い形でスタートできるだろうと思っていたのですが・・・。







ゲートインが始まると悪いクセが・・・。
画像

ゲート入りそのものはスムーズ(左写真)でしたが、
徐々にうるさくなって後藤騎手が落ちそうになるシーン(右写真)も。



しかしラッキーなことにタイミング良くゲートが開き、
まずまずの発馬でスタートできました!
画像

画像

画像

画像

画像


そのまま先行するかと思っていたのですが、
序盤からけっこう早いペースになったようですね。

後藤騎手は馬なりで徐々に下げていき、
中段やや後方にポジションを確保して1コーナーへ。


道中、先行勢は少しやり合っていたようですが、
ファドーグは後藤騎手としっかり折り合って待機。

向こう正面過ぎから外に出すと徐々に加速し、
3コーナー付近からマクり気味に進出を開始します。



馬群は4コーナー手前へ。

この辺りで後藤騎手は大きく手綱をしごき、
1発2発、ムチも入れて馬を前方へと促します!
画像




4コーナーでは外からグッと力強くコーナリング!
相変わらずファドーグはコーナーでの走りが上手ですね。
画像




さぁ、先行勢を追撃じゃぁ〜!
画像




ところが大外から馬番7番セブンフォースも勢い良く追い込んでくる!
画像




2頭が併せ馬の状態でインの馬たちを次々と抜き去って行く!
画像




セブンフォースは更に力強く脚を伸ばし、
あろうことかファドーグをもセリ落として先頭に踊り出る!
画像


  これって、マズいパターンなんじゃないの?!
  このまま失速して沈んでいっちゃうシーンを良く見るゾ・・・。


などとイヤな妄想がボクの脳内を支配し始めていましたが、
人馬はその状況を覆してくれました!

後藤騎手の最後の檄にファドーグも応え、
ジリジリと脚を伸ばして2着を追い詰めるまで再上昇!
画像

惜しくも2着には頭差だけ届かず、
勝ったセブンフォースにはそこから3/4馬身差の3着で入線。



と言うことで確定しました。
画像






新しい枠場だと、レース後にこんな角度で撮影できます。
画像




最高の結果と言うわけにはいかなかったけど、
悪くはなかったゾ、我が愛馬よ!

とにかくお疲れちゃ〜ん!
画像










この3着と言う結果、陣営側としての見解は、
「ゲートでのお戯れ」がレースにも影響したとのこと。

確かにそうなんだろうとは思いますが、
ボクは馬のデキも敗因の1つだったと思っています。

3〜4コーナーでマクっていく時の反応が少し遅めでしたし、
後藤騎手も軽くですがムチを入れていましたからね。

もちろん走れる態勢には仕上がっていたと思いますが、
もう少し状態を上げる余地は残していたでしょう。





冒頭にもお話しましたように、
今回は4ヶ月の休み明けで古馬との初対戦。

それなりにハードルは高かったわけで、
各要素が噛み合わないと勝てない1戦だったはず。


ただ何度も言うようにファドーグは気性面に課題があり、
追い込んだ調教をかけにくい状況だと思います。

しかも休み明けで馬が興奮する確率は高いですし、
なおさら加減した仕上げになると思うんですよね。


一方でゲートの練習をしっかりやって進境が見られるので、
その分、デキがイマイチなところをカバーできる・・・

それが陣営側の目論見だったのではないでしょうか。


しかしそんな期待に反してゲートでのお戯れが出てしまい、
気負ったままスタートすることになって勝ち切れなかった・・・

と、ボクはそんな感じに推測しているのですが、
実際のところはどうなんでしょうかね。



ところでそうしたややネガティブな状況にありながらも、
ファドーグは3着と上位での入線を果たしました。

その他にも少し整理してみますと・・・

  人気馬は総崩れで掲示板確保はファドーグのみ
  2着および4〜5着は先行勢の前残り
  3歳勢ではファドーグが最先着
  ファドーグの上がり3Fタイム37.9秒は2位タイ

つまり勝てはしなかったものの、
なかなか強い競馬をしていたことがわかります。

なので「馬のデキ」か「落ち着いたゲートイン」、
どっちかが噛み合えばこのクラスを卒業できるんじゃないかなぁ〜


ただし結局のところどちらもカギを握るのは気性面、
と言うことなんですよね。

しばらくは時間がかかるかもしれませんが、
陣営側には粘り強く対応していってほしいと思います。

何とか後藤騎手とのコンビも継続していただき、
二人三脚で取り組んでいってほしいなぁ。



とにかくまだまだ期待を持てる馬ですし、
次走も楽しみにしたいと思います。


その次走は年明けですかね・・・

ま、続戦してほしい気持ちもありますが、
馬の状態最優先で判断をお願いします!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
惜しかったですね〜
後藤騎手もようやく軌道に乗ってきた感じがしますし、このコンビでの快進撃を期待していますよ。
次走はやっぱり年明けでしょうか?

写真もずいぶんと色々なアングルが増えましたね。
やはりグランプリロード効果は大きそうですね。



ちなみに三幸といえば、甘党の私はおしるこ、あんもち、からみもちです(笑)

中山は場所が良いですが、東京は4階に移転したので、買いにいくのがメンドーです(^_^;)

昔の東京競馬場には三幸の売店があちこちにあって、よく買っていたんですが…
玉藻十
2014/12/09 13:51
玉藻十さん、こんばんは。
やっぱり後藤騎手とのコンビがしっくり
来るな〜と改めて実感しました。気性面
が大きな課題の馬ですので、何とかして
このまま乗り続けてほしいところです。

ボクも府中の三幸で豚汁を買ったことが
あるのですが、中山とは違ったんだよな〜
まぁ、慣れみたいな部分もあるでしょうが、
ボクは中山の豚汁の味が好みみたいです。

おしるこ、ボクも嫌いじゃないんですよ〜
次、馬券で勝ったら食べようかな・・・。
なべお
2014/12/09 22:54

コメントする help

ニックネーム
本 文
ファドーグ 7戦目 観戦記  なべおの歳時記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる