なべおの歳時記

アクセスカウンタ

zoom RSS ファドーグ デビュー戦 観戦記

<<   作成日時 : 2013/12/26 19:24   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

今年の中央競馬は開催全日程を終えましたね。

ただしボク個人としては、
大事なご報告がまだ残っています。

12/22(日)有馬記念デーの4Rに行なわれた、
愛馬ファドーグのデビュー戦観戦記です。


結果としては2番人気を裏切る7着

心配していた精神面での弱点が露呈し、
それが今回の敗因だと陣営は結論付けています。

気持ちの面からレースで力を出し切れず、
本来の走りが全然できなかったと言うことのよう。


この辺りは育成時代から指摘されていましたし、
着順については個人的にはあまり悲観していません。

むしろ、まともに1周してこられましたし、
馬体へのダメージも少なかったと思うんですよね。

とりあえずレース経験が積めたことと、
課題の洗い出しができたことだけでも収穫です。

そう言う意味では、
次走の方が内容を問われるでしょうね。





では当日の様子をご報告していきましょう。

まぁ、何と言っても有馬記念デーでしたからね。
ひとまず馬券を買ったら身の処し方を考えねば・・・。
画像




来場キャンペーンのポイントがたまったようで、
またもやクリアファイルをいただいちゃいました。
画像

前回はオルフェーヴルにしたので、
今回はゴールドシップを選んでみました。





パドックへ行ってみると、意外にも何とかなりそうな感じ。

さすがに柵沿いのエリアはリザーブされていましたが、
その一歩後ろはだいぶ空きスペースがありました。

まぁ、普段に準じた形で撮影できそうです。



4Rに表示が切り替わりました。
画像

ファドーグは474Kgですね。
まずまず標準的なサイズでしょうか。




さぁ、我が愛馬が出てきましたよ!
画像

黒鹿毛をキレイに光らせていましたし、
体調は良さそうに見えました。




クリスエス効果もあるのかもしれませんが、
なかなかシッカリした馬体だったと思います。
画像

画像

2歳にしてはオシリのボリューム感がありましたし、
腹周りにも力強さを感じました。

奥平先生って、こんな感じに馬を作ってくるんですね。
個人的には好感を持てました。

もちろん、まだ初戦なので断言はできませんけど、
奥平イズムはけっこうこの馬に合っているかも。



この通り、落ち着いた表情で周回していたのですが・・・
画像





ギャラリーが増えてきたせいか、ちょっとお戯れ・・・
画像

でも、こうしたシーンはこの時だけで、
すぐに冷静さを取り戻していましたからね。

精神面に不安がある馬ですし、
デビュー戦としては十分なパドックだったと思います。



黒の革ジャンでキメた奥平先生が登場し、
初陣に臨む愛馬のファイナルチェック。
画像




大事なデビュー戦でファドーグの背中に跨るのは、
ずっと調教にお付き合いいただいた後藤騎手。
画像





ごっちゃん、頼むゾ!
画像






人馬が芝コースに出てきました。
画像




初めての返し馬に!
画像




うぉ〜近いぃぃぃ〜
画像

最近、愛馬の出走はダート戦が多いので、
芝コースだと馬との距離がかなり近く感じますね。



まずまず軽快な脚取りだったのではないでしょうか。
画像


実はこの時点で馬の物見がかなりひどかったそうで、
レースの先行きに暗雲が出始めていた模様。


一方、ボク自身の撮影環境もなかなか厳しいモノに。

何とかフェンスから2m弱くらいまで到達できましたが、
当然ながら脚元も周囲も人だらけ。

フェンス沿いに陣取ったみなさんの隙間から、
シャッターチャンスを拾っていくしかなさそうです。





と言うことで中山4Rの芝2,000m戦がスタート。

ファドーグの発馬は見えなかったのですが、
それほど出遅れたわけではなかったようです。
画像




距離適性の問題もありますので、
中団より後方にポジションを取って1コーナーへ。
画像




道中はインコースの馬群の中で馬を走らせ、
3〜4コーナーでは中団ほぼ真ん中にまで進出。
画像



4コーナー出口付近だったでしょうか、
後藤騎手は馬を外に出して追撃体制に。

直線に入って先行勢に迫っていくかと思いきや、
何だか伸びる気配が全くなし


こりゃ〜惨敗かも・・・とイヤな予感が頭をよぎりましたが、
そこからそれなりに脚を使ってくれました。
画像




最後はみなさんと一緒に仲良く7着でゴ〜ル!
画像

勝ち負けには全く絡めませんでしたが、
一応、3着馬とは0.2秒差しかなかったんですよね。

勝負どころでかなり遅れを取ったことを考えると、
ラストの脚でそこそこ挽回できたとは言えそうです。





では、陣営サイドのコメントを簡単にまとめてみましょうか。

〜 後藤騎手のコメント 〜
  馬場に出てからひどい物見。
  これを考慮して馬込みに入れたら逆効果。
  周りの馬を気にしてばかりで集中せず。
  前が開いている時の行きっぷりはまずまず。

〜 奥平先生のコメント 〜
  パドックまでは舞い上がらず対応できた。
  しかし地下馬道からは場に飲まれていた。
  距離や馬場ではなく精神面のモロさが敗因。
  初戦から良いところを期待していたので残念。
  若駒らしい負け方なので経験を積んで挽回。


経験不足が敗因との見解にはボクも納得できるのですが、
問題は今回のレースのことを馬がどう受け止めているかですね。

レースはイヤなこと」だと記憶してしまっていると、
今後も似たようなレース運びになる可能性が高いと思うんです。

そうなっちゃうと相当やっかいなことになりますよね

次走で「あぁ、なんだ、単に思いっきり走ればイイのか」と、
馬がそんな感じに理解してくれればイイんだけど。



ひとまず馬体や競争能力は悪くないと思えましたので、
何とかメンタル面の成長を促したいところ。

ぜひ次走では前進した姿を見せてほしいと思います。







= 追伸 =
この日の昼休み、サクラローレルのお披露目がありました。
写真を数枚、簡単にご紹介しておきましょう。

画像

画像

栃栗毛が陽光に輝いていましたねぇ〜

それになかなか締まった馬体でしたので、
何だか競走馬に復帰できちゃいそうに見えました。



このイベントのMCは淑子サン(と杉本清サン)でした。
画像

鈴木淑子の地球は競馬でまわってる」、面白いですよね。
ボクは大好きで、Podcastで毎週聴いています。



と言うことでローレルのお勤めは終了。
画像

あまりにローレルが若々しかったので、
ギャラリーのみなさんも驚いていましたよ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
なべおさんこんにちは

グランプリウィークの愛馬応援お疲れ様でした
ピグマリオンはデムーロ騎手で今回こそはと思って見ていたんですが…不思議がられてしまいましたか(^^;
もう騎手とか相手関係とか展開とかではなく自分自身との戦いなんでしょうな

2歳馬のデビューも2頭目ですね☆
結果は残念でしたが経験を積んでいけば走ってきそうな良い馬ですね
僕も同じクリスエス産駒のロザリンドに出資してますが初戦は全然力を出せませんでした(;_;)
見た目はやっぱり良いんですけどねえ

僕のもう1頭マリアライトは年明け開催でデビュー予定なのでお年玉を期待してます( ^ω^)
スペクトロライトはきっと2週目復帰ですよね

来年も愛馬達が怪我・病気なく夢を与えてくれますように
ゆう
2013/12/27 17:47
ゆうさん、こんばんは。

いやはや、できることなら静かな
開催日にデビューしてほしかった、
と言うのがホンネですね・・・。

ゆうさん、あのロザリンドが愛馬
なんですか!それは期待も大きい
ですね。どうしてもクリスエスの
仔は見た目が栄えるので、状態の
判断が難しいんだよな〜

ま、お互い活躍馬の2世ですから、
能力的なモノは間違いないはず。
あとは気性と体質ですよね。
厩舎側の手腕に期待しましょう。

ピグについては、個人的にはもう
良い意味で吹っ切れた気がします。
全てが噛みあう日を楽しみに応援
していけばOKだとわかりましたので。

おぉ!ゆうさん、マリアライトにも
出資なさっているんですね!今年の
「春の研修旅行」で会いましたよ〜

バランスの取れた良い馬でしたから、
デビューが楽しみですね。お年玉、
十分にありえると思いますよ!

と言うことで、今年もいろいろと
楽しくお話させていただき本当に
ありがとうございました。

来年もお互いの愛馬が元気に走って
くれるよう願いたいと思います。
なべお
2013/12/27 18:55

コメントする help

ニックネーム
本 文
ファドーグ デビュー戦 観戦記 なべおの歳時記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる