なべおの歳時記

アクセスカウンタ

zoom RSS 2013年キャロットクラブ募集馬見学ツアー 【 NF Y9 & 10 メス馬編 】

<<   作成日時 : 2013/09/11 17:55   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

そのまま牡馬からメス馬の展示に入れ替えて、
引き続きNF Y9 & 10での見学です。



<ノーザンファームY9 & Y10:メス>

・ビスクドールの12
・ライツェントの12
・ピノシェットの12
・カスタリアの12
・ラフェクレールの12
・カメリアローズの12
・ティエッチマンボの12
・ラフィカの12
・ササファイヤーの12
・マンハッタンの12
・シルヴァースカヤの12
・スルーレートの12
・カイゼリンの12
・モンプティクールの12
・プリマフォルツァの12



このステージも印象が良い馬ばかりで、
見るだけでも楽しくなりました。

ソニンク系のライツェントの12
画像

力強い馬体をリズム良く動かしていました。




雄大な馬体を誇示していたティエッチマンボの12
画像

周回展示の動きもスムーズでしたし、
ただデカイだけの馬ではないナと思えました。




スルーレートの12です。
画像

周回展示で活気ある歩様が目立ちました。




この馬はかなりギャラリーを集めていました。
シルヴァースカヤの12です。
画像

背中のラインがキレイなだけでなく、
馬体全体に力強さも感じられるバランスの良さ。
画像

預託厩舎も超一流ですし、
人気が出るのも当然でしょうね。




クラブゆかりの1頭と言えばこの馬。
ササファイヤーの12です。
画像

母馬であるササファイヤーって、
いろいろな種牡馬を付けているんですよね。

過去は中距離向きの種牡馬が選ばれてきましたが、
今回はキンシャサノキセキとの配合。
画像

初めて短距離志向を狙ってきたわけで、
どんな結果が出るか楽しみです。




で、このステージでボクが最も注目したのは、
ハービンジャー産駒ビスクドールの12
画像

緊張感のある背中のラインに、
四肢にはたくましい前腕と大きな関節部。
画像

パワーとスピードを感じさせる馬体は好印象で、
桜を目指すとのセールストークはピッタリ。
画像

良い馬が多いビスクドール産駒ですが、
これまで出資する機会はありませんでした。

しかし今回は関東所属で\50,000とお手頃価格ですし、
いよいよ手を上げる時が来たようです。

管理するのは今年のクラシックで大活躍、
ロゴタイプを育てた田中剛調教師。

厩舎の勝ち星が少ない点は気になりますが、
調教師自ら馬に跨る実践派であることは魅力の1つ。

今春の実績で今後は素質馬が任されるでしょうし、
厩舎としての結果も出てくるだろうと期待しています。

本来なら母高齢(15歳)でボクの条件を逸脱しますが、
そこに目をつぶる価値のある馬だと思いたいところ。

ま、いくつか心配な面があるのは確かですが、
現時点での最有力候補はこの馬です。


と言うことで見学時間は終了、
さぁ、次はいよいよ最後のステージです!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2013年キャロットクラブ募集馬見学ツアー 【 NF Y9 & 10 メス馬編 】 なべおの歳時記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる