なべおの歳時記

アクセスカウンタ

zoom RSS ファドーグの初勝利を振り返る

<<   作成日時 : 2014/01/30 00:25   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

先週のことにはなりますが、
愛馬ファドーグが初勝利を挙げました。


この1戦をボクなりに振り返ってみると、
強く印象に残ったことが3つほどありました。

それを少しお話してみようと思います。



その1. 【 とても強い競馬を見せてくれた 】

 好発から好位を確保して断然の1番人気馬をマーク、
 4コーナーから真っ向勝負を仕掛けて突き放した・・・


この1戦を端的に表すとこんな感じで、良い競馬と言うより、
強い競馬を見せてくれた」と言うのがボクの印象です。


実績・血統とも断然のキネオペガサスに外から競りかけ、
一瞬のうちに抜き去る姿は力強かったナ〜。

急追してきたフジノゴトクも全く寄せ付けず、
ほとんどムチを使わずに突き放していました。


これだけでもボク的には十分過ぎますが、
時計面でもかなり優秀だったんだそうですね。

グリーンチャンネルの「先週の結果分析」では唯一のA評価、
週刊Gallopの3歳馬診断でも好評価を得ています。

愛馬がこんなにおホメの言葉をいただくなんて、
今回が初めてなんですよね〜

もちろんうれしいんですけど、何だか実感が無いと言うか、
自分の愛馬のことじゃないような感じがします・・・。


もっとも気性的な危うさはまだまだ残っていますし、
その点については引き続き注意が必要でしょう。



ちなみに・・・
奥平先生は本気でデビュー勝ちを狙っていたそうですし、
今回もかなり自信を持って送り出したとのこと。

当日、7.8倍と言う単勝のオッズを見て、

 「(すごく良いデキなのに)なんでこんなに人気ないの?」

とボヤいていらっしゃったそうですよ。





その2. 【 奥平イズムが合っているのでは 】

以前にもちょっとお話したことがありますが、
ファドーグには奥平イズムが合っていると思っています。

奥平先生はとても慎重な判断をなさるタイプで、
出走数と言う面ではお世辞にも多いとは言えません。


参考までに・・・

奥平厩舎といくつかの厩舎とで、
近5年の平均出走数を比べてみました。

画像


全部の厩舎について調べたわけではありませんが、
奥平厩舎の出走数が少なめであることは間違いない感じ。

ただ、この方針がこの馬にはピッタリだと思うんです。



ペニーホイッスル産駒は気性的に難しい傾向があり、
間を詰めて使うと体力面より精神面で厳しくなってきます。

特に未勝利で3歳9月のサバイバルな季節に突入すると、
こうした特性は致命的なハンデ要因。

リードホイッスルもプーカも精神面での態勢が整わず、
能力を発揮し切れなかったとのお話を聞きました。

そう考えるとこの時期に勝ち上がれたことは、
ファドーグにとって本当に本当に大きなことですよね。



で、奥平先生はしっかり間隔を取って使ってきますから、
こうしたタイプの馬とは相性が良いんじゃないかと。

社員さんも同じような見解をお持ちでしたので、
信憑性が高くなったかなと思っています。



そんな超慎重派の奥平センセが今回、
ソエの兆候がありながらも出走させてきたわけです。

と言うことはですよ、そこまでしても出したい、
間違いなく勝ち負けになる、と判断したんでしょうね。


であれば「自信の出走だった」とのお話にもうなづけます。





その3. 【 適性は芝の方が高いとの見解 】

ダート戦で強い勝ち方をしたファドーグですが、
それでも芝の方が向いている」が関係者一致のご意見。

ダートであのパフォーマンスだったにもかかわらず、
芝で走ったらもっとスゴいってことでしょ?

そんなこと言われたら妄想せずにはいられませんって!



ちなみに日刊競馬の大川サンは芝向きだとのコメントに加え、
スタミナ能力も高そうだとの見解も示されていました。

確かに奥平先生も中距離をこなせそうとおっしゃっており、
距離の融通は利くと考えるべきか・・・。

あぁ、ますます妄想の世界に落ちてゆくぅぅぅ〜



なお社員さん情報によると、
後藤騎手はこの馬に魅力を感じてくれている様子とのこと。

積極的に時間と手間を掛けてくださっているそうで、
そうしたところも今回の勝利につながったんでしょうね。

調教で何度も乗ってくれただけでうれしかったのですが、
そんなお話を聞いてさらに感激でした。

ぜひ今後もコンビを続けてほしいなぁ〜






と言うことでペニーホイッスルは3頭目の産駒で、
母としての初勝利を挙げました。

近親メイケイペガスターも昨年のクラシックで活躍し、
血統としても上げ潮ムードが漂います。

こうした部分も追い風になってくれれば良いですね。
(な〜んて、ちょっと吉沢譲治さん風なコメント)


ま、まずはソエの沈静化が最優先事項。

1勝している恩恵を思いっきり実感させていただき、
じっくりしっかりケアしちゃいましょう!





〜 オマケ 〜
2014年産まれのペニーホイッスル産駒、
父がルーラーシップだそうですよ〜

もしキャロットクラブで募集されれば、
個人的には大注目の1頭になりそうです!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ファドーグの初勝利を振り返る なべおの歳時記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる