なべおの歳時記

アクセスカウンタ

zoom RSS 2013年キャロットクラブ募集馬見学ツアー 【 NF Y9 & 10 牡馬編 】

<<   作成日時 : 2013/09/11 15:28   >>

面白い ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2

おはようございます。
画像

新千歳空港には霧が立ち込め、
天気が気になるツアー2日目の朝です。

いつものことですが、
しっかり朝食をいただいていざ出発!
画像




<ノーザンファームY9 & 10:牡>

・メジロルルドの12
・シアトルサンセットの12
・トキオリアリティーの12
・ベビーグランドの12
・ダークサファイアの12
・ヴェラブランカの12
・リビングデイライツの12
・ロゼットネビュラの12
・フェルミオンの12
・メジロヒラリーの12
・ポトリザリスの12
・シェルズレイの12
・アディクティドの12
・リッチダンサーの12
・シャリールの12
・シーザリオの12
・エンシェントヒルの12
・ブルーラスターの12
・クリソプレーズの12
・ハートビートワルツの12
・グレイトグレイスの12
・ファーレサルティの12
・ピンクアリエスの12
・コープランズナニーの12
・マックスドゥイットの12



世間一般におけるこのステージの注目馬と言えば、
間違いなくこの3頭でしょう。

まずはポトリザリスの12から。
画像

クラブを代表する繁殖牝馬の仔なわけですが、
正直なところコレと言って推す要素はなかったなぁ。
画像

ディープ産駒らしい弾むような歩様も見られず、
脚の長さだけが目立っていたような感じ。

ま、それでも走ってくるのがディープ産駒か・・・




続いてシェルズレイの12ですが、
実はこちらも微妙な評価になりました。
画像

あまりディープ産駒らしさが見られない印象で、
ダート色が強いかなと言う感じ。
画像

まぁ、でも、これはこれで走りそうな気が・・・




最後はシーザリオの12です。
画像

やや後駆が細いような気はしましたが、
無駄肉のないバランスの取れた好馬体でした。
画像

これが\300,000と言う価格に見合うかはさておき、
良い馬だとは思えましたよ。




このステージはまだまだ話題性のある馬が登場、
かなりな豪華メンバーが競演しました。

トキオリアリティーの12です。
画像

周回展示ではリズムの良い活気ある歩様を見せ、
印象としては悪くありませんでしたよ。
画像





こちらはダークサファイアの12です。
画像

ボクも事前にチェックしていた1頭で、
やはり好馬体の持ち主でした。

またスタッフさんのお話によりますと、
扱いやすい馬ながら強気な一面もあるそうです。
画像

キンシャサノキセキとの配合は、
大成功だったと言って良いと思います。

ただ個人的には前脚のさばきが少し硬く見え、
出資有力候補からは1歩後退。

すでに多くの票が投じられていますし、
今回は見送ることを早々に決断しました。




実馬を見て大きく前進したのがこの馬、
ヴェラブランカの12です。
画像

事前チェック馬ではありましたが、
思っていた以上に良い馬だったんですよ〜

歩くとキレイな脚さばきをしますし、
力強さとしなやかさを併せ持った馬体が好印象。
画像

母父クロフネの良さが前面に出た感じで、
芝でもダートでもこなしそうでした。
(スタッフさんは芝向きだろうとおっしゃっていました。)
画像

う〜む、これは有力候補に急浮上だなぁ。



この馬も良い印象が残りました。
リッチダンサーの12です。
画像




雄大な馬体が目立ったのがシェリールの12
画像

前腕のたくましさや関節の大きさは、
ハービンジャー産駒共通の特徴が出ています。
画像

これなら脚元の不安もないでしょうし、
東の所属だったら有力候補にしていたな〜
画像




意外と言っては失礼ですが、
エンシェントヒルの12はイイ馬でしたね。
画像

バランスの良さを感じましたし、
キレイな栗毛は新陳代謝が良い証拠。
画像

周回展示でもリズムの良い歩様を見せていました。




募集馬中で唯一のヴァーミリアン産駒、
ピンクアリエスの12です。
画像

東の所属ならぜひにと思っていたのですが、
やはりなかなか好印象の馬でした。
画像

父のイメージからは筋肉ムキムキ系かと思いきや、
意外にもスッキリした馬体。
画像

ヴァーミリアンもラジオたんぱ杯を勝っていますし、
この馬も芝で走って来そうに感じましたよ。




と、まぁ、いろいろ紹介してきましたが、
このステージでボクが最も気に入ったのはこの馬。

ハービンジャー産駒のメジロルルドの12です。
画像

ちょっと長めの背中はキレイなラインを描き、
歩かせると身のこなしが柔らかいんです。
画像

もちろん前腕部のたくましさと関節の大きさ、
前肢の可動域の広さはしっかり踏襲。

脚元の不安を心配する必要はなさそうです。

スタッフさんによるととても賢い馬とのことで、
すぐに周りの状況を理解できるそうですよ。
画像

全くの圏外からいきなり有力候補に浮上
こう言った出会いがツアーの魅力なんですよね〜

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
面白い 面白い
かわいい かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
なべおさん お返事ありがとうございました。毎回、ツアーのアップデイト参考にしてます。自分が参加しても、他人の意見は重要なので。サンデーレーシングの牡馬にも投資しているのですが、惜しいところで勝ちあがれず、障害に転向しました。障害で開花してくれるといいのですが。1勝するのって本当に大変ですね。今まで、たくさん投資しすぎて14頭もいたのですがどの馬も脚の故障で引退、または勝ちあがれず引退、今は半分になったので、去年からは1頭しか投資しないことに決めました。というわけで、今年はササファイヤーに決めました。でも、ピンクアリエスも、もし、後で満口にならなかったら投資するかもしれません。では、また来年もよろしくお願いします。
Harbinger Love
2013/09/11 18:15
Harbinger Loveさん、こんばんは。

まぁ、ボクのインプレッションなんて、
素人の戯言です。あまりアテにはしない
方が良いと思いますよ〜

この業界、どうしても脚の故障はついて
まわってきますよね。それが今の時期の
3歳未勝利馬なんかだとホント、何とか
してほしいと強く思います。

まぁ、そう言う部分も含めて、その馬の
運命なんでしょうけど。

お互い、愛馬が無事に出走を重ねられる
ことを願いたいですね。
なべお
2013/09/11 19:53

コメントする help

ニックネーム
本 文
2013年キャロットクラブ募集馬見学ツアー 【 NF Y9 & 10 牡馬編 】 なべおの歳時記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる