なべおの歳時記

アクセスカウンタ

zoom RSS スペクトロライト2戦目 観戦記

<<   作成日時 : 2013/03/04 13:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

それでは現地応援してきた模様をご報告しましょう。

この日、朝のうちは太陽も出て良い天気でしたが、
昼に差し掛かるころから曇りがちに。

まさしく我が愛馬の行く末を暗示していたのかも・・・




いつも通りに\1,000の単勝馬券に気持ちを込めます。
画像




スペクトロライトは-8Kgの464Kgか。
う〜む、やっぱりカイバ食いが良くないのかなぁ。
画像






さぁ、パドックに姿を現しました!
今日もモカブラウンのメンコをお召しになってます。
画像





馬体の雰囲気は思ったより悪くない印象。
画像

まだまだ力強さは足りないと思いましたが、
デビュー戦よりは筋肉量が増えてきたようです。

後肢の踏み込みも深く見えましたし、
何よりもすごく落ち着いて周回していました。




事前の情報通りにチークピーシーズを使ってきました。
なかなかおしゃれさんに見えますね〜
(そう言う用途ではありませんが・・・。)
画像





オシリ周りも少し筋肉質になってきましたね。
画像

こうして見ると馬体的には成長の跡が感じられます。




今回は堀先生もお見えになって最終チェック。
隣では二ノ宮先生がヨッコイショのポーズ。
画像





戸崎騎手、気合い入ってますなぁ〜
なんだかメンチを切る中学生みたいです・・・
画像






出走馬たちが馬場へ出てきました。
画像


ただ、この日は弥生賞当日と言うことで、
外ラチ沿いのエリアはどこも場所取りでビッシリ

何とか狭いスペースにもぐりこんだのですが、
人垣の間を縫って撮影するような状況だったんです。

で、以降は思ったような写真が撮れませんでした
(ま、撮影テクの問題だと言うご意見もあろうかと思いますが。)



芝コースだと馬との距離が近いのがうれしい〜
画像





待避所からゲートへと移動する時も、
ホラ、こんな近くに来てくれましたよぉぉぉ〜
画像





芝1,800mはスタートが目の前なので、
ゲートイン直前の馬たちの様子が良くわかります。
画像

スペクトロライトは引き続き落ち着いており、
良い雰囲気を保っています


そしてそのままおとなしくゲートイン!
画像






いよいよスタート!
画像

係員のオジサンたちが素早くゲートを片付け、
コースの整備に取り掛かっていました。


スペクトロライトはわずかに遅れて発馬するも、
中段くらいに盛り返して1コーナーへ。

ところがここからズルズルと後退、
後方から数頭の位置で道中を進めることになります。


3コーナーを過ぎると早くも戸崎騎手の手が動き、
馬を前方に進出させるべく促し始める!
画像

しかしスペクトロライトは思ったように動かず
後方のまま最後の直線に!
画像





戸崎騎手は外ではなく比較的インを選択、
馬混みの中へと突っ込んでいきます。
画像

なので我が愛馬の姿がほとんど見えない・・・




それほど目立つものではありませんでしたが、
それなりに脚を伸ばしてゴールへ向かう!
画像





最後はみなさんと一緒に雪崩れ込み12着での入線。
画像



優勝どころか掲示板にも載れず、
二桁着順の惨敗と言う結果に終わりました
画像






1コーナーでの姿が全てを表しているなぁ、
と言うのがボクの個人的な見解です。

馬混みを嫌って前に進んでくれず、
自分が落ち着けるポジションに下がっていく
感じ。

3〜4コーナーで戸崎騎手が合図を送った際も、
反応はかなり鈍い様子でしたよね。


その一方でラスト3Fは出走馬中4位の時計で、
競争能力に致命的な問題があるとも思えません。

とにかく馬がレースに対して消極的で、
産まれ持った能力を全然発揮してくれません。



過去の経験から言っても、
この手の問題は本当に難しいんだよナ・・・

何かキッカケをつかんで目覚めてほしいですね。


まずはしっかり食べてしっかり動けるよう、
内臓面の不調解消を最優先すべきかもしれません。

堀先生の手腕に期待しつつ、
馬の良化を信じて待ちたいと思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
なべおさん、こんにちは。
現地応援とレースレポートありがとうございます。
何とももどかしい状況になってしまいましたね。レースに集中できないのはスペースニードルで、トレセンの環境に馴染めないのはカーライルで経験していますが、今のスペクトロライトはこのどちらも持ち合わせた感じです。
間違いなくいい物は持っているのですが、肝心の能力を発揮する気配がありません。まだ諦めるのは早いですが、何とか気持ちが走る方へ向いてくれるのを祈るばかりです。
づっちゃん
2013/03/05 11:34
づっちゃんさん、こんばんは。

心の片隅では予想していたような気もしますが、
残念な結果になってしまいましたね・・・。

づっちゃんさんもスペースニードルの「逆噴射」
を経験したおひとりでしたか。あの馬も走る気が
全くない馬でしたよね。まさかスペクトロライト
が同じ道を歩もうとしているとは悩ましい限り。

何とか走る喜びを理解してほしい・・・。
なべお
2013/03/07 00:03

コメントする help

ニックネーム
本 文
スペクトロライト2戦目 観戦記 なべおの歳時記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる