なべおの歳時記

アクセスカウンタ

zoom RSS プーカは入厩へ

<<   作成日時 : 2012/05/26 07:47   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

う〜む、大丈夫か、NF天栄・・・。




〜 2012/05/22 NF天栄 〜

・坂路で17〜18秒/fのキャンター調整。

・動きはまだピリッとしてはいない。

・ただし熱発後は体調を崩すことなく来ている

・この馬の北海道での経緯がもうひとつわからず

・よってNF空港の調教主任に確認を取った。

・体力面の向上はあったが本質的にはこれからとの見解。

・経験を積みながら力を養っていく状況とのこと。

・この話をもって松山(康)先生とも相談。

・今の悪くない流れで美浦の環境に慣らすのも選択肢。

・ゲートだけでも良いので入厩させてみる結論に。

・検疫次第だが近々送り出す方向で調整中。




あくまでもボクの個人的見解なのですが、
今回のコメントを読んでかなり不安になりました

  どんな目的で馬がNF天栄に入ってきたのか?
  NF空港からはどういう状態で送り出されてきたのか?
  今後の全体的な方針はどんなものなのか?

こういったことをNF天栄側が十分に理解したうえで、
馬を受け入れるんじゃないんですかね?

でも今回のコメントを読む限り、
NF天栄はその辺りの事情を全然把握していません

入場した目的も事前の馬の状態もわからず、
これまで調整を進めてきていたってことですよね?

これって、とても危険なこと ではないでしょうか。

長距離輸送による疲労からの回復が中心で、
そういったことまでは知っておく必要がなかったとか?

いやいやいや、そんなことはないよなぁ・・・。


まぁ、単に文章表現上の問題だけで、
実際にはしっかり把握していたと信じたいですけどね。

くれぐれも"人災"によるトラブルがないよう、
よろしくお願いしたいところです。



肝心なプーカの方はまだ状態に不満が残るものの、
坂路調教を地道にこなしている様子。

美浦への移動もほぼ決まり、
次のステップに挑戦することになりそうです。

ただしキレやすい性格のプーカですので、
ゲート試験は「最大の鬼門」になりそうな予感

松山(康)先生のサポートを受けながら、
なんとかスムーズに合格できれば良いですね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
プーカは入厩へ なべおの歳時記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる