なべおの歳時記

アクセスカウンタ

zoom RSS 2013年キャロットクラブ募集馬見学ツアー 【 行ってきました編 】

<<   作成日時 : 2013/09/09 15:16   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

毎年恒例のキャロットクラブ1歳募集馬見学ツアー、
今年も行ってまいりました。

初日は雨が降る厳しい見学となりましたが、
2日目は好天に恵まれて少し暑さを感じるほど。

不安定なお天気には悩まされましたが、
まぁ、何とか無事に全募集馬に会うことができました。



まずは募集馬全体に関する感想ですが、
各馬とも早めに作ってきていたように思います。

大なり小なり馬によって差はありますが、
総じて馬体・歩様ともしっかりしていた印象です。

それもあってか昨年同様に平均点はかなり高い
と言うのがボクの素直な感想。

見てすぐに「これは切り捨て」と判断できるような、
そんなデキの馬はほとんどいなかったなぁ。

やはり新馬戦の時期が早くなったことで、
1歳馬の育成は従来よりも前倒しされているのかも。

ちなみに・・・
懇親パーティーでカツミさんがおっしゃっていましたが、
今年の募集馬は昨年より数段上のレベルとのこと。

現2歳世代は滑り出し好調なわけですが、
それを数段上回ると言うならエラいことですねぇ。

もう一段上のステージを目指すとのコメントもあり、
どこまで信じて良いものやら判断に困りました



一方、大注目のハービンジャー産駒ですが、
ボク自身について言えば好みの馬ばかりでした。

どの産駒も関節部がゴリッと大きく骨太で、
前腕部のたくましさも目につきました。

脚元は丈夫だろうと思わせる造りながら、
歩かせると予想以上に柔らかい動きをします。

特に前肢の可動域が広いように見えたのですが、
それが柔らかさを感じる理由なのかもしれません。


脚元が丈夫で動きが柔らかいとなると、
ケガを気にせず調教を重ねられると思うんです。

となると順調さを大きな武器にして、
2〜3歳戦で結果を出してくるんじゃないかなぁ。

一方で最大の懸念点として挙げられるのが、
日本のスピード競馬への対応可否になるでしょうか。

この辺りは全くの未知数ですが、勝ち上がり後、
特に古馬以後も通用するかがカギかなと思いました。





と言うことで次の記事からは、
各ステージの様子をご報告していきましょう。

なおボクの馬の良し悪しの判断基準は、
その馬が好きかどうか」です。

「走る馬かどうか」では決してありませんので、
あらかじめご承知おきくださいね。

またネガティブなコメントもあるかと思いますが、
それもあくまでも個人の好みの問題です。

当該馬を誹謗中傷する気はございませんので、
併せてご認識ください。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2013年キャロットクラブ募集馬見学ツアー 【 行ってきました編 】 なべおの歳時記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる