なべおの歳時記

アクセスカウンタ

zoom RSS ピグマリオン 19戦目 観戦記

<<   作成日時 : 2013/12/23 17:54   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今年最後の3日間開催の初日である12/21(土)、
中山6Rにピグマリオンが出走しました。

単勝1.7倍と断然の1番人気に支持されるも、
例によって結果は惜しい2着

ミルコ騎手をもってしても「この馬らしさ」は変わらず、
良くも悪くもそれなりの結果に終わりました。


しかもレース後のミルコ騎手の第一声が、
おかしな馬ですね」だったんですって〜

いや〜それってどうなんでしょ〜。

このレベルの騎手に「おかしい」なんて言われちゃって、
もはやワールドクラスの変わり者ってことでしょ?

アハハハハハハ〜もう笑うしかないよね〜


レース中に馬が想定外の反応を示すようで、
その辺りをミルコ騎手は「おかしい」と表現した模様。

ボク自身は具体的にはわかりませんが、
要は「乗りづらい馬」ってことなんでしょうね。


ただある意味、ちょっと肩の荷が下りた気がします。

これだけの名手が乗りづらいと言うほどですから、
誰が乗っても結果を出しづらいことが証明されたわけです。


でも決して悲観的に考える必要はないと思いますし、
これがこの馬の個性。

出走を重ねることも堅実に掲示板を確保することも、
リッパな馬主孝行ですからね。

来年もしっかり応援していこうと思います。



と言うことで前置きが長くなりましたが、
現地で観戦してきた模様をご報告しましょう。

久しぶりに爽快なお天気で、
思ったほど寒さも感じませんでしたよ。
画像



さっそく\1,000の単勝馬券を買って、
三幸の豚汁とからみ餅で早めのランチ。
画像

画像







お!ピグはプラス体重で出てきましたね!
画像

続戦している中で馬体重は微増をキープ。
この辺りに体質の強化が感じられます。



ピグがパドックに姿を現しました。
画像

画像

画像

画像

個人的にはなかなか良い印象を受けました。

馬体に少し張りが出てきたように見えましたし、
歩様には力強さと軽快さを感じることもできました。

100点満点と言えるほどではないにしても、
それでも好走を予感させるには十分なデキ。

もうちょっと気合いを見せても良いような気もしましたが、
そこは陣営サイドがあえて抑制しているのでしょう。



加藤(征)先生がファイナルチェックし、
最終周回は2人曳きにして馬場へと向かいます。
画像

画像

画像






馬場へ出てきたと思ったら、
すぐにゲート方向へ駆けて行きました。
画像

テンノリなことと、気難しさに気を配ったってことですかね。



レースの方は好発から前目の位置をキープ、
ミルコ騎手は比較的積極的な競馬を選択します。

3〜4コーナーではわずかに馬を促して、
先行勢との距離を縮め始めます。
画像




4コーナーで外からマクり気味に進出!
画像





さぁ、勝負の直線に入りました!
前の2頭と微妙に差があるけど追いつけるか?!
画像




ミルコ騎手が追い始めた〜
画像




追え追え追え追え〜
画像




ミルコ騎手はシャウトしながら馬を激励!
先行していたディアイレイザーを捕らえる!!!
画像




し・か・し・・・
ボクの目の前には良く見る光景が・・・
画像

結局、力強く抜け出したビービーボイジャーが1着、
差を詰め切れなかったピグが2着と言う結果に終わりました。





Oh〜! コノウマ、オカシナウマデスネ〜
画像


「ミルコはあんなこと言ってるけどサ、気にすんなよ・・・」
画像




と言うことでレースは確定。
画像

1.7倍の1番人気を裏切ってしまったことは残念ですが、
でも、これだけ出走と掲示板確保を続けることはリッパです。






今回はミルコ騎手起用+メンコもハズして臨んだ1戦。
それでも勝利と言う結果を出すことはできませんでした。

レースを見ていてボク自身は気が付かなかったのですが、
ミルコ騎手は次のようなコメントを残しています。

  直線に入って馬が右にモタれたのでキツいのかと思った。
  ところがそこから加速してグイグイ伸びている。
  枠順や道中の位置からも勝ち馬には届かず。
  力はあるから勝てる馬。


肝心なところで馬が気を抜くような傾向があって、
それが「イマイチな手応え」として見えていたんでしょうね。

そこからワンテンポ遅れて加速する形になるので、
ゴールではわずかに届かない結果になっちゃうってことか。

騎手には前半から積極的に運ぶよう指示が出ていたそうですし、
実際にその通りの騎乗だったと思います。

でも勝負どころで、しかもピンポイントで馬がモタれてしまえば、
そこまでの努力は水の泡に・・・。

う〜む、ナルホド。
これまでの惜敗の理由が解けた気がする・・・。



と言うことはですよ、もしかして・・・
大逃げ」したらハマるんじゃないかなぁ。

間違いなく好位で直線に入れるし、
ワンテンポ遅れての加速はむしろウエルカム。

後続が追いついてきたところで突き放し、
そのままゴールまでまっしぐら〜みたいな感じですね。

本来は1,800mでも好走できる馬ですし、
昨今は道中のレース運びも安定しています。

加藤センセも今年のプレミアムパーティーで、
「逃げ切っちゃおう」なんてプランをお話してましたし。


であれば、今こそ大逃げですよ!!!
陣営のみなさま、いかがでしょうか?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ピグマリオン 19戦目 観戦記 なべおの歳時記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる