なべおの歳時記

アクセスカウンタ

zoom RSS レイズアスピリット 2戦目 観戦記

<<   作成日時 : 2013/12/15 17:59   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

本日の中山4Rにレイズアスピリットが出走しましたが、
盛り上がるシーンも1つもない11着惨敗と言う結果でした。



まともにレースをしていなかったような印象で、
特に最後の直線は減速していたんじゃないかと感じたほど。

レース後の戸崎騎手のコメントによると・・・
  道中でプレッシャーを受けたり他馬にぶつけられたりで、
  この馬のリズムで走れなかったことが敗因だそう。


それと、これはあくまでも個人的な見解なんですが、
馬体についてもイマイチだったように見えたんですよね。

結局、全てが噛みあわなかった
と言うのがボクの総括になりそうです。





それでは現地応援してきた模様をご報告していきましょう。


今日は朝日杯FSがメインレースと言うことで、
混雑がどんなもんかな〜と思いつつ競馬場入り。

ただ午前中のレースは普段の日曜日と同じ状況で、
パドックも馬場も希望のポジションを楽に確保できました。



まずはいつもの単勝馬券を購入。
画像




今開催ではキャンペーンが行なわれていて、
クリアファイルをいただいちゃいました〜
画像






4Rの2歳未勝利 芝2,000m戦に表示が切り替わりました。
画像

おぉ!レイズアスピリットは+12Kgの470Kgだって!

これはイイんじゃないの?
自然に考えれば明らかに成長分の体重増だゾ!



さぁ、久しぶりに我が愛馬が競馬場に姿を現しました。
画像

久々を考慮してか二人曳きでの登場です。



薄手の馬体は相変わらずと言ったところで、
もっともっとオシリのボリュームがほしいですね。
画像




シャープなラインの馬体はこの馬の特徴だと思いますが、
う〜む・・・でも、なんか手放しで「イイ!」って感じじゃないなぁ。
画像

メリハリと言いますか、筋肉の張りみたいなモノが感じられず、
+12Kgと言う数字をあまり実感できませんでしたねぇ・・・。



表情は悪くなかったと思いますが、
後から思い返すと少し気合い不足だったかも。
画像




気が付いたらスタッフさんがお1人で曳いてました。
画像

事前の情報通りにシャドーロールを着けてきましたね。

独特の黒い毛色に真っ白なシャドーロール、
なかなか似合っていましたよ。



再び二人曳きに戻して最終周回へ。
戸崎騎手が待つ本馬場へと向かいます。
画像

画像







戸崎騎手を背に馬場へ出てきました。
画像

まずまず落ち着いた雰囲気で、
おとなしく鞍上の指示に従っていましたね。



さぁ、返し馬を始めますよ〜
画像




キレイなキャンターで駆けて行きます。
画像




トサキィ〜頼むゾ〜
画像






いよいよ中山4Rの芝2,000m戦がスタート!
画像

戸崎騎手とレイズアスピリットは好発を決め、
そのまま前方へ歩を進めます。



グイグイと脚を伸ばして中団やや前目を確保、
イイ感じで1コーナーへと入っていきます。
画像

画像

画像

画像


レース後の戸崎騎手コメントによると、
馬群でプレッシャーを受けてハミを噛んでしまったとのこと。

ターフビジョンの映像ではわからなかったのですが、
多分、この辺りで鞍上は必死に馬をなだめていたのでしょう。



馬群は4コーナー手前に差し掛かってきました。
良く見ると戸崎騎手はかなり手綱を引いているようですね。
画像

馬がゴチャついてブレーキを掛けざるを得なかった
と言う戸崎騎手コメント、まさにこのシーンなのかも。



さぁ、勝負の直線に入ります。
画像

やむを得ず、なんでしょうけど、
戸崎騎手は馬を最内に誘導しましたね。



直線ではインコースギリギリを走っていたので、
他馬に邪魔されてレイズアスピリットが隠れっぱなし・・・。

せっかくの芝コースなのにシャッターチャンスがほとんど無く、
この程度の写真しか撮れませんでした
画像

念のためコメントしておきますけど・・・
奥のシャドーロールがレイズアスピリットですよ!
(手前のバッチリ全身が見えているのは別の馬!)



もう優勝争いからは完全に脱落だけど、
最後まで走り抜くのだぁ〜
画像

画像




と言うことで、11着でさびしくゴール。
画像






オイ、我が愛馬よ!
惨敗したのにそんなに堂々としちゃダメよ〜ん!
画像




ナゼか妙にイイ表情の馬と対照的に、
シブい表情なのは戸崎騎手・・・。
画像




何度見ても、馬番11番はございません!!!
画像






デビュー戦ではお戯れもあって5着でしたから、
十分に調整を施した今回は前進を期待していました。

メンバー的に勝ち切ることは難しいと予想したものの、
「上位とは僅差での敗戦」くらいの結果はほしかったなぁ。


馬の仕上がり具合はどうだったんでしょうねぇ。

個人的には+12Kgと言う数字ほどは馬体の充実を感じられず、
追い切り不足なんじゃないかなと言う印象を持ちました。

あるいは陣営は次が勝負どころと考えて、
今回はあくまでも「脚慣らし」的に出走したとか・・・



とにかく、これが実力だとは思いたくないので、
この1戦についての「やむを得ないポイント」を列記しちゃおうっと。

  休み明けだった。
  馬体の仕上がりが不十分だった。
  道中でプレッシャーを受けてハミを噛んだ。
  馬群がゴチャついてブレーキを掛けた。
  この馬のリズムで走れなかった。

ほ〜ら、こんなにやむを得ないことがあったんですもの。
これじゃ〜勝てないよ、ね、そうそう。次だよ、次。



今回は全力を使い切ったわけではないと思いますので、
続戦でリベンジと言う形になるでしょう。

ただ、な〜んとなくなんですけど、
中山はこの馬に合わないような気がするんですよね。

広い東京競馬場の馬場でノビノビと走らせた方が、
合っているのではないでしょうか。

その辺りも含めて、
今後の陣営の判断に注目したいと思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
レイズアスピリット 2戦目 観戦記 なべおの歳時記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる