なべおの歳時記

アクセスカウンタ

zoom RSS ピグマリオン17戦目 観戦記

<<   作成日時 : 2013/11/10 17:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

昨日11/09(土) 福島5Rにピグマリオンが出走しました。

ここは勝ち星がほしい1戦で1番人気にも支持されましたが、
残念ながら3着と言う結果。

ある意味でこの馬らしく「勝ち切れなかった」わけですが、
ま、2戦ぶりに掲示板を確保できましたからね。

それに上がり3fの36.2秒はメンバー中で最速でしたし、
ラストに良い脚を見せてくれたことは収穫だったと思います。

少なくてもここ3戦よりは好感触のレースを見せてくれて、
個人的にはホッとしました。



さてこの1戦、当日は現地観戦してきましたので、
その模様をご報告してみたいと思います。

この日の福島はスッキリと良い天気で、
車窓から見える景色もこの通り。
画像




と言うことで福島駅に到着。
画像




今回は初めてこの新幹線に乗りました。
画像

いや〜「顔」が長い長い!

ホームの一番端っこから撮影したのですが、
ギリギリ何とかフレーム内に収まる感じで撮影しにくい・・・。

車内はと言いますとシートピッチがけっこう広く、
高速走行時の揺れもかなり抑えられていて快適でしたよ。



この馬像を見ると福島に来た実感が湧きます。
画像




駅から路線バスで15分ほど、福島競馬場に到着です。
画像




キレイな青空に紅葉も映えます。
画像





さっそく単勝\1,000を購入。
画像




小腹が空いたのでハンバーガーでエネルギー補給。
画像

パティが厚くて意外とおいしいハンバーガーでした。



5R出走馬の表示になりました。
画像

ピグは-4Kgの460Kgですね。

輸送があったのでやむをえないとは思いますが、
できればプラス体重で出てきてほしかったところです。


我が愛馬が福島競馬場のパドックに現れました。
画像

今回はあまりお見かけしないスタッフさんでしたね。



周回している様子は最近の傾向と変わりなく、
あまり覇気が感じられませんでした。
画像

どうしても気性面に難のある馬なので、
あえてテンションを低く保っているんでしょうけどね。

ただ、その調整法にしてから成績が落ちているので、
個人的にはちょっと気になっています。



なんだかオシリの張りもイマイチのような・・・。
画像




胸前の筋肉量も、やや減っていないでしょうか。
画像

もしかして、出走時のテンションが上がらないように、
強い調教をかけないようにしているのかな?

だとすれば覇気のない様子とメリハリ不足の馬体、
両方の説明がつくような気はします。

それでも毛ヅヤはまずまずに見えましたので、
状態としては悪くないんだとは思いますけど。



この日の加藤(征)厩舎出走馬はピグだけだったので、
センセも福島に来てくださっていました。
画像




加藤(征)センセのチェックを終えて最終周回に入ると、
ピグの様子が少し変わったように感じました。
画像

この時点で騎手は跨っていなかったのですが、
こんな感じでちょっと気合いを見せ始めたんですよね。

陣営としては歓迎していなかったかもしれませんが、
ボクとしてはむしろ良い兆候だと受け取りました。

ピグはちょっとうるさいくらいの方が良い走りをする
それがボクの見解だからです。



さぁ、どんな結果が出るか、本馬場へ向かいます!
画像






横山Jr.騎手を背にして馬場へ出てきました。
画像

今年の横山Jr.騎手は地方場所を中心に結果が出ており、
特にここ1ヶ月は7勝を積み上げる好調ぶり。

今、勢いがある騎手の1人と言って良いと思います。

ノリパパですらお手上げのピグマリオンを、
うまく乗りこなせれば結果は付いてくるでしょう。



ところが・・・
画像

馬場に出てきて更に気合いが乗ってきたせいか、
横山Jr.騎手はピグの制御にちょっと手を焼いている様子

画像

結果的に言えばこの返し馬での印象が、
レース運びに大きく影響したみたいなんですよね・・・。

やっぱりこの馬にとってテン乗りでの出走は、
大きなマイナス要素と考える必要がありそうです。



ようやく落ち着いてきた模様。
画像




軽快な脚どりで駆けて行きました。
画像

画像






福島5R D1,150m戦がスタート!
画像

もちろん先行策だろうと思っていたのですが、
ピグとJr.騎手はなんと中団後方のポジション

ただレースぶりそのものは落ち着いていたので、
この後の巻き返しに期待して見守ることにしました。



4コーナーへ入る頃には少しポジションを上げ、
大外をまわして直線の攻防へ!
画像




Jr.騎手に促されるとピグは徐々に加速し、
前の馬たちを捉え始めます!
画像




更にグイグイ加速してスピードが乗ってきた〜!
画像




他馬とは全然違う脚色で、
次々と先行馬たちを交わしていく!
画像




しかし・・・。
画像

先頭争いをしていた2頭には届かず、
勝ち馬とは約2馬身差の3着でゴールイン。

やはり福島の良馬場で後方からと言う展開では、
ちょっと無理があったかも





レースを終えた人馬が戻ってきました。
画像




なんだか馬はあまり疲れていないかも
画像




加藤(征)先生は穏やかな表情でお出迎え。
画像

Jr.騎手に「やっぱり乗り難しい馬だった?」
なんて声をかけているのかも。



手早くピグに馬服を着せて・・・
画像

アレ?お手伝いしている白髪の紳士は、
戸田先生じゃありませんか?



と言うことでレースは確定。
画像






東京での開催があるにも関わらず、
今回はわざわざ福島出走と言う選択をしました。

勝つべき1戦だと陣営は考えていたでしょうから、
正直なところ、ちょっと痛い3着だったと思います。

現地でお会いしたキャロット社員さんの見解も、
取りこぼした形でもったいなかった」と言うモノ。

他にも伺った内容を少しご紹介しますと・・・

  スタート後、3番手前後で運ぶ作戦だった。
  しかし芝コース部分で行き脚がつかず。
  騎手も構えてしまって大事に行き過ぎた面あり。
  返し馬での様子から「馬の力み」を気にしてしまったよう。
  結果として思い切った騎乗ができなかったかも。
  さすがにあの展開になってしまうと難しい。


陣営は馬の気性的に東京D1,400mだと厳しいと考えていて、
出走メンバーのレベルを含めて勝つには福島だと判断したそうです。

結果だけ見れば全てが裏目に出てしまった印象で、
何とも残念としか言いようがありません。


ただ、個人的にはそれほど悲観していないんです。
なぜかと言いますと・・・

  ラストの脚は力強く、実力があることを再認識できた。
  ここ2戦のレースぶりに比べれば明らかに前進できた。
  以前のような「レース中の力み」は解消されてきている。

今後に期待が持てる内容だったと感じましたし、
この1戦が浮上のきっかけになってくれればと思っています。



次は中山と中京を視野に入れて考えていくそうですが、
やはり相性の良い「中山+カッチー騎手」がボクの希望だなぁ。

ま、まずはレース後の状態をしっかり確認して、
次走で実力が出し切れるよう調整してほしいですね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ピグマリオン17戦目 観戦記 なべおの歳時記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる