なべおの歳時記

アクセスカウンタ

zoom RSS 2013年キャロットクラブ1歳募集馬 愛馬候補選定も佳境に

<<   作成日時 : 2013/09/02 19:15   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

みなさま、愛馬候補選びの具合はいかがでしょうか。

待ちに待ったカタログとDVDが届きましたし、
まさしく佳境に入ったことと思います。



さていきなりお話が飛んでしまって恐縮ですが、
実は現在、人生のビッグな曲がり角に差し掛かってまして。

あの〜、結婚とかそう言うんじゃないんですけど、
まぁ、とにかくけっこう重〜い日々を過ごしているわけです。

それに加えてこの夏は愛馬たちが順調に出走してくれまして、
ボク自身も毎週のように福島や新潟へ遠征しています。

で、正直なところじっくりと腰を据えて愛馬検討する時間がなく、
早くもツアー1週間前に至ってしまったと言う状況です。

例年だと東西所属馬とも全頭レビューした上で、
話題性の高い馬や注目の馬をピックアップしたんですけどね。

でも今年は残念ながらそこまで手が回りませんので、
関東所属馬のみレビューしました。


今年も関東所属で募集価格10万円以下と言う、
従来からの「家訓」に変わりはありません。

対象外である関西所属馬のレビューを省略すれば、
ある程度は絞込み作業も間に合うかなと言ったところです。

ただし事前の予習がほとんどできないことになるので、
ツアーでは関西所属馬はあまりチェックしないでしょうね。



ちょっと前置きが長くなりましたが、
そろそろ本題に入ることにしましょうか。

とりあえずカタログとDVDをレビューした段階で、
ボクが気になった馬たちを簡単にご紹介しようと思います。

ツアーではこれらの馬を中心に確認し、
最終的に愛馬候補を決めることになる予定です。


まずは募集馬全体の感想を少しお話しましょう。



<全体的な募集馬の印象>
今年の募集馬は比較的難解な印象を受けていて、
血統表の字面だけで有力候補になる馬が少ない気がします。

クラブ馴染みの血統馬や活躍馬直系の弟・妹にあたる馬、
そう言ったわかりやすい馬が少ないんですよね。

これは先日もちょっとお話した通りですけど。


そう言う意味ではシルクホースクラブの募集馬は、
わかりやすいラインナップになっているように思うんです。

これって社台グループ内のクラブのポジションが変わった、
と考えるべきなのかもしれませんね。

  かつてのキャロットクラブのポジションにシルクH.C.が入り、
  今のキャロットクラブには違うポジションが与えられた・・・


ボクは何となくそんな気がしています。



<東西格差解消か>
東西の所属にフォーカスしてラインナップを見ると、
次のような傾向があるように感じました。

〜 シャッフル型 〜
かつては産駒が毎年関西所属で募集されていた血統が、
関東所属で募集されている事例が目立ちます。

またその逆の事例も多少はありますし、
東西の振り分けはある程度シャッフルされているようです。


〜 シャトル型 〜
1年ごとに関西と関東に振り分けられる、
シャトル式の募集になっている血統も目立ちました。



この辺りは会員さんの声を反映させたクラブ側の配慮、
東西格差の解消策と言う解釈になるのでしょうか。

関東の競馬サークルを応援するボクとしては、
この傾向はウエルカムですけどね。



<カタログ写真を見てみると・・・>
カタログ写真の感想なんですけど、
関東所属馬の方が良く見えたんですよね。

もちろん関西所属馬も悪くないんですけど、
特に関東所属の高価格帯馬が妙に良く見えたんです。

これって何か作為的なものがあるのかなぁ。

もっとも、DVDで印象が変わる馬もいましたから、
一概に写真映りだけで判断するのは危険かもしれませんが。



<なべおの注目馬>
と、まぁ、こんな感じでザッとカタログとDVDをチェックして、
血統表や近親の活躍状況も加味してみました。

で、とりあえずツアーでボクが注目することにしたのは、
以下にリストアップした馬たちです。
画像


「評価」欄については・・・
  ○ : 出資候補としてチェックしたい。
  △ : 実馬が気に入れば出資候補として考えたい。

なお募集価格10万円を超える馬も挙げていますが、
これはあくまでも「挙げるのはタダ」と言う考え方なだけ。

実際に出資することはまずないと思っていますが、
実馬を本当に気に入るようなら「家訓」を破っちゃうかも〜



とにかく実馬に会って決める、と言うのがボクの考え方。

今回リストアップしなかった中から、
愛馬候補が出る可能性も十分ありますからね。

ツアーではしっかり各馬の雰囲気を確認してこようと思います。
毎年のことながら本当に楽しみです!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
なべおさんこんばんは

楽しみな季節がやってきましたね
自分は容姿、血統、価格、厩舎、なべおさんのレポ等から総合的に判断しています
今年は「関東の牡」を最優先で考えていますが牝馬も良い馬いるんですよね〜
牡牝併せて4頭までは絞り込みましたが、4頭ともなべおさんの現時点での候補に入ってるので期待できそうです!

僕、明日から入院するので病院のベッドでツアーレポートを待っています お気をつけて行ってきてください!
ゆう
2013/09/03 21:46
ゆうさん、こんばんは。

だいぶ絞られたようですね。いろいろ
悩みつつ絞っていく作業もこの趣味の
楽しさですもんね。こう言う悩みなら
ウエルカムでございます!

しかし、この期に及んで入院とはお気
の毒です。ぜひご自愛下さいね。無事
全快されることを願っております。
なべお
2013/09/04 00:35
こんばんわ^^

今年は関東馬の方が良く見えるというのはボクも同じ印象で、やはりこれは牧場側が狙ったものなのかもしれませんね〜

そして注目のなべおセレクト、
なべおさんにしては例年より少々派手な血統馬が多いですね。
ついになべおさんも都会の色に染まってしまったのか。。。
プリマティスタのような地味な血統の馬でブイブイ言わせてた頃のなべおさんが懐かしい・・・
というのは冗談です^^

ツアーでは、「雰囲気」!
とにかくこれに尽きますよね。
いっぱい楽しんできて下さい!^^
こだっく
2013/09/04 20:06
こだっくさん、こんばんは。

やっぱりそうですよねぇ。
関東馬が妙に良く見える・・・。

そうか〜指摘されてみて気付きましたが、
確かに浮かれたセレクトに見えるなぁ。
こりゃ、反省反省。

まぁ、でもですよ、例えば後のローガン
サファイヤをツアーで激ホメしたのは
ワタクシですからね。今回も実馬を見て
からが勝負だと思ってますよ〜

それでもベタベタなセレクトになったら
スミマセン・・・。オトナのヤらしさで
少年のような清らかな心が曇ったんだと
お考えください・・・。
なべお
2013/09/04 21:43

コメントする help

ニックネーム
本 文
2013年キャロットクラブ1歳募集馬 愛馬候補選定も佳境に なべおの歳時記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる