なべおの歳時記

アクセスカウンタ

zoom RSS なべお事件ボ Farewell, 2012! 【 愛馬・競馬編 】

<<   作成日時 : 2012/12/31 16:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

いや〜、早いもので今日は2012年の大晦日。

あまり大げさにお話するつもりはありませんが、
簡単にこの1年を振り返ってみようかなと思います。


【 愛馬・競馬編 】

今年はピグマリオンのデビュー勝ちで始まったんですよね。

愛馬としてはプリマティスタの未勝利戦勝ち以来、
約3年ぶりの中央勝利でした。

ほとんどムチを使わずに3馬身差と言う圧勝は、
うれしさを通り越して衝撃的だったなぁ〜

鞍上も世界的名手ルメール騎手でしたし、
全てがうまくハマった最高の初陣だったと思います。


ただしその後はもどかしいレースに終始し、
高い潜在能力を実戦で発揮できない印象が残りました。

これは心身ともに本格化していないことが原因でしょうし、
調教と経験を積んでいけば前進は可能だと思っています。


一方で「鞍上を固定できなかった」と言うことも、
原因として挙げるべきかもしれません。

ピグはこの1年で8戦を消化しましたが、
レースでその背に跨った騎手はなんと6人!!!

確かに一介の条件馬なわけですけど、
こんなに乗り替わりの多い馬も珍しいですよねぇ

気難しさがレース結果に直結する馬ですから、
鞍上は固定した方がプラスだと思うんだけどなぁ・・・。

ま、そんな中でも7戦で掲示板を確保してくれて、
馬自身は十分がんばってくれたと思います。



過去の愛馬たちはほとんどが3歳で引退を余儀なくされ、
まともな形で古馬になったのはピグが初めてです。

心身が噛み合うことと相性の良い騎手に出会うこと、
それが実現できればきっと大きな仕事をしてくれるはず。

2013年はぜひ飛躍の年にしてほしいですね〜






さて続いて2歳馬の方にお話を移しましょうか。

今年の2歳勢は過去のボクの愛馬中、
もっとも順調にデビューを果たしてくれました。


プーカは7月末の新潟で、
スペクトロライトは12月の中山で各々デビュー。

ボクは毎年2頭ずつ出資しているのですが、
2頭ともが年内にデビューできたのはこれが初めて。

残念ながら勝ち上がることはできませんでしたが、
両馬とも掲示板を確保して先々が楽しみな初陣でした。


2013年に向けて各馬への期待はと言いますと・・・

まずプーカについては、
何と言っても剥離骨折の完治が最優先課題。

初戦・2戦目のレースぶりを見る限り、
未勝利を脱出するだけの能力は十分あるはずです。

松山(康)先生と松岡騎手のタッグも心強いですし、
体勢さえ整えば勝ち上がりは遠くないと思います。

ただしそれも脚元の状態回復が大前提ですから、
アセり過ぎずしっかり治してから復帰してほしいところ。



スペクトロライトは心身の成長がカギでしょう。

馬体そのものはバランスが素晴らしく、
良い素材であることは間違いないと思います。

ただし足りないのは力強さやたくましさで、
全体的にもう少し筋肉をまとってほしいところ。

馬体が充実することで馬に自信が出てきて、
他馬を気にする面も解消できるんじゃないかなぁ。

後は経験を積んで競馬を理解すれば、
持っている能力を発揮できるようになるでしょう。


2頭とも良いところを感じさせていますので、
2013年はぜひ勝ち上がるシーンを見せてほしいですね〜

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
なべお事件ボ Farewell, 2012! 【 愛馬・競馬編 】 なべおの歳時記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる