なべおの歳時記

アクセスカウンタ

zoom RSS 2012年キャロットクラブ募集馬見学ツアー 【 追分F リリーバレー編 】

<<   作成日時 : 2012/09/10 17:48   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012年9月9日(日)

さて2日目となったわけなんですが、
初日とは打って変わってエラい悪天候に。

6回目のツアー参加にして初の雨天でして、
かなり残念な1日になってしまいました。



追分ファーム リリーバレー

展示馬(牡)
53. クリームオンリーの11
84. リードザウェイの11

展示馬(牝)
08. ベルフィーチャーの11
71. ケルティックハープの11



この日、最初の会場は追分F リリーバレー。

ここがツアーに組み込まれたのは今回が初めてで、
ボクは訪れることそのものが初めてです。

みなさんもほぼ同じ状況だと言うことで、
社員さんの解説付きで簡単な施設見学がありました。
(バスに乗ったまま主要施設を見て巡る形)

総面積が東京ディズニーランド5個分相当と言う、
 とんでもなく広大な敷地。

・栗東トレセンよりも急角度の1,000m直線坂路や、
 内・外二重構造の屋内周回コースなど施設充実。

画像
1,000m直線坂路のゴール地点



画像
外側の屋内周回コース外観



画像
内側の屋内周回コース内部。
屋根の枠組を木製にしたのは場長さんの意向だそう。



・場長さんの意向が反映されたと言う、
 通常より広い馬房と高い天井の厩舎も自慢。
画像
この写真では良く見えませんが、厩舎入口にはウッドチップを敷設。




他にも育成や調教の最新技術が投入されているそうで、
うまく回り始めれば成果を出してくるのでは。

今後はリリーバレー育成馬がブランド化するかもですよ〜


まだ多く残っている造成中の区域が完成の暁には、
社台F、ノーザンFに次ぐ第3の拠点を目指すとのこと。
画像
こんな造成地を放牧地にするには年単位で時間がかかるそう。



日本経済低迷が叫ばれて競馬業界もパッとしない中、
こんな大事業を推し進めているとは社台Grもスゴイですね。



さてこのステージは4頭の展示とコンパクトでしたので、
好感を受けた2頭を簡単にご紹介するのみにしますね。

画像

クリームオンリーの2011です。
力強い馬体ながら重さは感じないリズムの良い歩様でした。




クラブOG馬の初仔ベルフィーチャーの2011です。
画像

首を使った歩様は前脚の出が良く好印象でした。




個人的にはこのステージは募集馬の見学よりも、
リリーバレーの施設見学の方が興味深かったかも

さて、実はここまでは何とか雨が降らずにいたのですが、
バスに乗って移動を始めるとポツポツと雨音が・・・

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2012年キャロットクラブ募集馬見学ツアー 【 追分F リリーバレー編 】 なべおの歳時記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる