なべおの歳時記

アクセスカウンタ

zoom RSS ピグマリオン 20戦目 観戦記

<<   作成日時 : 2014/01/27 16:04   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012年1月のデビューから順調に出走を続けて、
気がつけばピグのキャリアは20戦目になったんですね。

まさしく無事是名馬そのものだと思いますし、
これだけでも十分に馬主孝行な馬だと思います。



で、01/26(日)中山6RのD1,200mに出走したのですが、
勝ち馬からは4馬身ほど離された4着と言う結果。

メンバーや実績などを客観的に考えれば、
本来、ここは勝たなければならない1戦だったでしょう。

それはピグの単勝が1.8倍だったことや、
3連単の配当が約16万円だったことにも表れています。


ボク自身もある程度は勝利を意識していましたが、
こんな結果になることも頭の片隅にはありました。

まぁ、これがこの馬の「芸風」ですからね・・・。





では、その残念ぶりも含めて、
当日の様子をご報告していきましょうか。


う〜む、今にして思えば、
この曇りがちな空が結果を暗示していたのかも。
画像




いつも通りに\1,000の単勝を購入します。
画像




恒例のパドックブースチェック!
画像

この日はラジオNIKKEIが石原李夏さん、
グリーンチャンネルが築山可奈さんだったようです。





6R出走馬に表示が切り替わりました。
画像

おぉ!ピグは+4Kgの470Kgです!

これは自己最高馬体重での出走になりますが、
間違いなく良い傾向だと思います!



さぁ、ピグがパドックに出てきました。
画像

画像

画像


馬体の状態としてはこれまでで1番と言えるくらい、
良いデキだったように思いました。

腹まわりとオシリ周りにはボリュームが感じられ、
これまでに漂っていた頼りなさをほぼ解消。

全体的に良い意味での丸みがありましたし、
「470Kg台に乗った」と言うことが実感できました。

在厩調整でこの状態に持ってこれたわけですから、
心身ともにしっかりしてきたんでしょうね。



事前にアナウンスがあった通り、
今回はシャドーロールを着用してきました。
画像

シャドーロールももちろん厩舎カラーの赤。




ただ、個人的にはちょっと不安なことが・・・。
画像

以前から何度かお話しているように、
ピグは少しうるさいくらいの方が走ると思うんです。

この日は妙にお行儀良く周回を重ねていましたが、
落ち着きすぎているように感じたんですよね。

去年の秋もパドックでおとなしいとイマイチな結果でしたし、
この程度の気合い乗りで好走できるか気がかりでした。



加藤(征)先生は中京にいらしたようで、
ファイナルチェックは担当スタッフさんが代行。
画像




最終周回を終えたら、
ルメール騎手が待つ馬道へと向かいます。
画像





馬場へ出てくるとすぐにゲート方向へ走り出し、
返し馬は軽く済ませる形で終えていました。
画像








さぁ、中山6RのD1,200mがスタート!

ルメール騎手とピグはまずまずの好発を決めるも、
なんだか行き脚がイマイチなご様子。

結局はほぼ中段で道中を進めることになり、
予想よりはやや後ろのポジションだなと言った印象。



3コーナーを過ぎても促す気配は無く、
インコースをキープして4コーナーを迎えます。
画像





いよいよ勝負の直線に入ります!
画像




ところがアクセルを踏み込もうとしたその時、
11番ドラゴンビューティが前をカットするような形に。
画像

騎手が右手を高く上げている馬がドラゴンビューティで、
ちょうどピグの前に入ったところがこの写真です。


4コーナー出口でも周囲を完全に囲まれていましたし、
スタート後に行き脚が鈍ったのも他馬の影響みたいです。

そう言う意味では少し不運が重なった気もします。


ようやく外に出してルメール騎手が追い始めると加速開始!
画像




外から追い込んできたドリームジェダイと共に、
グイグイと脚を伸ばして先行勢を捕らえていきます。
画像




しかし後続馬群がもみ合っているスキに、
16番ピュアアイズはスイスイと気持ち良く逃げる!
画像




結局ピュアアイズがそのまま先頭で押し切り、
最後の最後にドリームジェダイに交わされたピグは4着入線。
画像






「なんか、負けちゃったみたいっす・・・。」
画像

我が愛馬よ、そんなにさびしそうな目をするなよ・・・。



1着と2着は3馬身以上も離れたのか〜
画像




さ、レースも終わったし、
翠松楼のネギラーメンでも食べて帰るかな・・・。
画像








帰宅してから改めてレース映像を見たのですが、
  「ピグはだいぶ成長したのではないか?
  「単純な4着敗退とは言えないのでは?
と言う感想を持ったんです。


この1戦、1着と2着は前前でスムーズな競馬をした馬、
そして後方で自分のレースに徹した馬が3着に入りました。

そんな中で致命的ではないものの複数の不利を受け、
馬群でもまれる流れからピグは4着に来たわけです。


こうしたレース展開になった場合、過去のピグであれば、
掛かってしまって暴走気味になったでしょう。

あるいは逆に、走る気を失くしてしまったかもしれません。


でも今回は厳しい状況をしっかりと我慢して、
最後まで脚を伸ばして前に迫りました。

コレ、精神的に強くないとできないことだと思うんです。

なのでピグは精神的に成長したのでは?
と、ボクは思ったわけです。



ただしその一方で・・・

  もっと行きっぷりが良ければ有利に運べたのでは?
  実力がある馬なら少々のトラブルをも軽くいなせるのでは?

なんてことも考えられるわけでして、
評価が微妙な1戦だったのかなとも思っています。






いずれにしても掲示板を確保し続けることはリッパですし、
500万下クラスの安定勢力であることは事実です。

ま、条件が噛みあえば勝つこともあると思いますので、
気長に気楽に見守っていけばイイかなと。


ただ、お話したようにピグは変わってきたように思えますので、
そろそろ芝路線に再挑戦しても良いのではないでしょうか。

騎手や馬具を変えても結果が出なかった今、
レース条件を変えて馬に刺激を与えることも1つの方法。

ぜひ陣営サイドにはご一考いただきたい!
とにかく次走に期待したいと思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ピグマリオン 20戦目 観戦記 なべおの歳時記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる