なべおの歳時記

アクセスカウンタ

zoom RSS 2012牧場めぐり報告記 【最終回 : ノーザンホースパーク 〜 ノーザンファーム早来】

<<   作成日時 : 2012/08/19 01:19   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 6

日高地方の牧場めぐりは終了したので、
千歳方面へ向けて西へとクルマを走らせます

で、ランチのためにやってきたのはここ。
画像


今こそこのカードの威力を見せ付けるのだ!
画像




入り口ゲートでキャロットクラブメンバーズカードを差し出すと、
おぉ!ホントにタダで入場できた!
(なんですかコレ、みたいなこと言われそうで緊張した〜)

で、くるみバゲットサンドとレモンスカッシュを、
K's Gardenのテラス席でいただきました。
画像


周りはカップルや若い女性のグループばかりで、
アラフォーおじさんの1人ぼっちは場違いだったかも



食後はパーク内の厩舎へ脚を運び、
繋養されているかつての名馬をちょっと見学。

アドマイヤジュピタデルタブルースが、
愛想良く顔を出してくれました。
画像

画像

さて、それじゃ最後の牧場へ向かいますか。





ノーザンファーム早来


ノーザンホースパークからクルマで20分ほど、
やってきたのはノーザンファーム早来。
画像



ここでの目的はただひとつ。
我が愛馬ピグマリオンとの再会です。

競馬場では会っていますがそれはONの姿であり、
牧場でのOFFの姿に会うのは募集時以来となります。

早めの夏休みに入って馬体調整に努めてきましたし、
その状況なども確認したいところ。

事務所で受け付けを済ませると、
すぐにTさんがやってきて厩舎へ向かうことに。


ピグがバカンスを過ごしているのはこの厩舎。
画像


さっそく愛馬とご対面!
画像

画像

第一印象は「体がリッパになってきたな〜」というモノ。

やはりしっかり休養した効果があったようで、
全体的にたくましくなったことが一目瞭然。
画像

ダイワメジャー産駒らしく、
筋肉量豊富な馬体になってきましたね。

馬体重は491Kgとのことでしたので、
この秋は480Kg台で競馬を使うことになりそうです。
画像

画像

画像


頭の中で想像していたよりもかなり馬の雰囲気が良く、
トリハダが立つほど感激してしまったワタクシ。

脳内がちょっとフリーズ気味になりましたが
担当スタッフさんとTさんに何とか直撃インタビューを敢行。

その結果をかいつまんでご報告しましょう。

  ソエはもう完治しており心配なし。
  背腰に疲労が出やすいのは事実。
  ただし2歳時よりはだいぶ良くなっている。
  競馬ではかかる場面あるが普段は素直で扱いやすい。
  今回は馬がリフレッシュでき良い休養になった。
  08/16にはNF天栄に移動し間をおかず入厩見込み。
  中山最終〜東京前半が目標となりそう。
  次走が芝かダートかは加藤(征)先生の判断次第。
  調教での乗り味からは芝に適性を感じている。
  ソエがあったのでダートを使ってきたとの認識。


馬にとって良い休養になったことが、
素人のボクにも伝わってくるほど良い状態でした。

競馬を使うためにはもうひと絞りすると思いますが、
かなりイイ馬体になると思いますよぉ〜
画像

こりゃ〜秋シーズンがますます楽しみです!


ピグが前がきを始めたこともあり
そろそろ見学はお開きに。
画像




時間にして15分ほどだったと思いますが、
元気そうな愛馬と会うことができて満足です。

関係者の方々と我が愛馬ピグマリオン、
お忙しいところ対応下さりありがとうございました





時刻はPM04:00少し前。
これにて今年の牧場めぐりは全日程終了。
画像

さ、レンタカーを返却したら、
空港で少し早めの夕ご飯にしようかな〜



北海道での最後の食事は、
サッポロクラシックの生ビールと豚丼にしました。
画像

豚丼そのものはまずまずのお味でしたが、
ビールのジョッキから豚脂のニオイが・・・。

まぁ、ある程度は仕方ないとは思いますが、
もう少し気を使ってほしかったかも


帰りの飛行機には巨大なピカチュウが。
画像

アラフォーの一人旅には似合わな過ぎる・・・





そんなわけで今年の牧場めぐりも、
大きなトラブルなく楽しむことができました。

各牧場関係者のみなさまにおかれましては、
多大なるご協力をいただき御礼申し上げます。

今後もきちんとルールが守られ、
見学者と牧場の双方が良い関係でいたいものですね。


社台系牧場では豪華な馬たちにため息が出る反面、
日高・静内の牧場では空き馬房の多さにため息が出ます。

各牧場とも繋養馬の入れ替えや移動が目立ちますし、
競馬産業がおかれている厳しさを痛感しました。


オグリキャップ、カンパニー、ビートブラックなど、
期待度が高くない血統から名馬が出るのも競馬の魅力。

社台の馬だけが活躍するのでは面白さも半減ですし、
何とか日高の馬産が復活することを願いたいところです。



さて次に待ち構える大きなイベントは、
キャロットクラブ1歳募集馬見学ツアーとなります。

それまでは外食も遠出も控えて、
お金と体力を貯めておくとしましょうかね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
牧場巡り、十分に楽しまれたようですね^^

いつか週末を利用して牧場巡りをしませんか?スタリオンとは違って、当歳から1歳を見てまわるのもまた楽しいですよ。

暑い日が続きますが、頑張って自炊してください^^v

ぶーすか
2012/08/19 11:35
ぶーすかさん、こんにちは。
大井競馬場での夏はいかがでしたか?
さぞかし熱くなったのではないでしょうか。

今年の牧場めぐりは初日の雨天以外は天候
にも恵まれて、十分楽しめました。

ご一緒に牧場めぐり、機会があればぜひ、
お願いします。走る馬の見つけ方をそばで
勉強させて下さい!

日高の牧場を応援したい気持ちもあって、
本当は以前お話した件を進められれば、
そんな牧場めぐりもより楽しめると思う
のですが、資金繰りが難しい状況です。
(別に生活に困っているわけではないですが。)

当面は現状の一口馬主生活を継続して、
資金のメドをたてたいと思います・・・。
なべお
2012/08/19 12:45
たくさんの牧場見学をされてようで、その楽しさが伝わってきました

ノーザンホースパーク内のセレクトセール会場があまりに小さいので、初めて生で見たときはテレビで見るのとの違いにびっくりしました。

私も先月末から今月初めにほぼ同じようなところをみて回りました。私が伺った日高の個人牧場はたまたまだと思いますが活気に溢れていて、社台との”一秒差”をどうやって埋めていくのか、日々考えながら頑張っているとおっしゃられていたのが印象に残りました。

今回は我が家のおこちゃま連れでの見学で相当気をつかう見学だったのですが、それが功を奏したのか、どちらの牧場でも半端ない手厚いもてなしを受けました(笑)

キャロツアー参加されるんですね。なべおさんの見学記、今年も楽しみにしていますよ。
SHIN
2012/08/21 12:54
SHINさん、こんばんは。

がんばっている日高の牧場のお話を
聞くとうれしくなりますね。

メイショウサムソンも比較的小規模
な牧場の生産だったと思いますし、
結果が出てくれれば良いですね。

お子さん連れで牧場めぐりとは、
早くも「英才教育」ですね!

将来、どんな相馬眼を持つ大人に
成長してくれるか楽しみですよ!

キャロットクラブのツアーはぜひ
参加したいイベントですからね〜
今年も何とか出陣します。

好天だと良いんですけどね。
ま、楽しみです。
なべお
2012/08/22 01:03
お久しぶりです。今年は更にパワーアップした旅行記を拝見させていただきました。

それにしても各馬の豊かな表情はもとより、花火や簡易展覧会やアロー猫、豪華な朝食につぶめしやサッポロクラシック…こんな大満足な旅行 私もしてみたいもんです♪

私的には何といってもヤエノムテキの元気な姿を拝めた事が感動しました。以前日高SSに行った時は馬屋から出て来なくて会えなかったのですよ。午前午後どちらに行くのが良いでしょうか?

私もムテキに会いに行きたくなりましたよ〜
玉藻十
2012/08/22 21:10
玉藻十さん、こんばんは。

いや〜お恥ずかしい限りなんですけどね。

ホントは有名店みたいなところでお食事
しました的なことをご報告してみたいの
ですが、貧乏性なので超庶民派ですよ。

日高S.S.は間違いなく午前中の方が良い
ですよ。だいたい放牧されているケース
が多いですし、収牧されるシーンを見る
チャンスもあります。

アブの発生状況や気温によっては午前中
でも厩舎見学になるときもありますが、
午後は確実に厩舎見学になっちゃいます。

スタッフさん達はちょっと無骨な印象
ですが、お話してみるとみなさん親切
ですので、日高S.S.訪問の際はぜひ
声をかけてみたらいかがでしょうか。
なべお
2012/08/23 22:30

コメントする help

ニックネーム
本 文
2012牧場めぐり報告記 【最終回 : ノーザンホースパーク 〜 ノーザンファーム早来】 なべおの歳時記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる