なべおの歳時記

アクセスカウンタ

zoom RSS スペクトロライト 8戦目 観戦記

<<   作成日時 : 2014/01/14 16:04   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

昨日01/13(祝)の中山8Rに出走したスペクトロライトは、
5馬身差+クビ+クビの4着入線。

勝つことはできませんでしたが、
昇級初戦であることを考えればまずまず。

これまで休み明けは惨敗する傾向があったので、
掲示板を確保できただけでも合格点をあげたい気持ちです。

他にもプラス材料、マイナス材料を垣間見た1戦でしたが、
まずは観戦してきた様子をご報告しましょうか。






この日は澄み渡る青空の競馬日和。
画像

ただ、さすがに日陰に入ると寒かったなぁ。
空気や風はかなり冷たく感じました。




まずは単勝\1,000を購入。
画像





昼ごはんはこんな感じ。
画像

セブンイレブンのこだわりおむすびって、
昔の方がおいしかったような気がするなぁ・・・。






パドック進行はグリーンチャンネルがウメダ姉さん、
ラジオNIKKEIが小島さんのようです。
画像





8Rの出走馬に表示が切り替わりました。
画像

事前の情報通りに我が愛馬は+10Kgでの出走です。




さぁ、スペクトロライトが姿を現しました。
画像

画像

画像

相変わらず上品な印象の馬体で、
バランスの良さは素晴らしいナ〜と思えました。

ただし+10Kgと言う数字ほどの、
パワーアップは感じませんでしたね。

おなか周りのたくましさやオシリの厚みは、
もっともっとほしいところ。



前走時もそうだったんですけど、
今回も気合いをけっこう表に出していました。
画像

ちょっとうるさく見えるほどでしたし、
ギリギリ平静を保てているかなと言う感じ。

今後の出走時も含めてなんですけど、
これ以上は興奮しない方が良いように思います。



つぶらなヒトミがカワイイ〜
画像





パドックのはじっこで虎石さんがお仕事中。
画像

虎石さんは競馬場内で良くお見かけするので、
勝手に親近感を持っています。



なにオシリ見てんのよっ!
画像

と言ったかどうかは定かではありませんが、
堀先生のファイナルチェックは粛々と進みます。



最終周回を終えて、
戸崎騎手の待つ馬道へ向かいます。
画像






返し馬は落ち着いていましたね。
画像

画像

画像

画像






さぁ、中山8R 牝馬限定D1,800m戦がスタート!
画像

画像

画像

戸崎騎手とスペクトロライトは五分の発馬から、
中団前目のポジションを確保。

道中はなかなかの行きっぷりを見せながら、
やや外目を進んでいきました。




1番人気ブルーチッパーが先頭で引っ張り、
馬群は4コーナーへ。
画像





直線に入るとブルーチッパーが馬なりで加速!
画像





戸崎騎手も追撃を開始するも、
馬の方の反応がどうもイマイチの様子・・・。
画像





後続馬群に飲み込まれるぅぅぅ〜
画像





この辺りでようやくエンジンに点火したようで、
徐々に脚を伸ばし始める!
画像





戸崎騎手は最内に馬を誘導、
先行勢との差をグイグイ詰めていく!
画像





しかしブルーチッパーの背中は5馬身以上も先に。
画像

2着からはクビ+クビの差で4着の入線。






レースを終えた人馬が戻ってきました。
画像




なに見てんのよっ!!!
画像

と言ったかどうかは定かではありませんが、
走った後も余裕のある表情でした。



ひとまずお疲れちゃ〜ん!
画像




2着以下は大混戦の1戦でしたね。
画像







苦手な休み明けでの昇級初戦だったことを考えれば、
僅差4着は悪くない結果だったと思っています。

これまでも一歩一歩課題をクリアしてきた馬なので、
いきなりはないだろうナと思っていましたし。

このクラスで十分に戦えることがわかっただけも、
今回は収穫ありと言えるのではないでしょうか。


また前走同様に馬群を割って出てこられましたから、
良い勝負根性を持っていることもハッキリしましたね。

当初は大外をブン回す粗削りなレース運びでしたが、
馬群の中から抜け出す形に脱皮しつつあります。

メンコやブリンカーも卒業するなど、
馬が徐々に成長していることを感じられました。




その一方で「勝負どころの反応がイマイチ」と言う、
新たな課題が浮き彫りになりました。

戸崎騎手の言葉を借りると、
「馬が気を抜く・遊ぶ」感じになるようです。

これ、ピグマリオンにも似たような傾向がありますが、
けっこう結果に影響を及ぼすんですよねぇ・・・。

どうしても加速がワンテンポ遅れることになるので、
「追い込んでわずかに届かず」で悶絶するんだよなぁ・・・。

一過性のモノなら気にしなくて良いと思いますが、
あるいはブリンカーを復活させる必要が出てくるかも。

もしくは新潟で走れば、
長〜い直線で追い込みが決まるかなぁ。

もちろん府中で、と言うお話もあるでしょうけど。



いずれにしてもレースをこなすうちに、
何とか勝ち上がりを目指してほしいと思います。

馬体面に問題が無ければ続戦でしょうから、
次走での前進を期待したいですね。


03/01まで(牝)D1,800m戦は組まれていないので、
陣営のレース選択にも注目したいところ。

そろそろ芝へ戻す、なんてことはないかなぁ・・・。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
なべおさんこんばんは
昇級戦は4着でしたね(>_<)
1番人気が逃げ馬だったから外からジワジワ進出していってねじ伏せる、っていう勝利のイメージを持ってたんですが(^^;
勝った馬が案外強かったしスペクトロライトも肝心な所でモタモタしてしまいました
なべおさんはきっとピグマリオンで1000万下の壁の厚さを知ってらっしゃるでしょう
脚元に炎症という事みたいですがレース選択をきっちりしてこのクラスも突破してもらいたいですね!

※この日はなべおさんがたびたびオススメされてる「からみ餅」を食しました 美味しかったです☆

あとマリアライトが除外後の11日のデビュー戦を勝ってくれました!
スペクトロライトやロザリンドでデビュー勝ちの難しさを分かっていたので、まさか不安の大きかったこの子がやってくれるとは驚きました(^^;

今年はキャロット馬の活躍が凄そうですよね
ゆう
2014/01/16 21:42
ゆうさん、こんにちは。
今回は4着と言う結果になりましたが、
これまでの経緯を振り返ればまずまず
かなと思っています。あと3戦くらい
消化するうちに勝ち上がってくれれば
良いんですけどね〜

球節の炎症は気になるところですが、
適鞍が無いことも考えると、あるいは
放牧に出すかもしれませんね。まぁ、
調教を加減して不十分な態勢で出走する
よりはその方が良いかも。

マリアライトは良い競馬でしたね。
NF空港で見学した時は気難しさが課題
だと言われていましたが、しっかりと
折り合っていたのでちょっとビックリ。
あの様子なら次も楽しみですね!
なべお
2014/01/17 14:28

コメントする help

ニックネーム
本 文
スペクトロライト 8戦目 観戦記 なべおの歳時記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる