なべおの歳時記

アクセスカウンタ

zoom RSS ピグマリオン、復帰戦は次週の新潟へ

<<   作成日時 : 2012/10/07 10:02   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

戦線復帰が待たれていたピグマリオンですが、
ついに具体的なプランが発表されました。




〜 2012/10/03 加藤(征)厩舎 〜

・10/03は美浦南Wコースで津村騎手を背に追い切り。
   69”1 − 54”3 − 39”8 − 13”0

・前半をじっくり進めて後半に前との差を詰める追い切り。

・前回追い切りではバタついて逆走しかけた。

・今回はスッと出て良い形で入ることができた。

・津村騎手もうまく制御してコンタクトが取れている。

・馬の動きは上々で仕掛けてからの反応も悪くない

・帰厩後じんわり乗ってきたがだいぶ態勢が整ってきた

・もう1週で仕上がる見込みなので来週出走を目標に。

・これまでは制御の難しさからダートを選択してきた。

・スピードが出る芝よりダートの方が制御しやすいため。

・ただしパワー型の馬ではなくずっと芝を使いたかった。

・津村騎手とも相談した結果、今回は芝に行く

・10/14新潟の芝1,400mに津村騎手で出走予定。




“満を持して”と言っても良いのでしょうか、
いよいよピグマリオンが芝のレースに出走します。

春先にソエが出たこともあって、
ここまではダート戦ばかりを使われてきました。

しかし以前から芝への適性を感じていましたし、
先生に評価されていたのもスピード能力でしたからね。

得意の舞台でどんなパフォーマンスを見せてくれるのか、
とても楽しみな一戦になりそうです。



ところで加藤(征)先生のコメントなんですが・・・

 芝だとスピードが出過ぎて制御しきれないので、
 スピードが抑制されるダートを使ってきた


と言うような主旨になっています。

これってある意味スゴイことじゃないでしょうか?
だって制御できないほどスピードが出るってことでしょ?

もちろんここには気性的な面も含まれているでしょうが、
高いスピード能力を匂わせる一言だと思いました。



そして今回鞍上に迎えるのは津村騎手。

加藤(征)先生はかなり信頼している様子で、
今回の追い切りでもその腕前を評価なさっています。

正直なところやや地味な騎手ではありますが
今年は30勝近くの勝ち星を挙げているんですよね。

トーセンベニザクラで重賞も勝っていますし、
着実にキャリアを重ねている印象です。


今回の起用について個人的には概ねポジティブですが、
それは今後も乗り続けてくれることを期待して。

気性面に課題がある馬なので乗り役は固定すべきだ、
とボク自身は以前から感じています。

なので調教で乗り慣れていて騎乗確保もしやすいなら、
津村騎手を主戦にと言う選択肢は悪くないはず。

調教中の「お戯れ」で怖い思いもしたでしょうし、
ぜひレースでご褒美を得てほしいところ。



あとは長期休養明けがどう出るかですが、
こればかりは走らせてみないとわからないでしょう。

落ち着いて臨めれば良いのですが。

ま、あと1週間ありますので、
しっかり態勢を整えてほしいと思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ピグマリオン、復帰戦は次週の新潟へ なべおの歳時記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる