なべおの歳時記

アクセスカウンタ

zoom RSS ピグマリオン、次走の出走を延期

<<   作成日時 : 2012/03/18 14:15   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

4月の福島開催出走を目指していたピグマリオンですが、
これはどうやら見合わせることになるようです。




〜 2012/03/15 NF天栄 〜

 <天栄スタッフさんコメント>
・周回コースで軽めのキャンター調整。

・脚元に問題ないのでW/Mから騎乗調教へ。

・ただしレースを使った分だけ背腰に疲労あり

・しっかり疲れを取ることに重点を置く。


<加藤(征)先生コメント>
・早ければ次週辺りに帰厩して滝桜賞出走を考えていた

・しかし予想以上に背腰の疲労が抜けきれていない。

・状態が今ひとつで使うとダメージの回復にてこずる。

・よって将来を考えてここは見送ることにした

・極端なことを言えばどうしても使う必要はない一戦。

・楽しみにしていた方々には申し訳ない。

・これからの馬なので状態を優先して考えていく。




滝桜賞は500万下のD1,700m戦なんですね。

次は芝を使ってくるかとも思いましたが、
再度ダート戦で勝利を狙う目論見だったようです。

4月の福島競馬は震災以来初の開催ということもあり、
復興支援を兼ねてボクも遠征を考えていたんですけどね。

そういう意味でもこの措置はちょっと残念です。




さて今回出走を断念した理由は、
背腰の疲れが抜けきっていないためとのこと。

ただ、それが無かったとしても休養で良かったのでは?
と個人的には感じています。

デビュー以後、徐々に精神面での難しさが出てきて、
そろそろ間を空けた方が良さそうだなと思っていたところ。

馬体面でも今ひとつたくましさがほしい印象ですし、
成長を促す時間が取れるのはプラスではないでしょうか。



ただその一方で今回のこの決断、
クラシック参戦を断念するに等しい側面を持ちます。

あるいは春の大舞台をと淡い期待を持っていた会員さんは、
少々ガッカリされているかもしれませんね。


確かにクラシックへの挑戦権は一度きりですし、
チャンスは最大限に生かすべきという意見も理解できます。

ただしここまでの戦いぶりから推定すると、
ピグマリオンの距離適性はマイル前後といった感じ。

展開や馬場などを味方につけたとしても、
同世代の兵を相手に中長距離で戦うことは厳しそうです



また加藤(征)先生が明確に打ち出してきた方針、

 「目先の1勝にこだわらず馬の状態を最優先

についても個人的には大賛成です

愛馬に求めるものは個々人で見解の差があると思いますが、
ボクは長く元気に走り続けてほしいと願うタイプ。

なので少々回り道になっても馬の状態最優先という方針には、
強く共感できるんですよね。




ただそうは言っても次走では結果がほしいところですし、
そのためにも万全のコンディションが必要でしょう。

まずは背腰の疲労を十分に癒し、
しっかりと態勢作りをしてほしいと思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ピグマリオン、次走の出走を延期 なべおの歳時記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる