なべおの歳時記

アクセスカウンタ

zoom RSS プーカは続戦の方向

<<   作成日時 : 2012/08/05 16:53   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

デビュー戦を無事に走り終えたプーカですが、
今のところまだ美浦トレセンに滞在しているようです。




〜 2012/08/02 松山(康)厩舎 〜

・08/01、08/02は軽めの調整。

・デビュー戦ではスタートが今ひとつ

・松岡騎手がしっかり動かした後はスムーズだった。

・引っ掛かることもなく直線ではやったと思わせる走り。

・勝ち馬より良い手応えだったので勝ったと思った

・それだけに悔しいがプーカの高い競馬センスは感じた

・某日刊紙は松山(康)先生の強気発言記事を掲載していた。

(発言は事実ではなく)何だかなと思いつつ困惑した。

・しかし結果的にはそれに恥じない競馬を見せてくれた。

・レース後は脚元に問題なく使ったなりの疲労程度。

・カイバ喰いは元々遅く、今もややゆっくり。

・常道的には次走は新潟3週目牝馬限定戦あたり。

・しかし中山2週目にも適鞍あるので幅を持たせて検討。

・今週一杯は手元で様子を見て臨機応変に考えていく。

・馬の状態次第では短期放牧に出しても良い。




  ベストの結果ではなかったものの、
  競馬センスの高さを確認することはできた・・・


これがデビュー戦の評価と言うことのようです。

ボク自身も概ね同じような見解で、
素直なレース運びができるセンスある馬と感じました。


一方でレース後の馬の状態を心配していたのですが、
意外にもそれなりに維持している模様。

在厩のまま調整を続けているだけでなく、
松山(康)先生は続戦の可能性すら示唆しています。

レース後は即、放牧になると思っていたので、
これには少しビックリしました。


牧場からNF天栄に移動した際は体調が落ちましたし、
馬体も小柄なので基礎体力不足の印象が強いんですよね

でも改めて振り返ると初入厩以降は全く頓挫がなく
こちらの期待以上にがんばれています。

そう考えると、精神的に追い込まれないことを前提に、
このまま2戦目に挑戦できるかもしれません。

いずれにしても馬の状態を良く見ながら判断、
と言うことに変わりはないでしょう。




さて先日お話しました松山(康)先生のカゲキ発言
どうやらガセネタだったようですね。

でも結果としてはプーカの方が記事に合わせてくれた形となり、
最終的にはガセネタじゃなくなっちゃった模様。

先生直々にそんな裏事情を暴露いただくとは、
少々ビックリしてしまった次第です。



それにしてもこの辺りの松山(康)先生のコメント、
なかなか味があって好きなんですよ。

大久保(洋)先生もそうなんですけど、
ベテラン先生のお話って独特の味がありますよね。

ちょっと漫談チックと言いますか、
なんだか和んじゃう雰囲気が漂っています。

そんなところが余裕を感じさせ、
安心感につながっているのかもしれません。


ま、次は勝って楽しいお話をしていただきましょう。



=追伸=

ひとまず次走は中山開催と言う方針に決まり、
これを受けて馬はブルーステーブルに放牧されました。

・カイバ喰いはゆっくりだが疲労は比較的軽め。
・暑い中で輸送競馬が続くのは小柄なプーカには負担大。
・よって次走は新潟ではなく中山開催に目標を置く。
・少し間が空くのでリラックスさせる意味で放牧に出す。
・輸送は極力少なくしたいので美浦近郊のブルーSへ。

いずれにしても続戦との選択ですね。

うまく調整して次で決めてほしいところですが、
さて思い通りにコトが進むでしょうか。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
プーカは続戦の方向 なべおの歳時記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる