なべおの歳時記

アクセスカウンタ

zoom RSS ファドーグ 5戦目 観戦記

<<   作成日時 : 2014/07/19 11:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

すでに先週のことになってしまいましたが、
ファドーグの5戦目についてご報告したいと思います。


2連勝した時のパフォーマンスが評価を受けた模様で、
当日は断然の1番人気。

しかし残念ながら馬券圏内に入ることはできず、
5着での入線となりました。


まぁ、期待ハズレと言えば期待ハズレだったわけですが、
敗因は気性面にあったようですからね。

能力を出し切っての結果ではなかったと思えば、
それほど致命的な敗戦ではなかったような気はします。


それではモニタ観戦の様子をご紹介していきましょう。






この日は+8Kgの474Kgで出走。
画像

ボクはこのプラス体重を好意的に受け取りましたが、
調教不足と判断する方々も少なくなかったようですね。

結果的には後者の見解が正しかったのかも。



パドックでは落ち着いた周回を披露。
画像

画像

リズム良く歩いていましたし、
休み明けにしては悪くないナと感じました。



ところが・・・。

レース後の陣営コメントによると、
ファドーグは装鞍所で大興奮状態だったそう。

奥平先生も加わって馬を抑えたようですが、
それでもかなり苦労した様子が報告されていました。

全然、そんな様子はなかったんだけどなぁ〜



ボク以外のみなさんもそんな裏話は知るヨシもなく、
見事に2倍台の1番人気に支持されてます・・・。
画像




返し馬でも目立った悪さはしていなかったと思います。
画像

画像








さぁ、福島最終レースの彦星賞が発走です!
画像




スタート!
北村(宏)騎手とファドーグは五分の発馬。
画像




先行争いがやや激しくなりそうだったためか、
北村(宏)騎手はその直後の位置を選択しましたね。
画像




それほど差のない8番手前後を追走していきます。
画像




道中は折り合っていた様子で、
落ち着いてレースを運べていたと思います。
画像




3コーナーを過ぎると仕掛け始め、
マクリ気味に外から前方へ進出していきます。
画像

画像

画像




射程圏内に先頭グループを見る形で直線へ!
画像




大外から脚を伸ばしてきたオリオンザジャパンと共に、
併せ馬で上がっていく・・・
画像




と思いきや、ファドーグは置いていかれてるぅぅぅ〜
画像




何とか4番手グループには留まっているものの、
優勝争いに加わるのは難しい情勢に。
画像




できれば掲示板だけは確保してほしいけど、
外から虎視眈々と狙っている馬が・・・。
画像




やっぱり!!!
馬番7番クラーロデルナが追いついてきた〜
画像




レースの方は実績上位のオリオンザジャパンが完勝。
画像




2着以下は差がない入線となりましたが、
ファドーグは最後にクラーロデルナに差されて5着。
画像




いくらオリオンザジャパンに馬体を併せても、
ゴール後じゃ”時すでに遅し”だよ・・・。
画像




ひぇ〜シャッターを切るタイミングが悪かった〜
一応、確定結果を撮影したつもりです。
画像









陣営側も勝つ気満々で臨んだようですが、
直線で弾けず5着と言う結果でした。

結局のところ装鞍所での「お戯れ」が敗因との結論で、
この馬の気性面での危うさが出てしまったと言うことですね。

レース後、馬はケロッとしていたそうですから、
まともに走っていなかった可能性が高いでしょう。

それでも5着に入っちゃっているわけですし、
逆にこの馬のポテンシャルの高さを実感させられました。

ま、マジメにさえ走ってくれれば、
このクラスの突破には苦労しないんじゃないかな・・・。



以前にもお話したことがありますが、
ファドーグは「初モノ」に弱い傾向があると思うんです。

初めての競馬場で出走した時は気性面でのトラブルが出て、
レースで能力を発揮できずに負けています。

なのでプリンシパルSでの惨敗も芝適性うんぬんより、
初競馬場+初騎手と言う点が大きかったのでは?


ただ、中山では2戦目からキチンと結果を出してきましたし、
1度経験すれば解消できるだろうと言うのがボクの見解です。
(それだけ賢い馬なんでしょうね。)

よって次に東京もしくは福島で出走する時は、
好走することができるだろうと個人的には考えています。



もしこの推測が正しいとすると、
次走に予定されている新潟がちょっと心配です。

またもや初めての競馬場になりますからね。

いくらバッチリ調整できたとしても、
装鞍所でまたもや「お戯れ」と言うこともありえます。


そこで、なんですけどね、ボクの勝手なアイデアなんですけど、
出走週にスクーリングしたらどうかなと思うんですよね。

装鞍所〜パドック〜馬場入場まで曳いて1度経験しておけば、
レース当日に大騒ぎすることはないんじゃないかと。

ぜひ試してみてほしいなぁ。



とにかく間違いなく高い能力がある馬ですので、
レースで実力を安定して発揮できるようにしたいところ。

次走、どんな対応策を打ってくるのか、
奥平先生の手腕に期待したいと思います!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ファドーグ 5戦目 観戦記  なべおの歳時記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる