なべおの歳時記

アクセスカウンタ

zoom RSS ピグマリオンの3戦目は4着

<<   作成日時 : 2012/03/04 14:12   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ピグマリオンの3戦目は4着と言うことで、
事前の期待が高かっただけに残念な結果に終わりました



パドックではややイラついているように見え、
ゲート前での輪乗りでも落ち着きがありませんでした。

自分を見失うほどのエキサイトではないまでも、
少々冷静さを欠いていたように思います。

レースではスタートをキレイに決めてくれたのですが、
道中は何回か首を上げるなど反抗的なしぐさも

騎手と折り合っていないわけではないのですが、
気持ち良く走ることができていなかったようです。


精神面をコントロールし切れなかったことは、
4着と言う結果の直接的な原因
だと思います。




一方、結果論にはなりますが、
陣営側の戦術も裏目に出たように感じました。

先行馬が思い通りに運ぶ展開を、
ピグマリオンはやや離れ気味の好位で追走。

最後の直線に入っても追い出しを我慢し、
後続に追いつかれ始めてからムチを使っていました。


2戦目のレース内容をフィードバックし、
折り合いを最重要視したのはもちろん理解できます。

でも前にいたのは先行すると強い有力馬2頭で、
しかも今回は直線が短い中山のコース。

積極的に運んでもう少し早く前に追いついていれば、
結果は違ってきたかもしれません。





では関係者はこの一戦をどのように総括したのでしょうか。

〜 川須騎手のコメント 〜
  急にスイッチが入って頭が高くなることがあった。
  なだめながらの追走になった。
  馬場状態を考慮してももう少し前との差を詰めたかった。
  ただし少し出しただけで一気に行きそうな雰囲気。
  極端にかかると次走以降にも影響するので我慢を選択。
  結果的にはもう少し流れに乗せたかった。


〜加藤(征)先生のコメント〜
  少し左に張ることや前走内容から慎重になるのは理解する。
  ただし結果的には少し大事に乗り過ぎた。
  直線での差は道中の位置取りの差とも言える。
  前2頭の直後につけてそれを壁にする乗り方でも良かった。
  今回の走りを見るともう少しパワーのいる馬場の方が良い。
  パドックでメンコを外した後に少しチャカついていた。
  次はギリギリまでメンコを付けることも考える。
  今後は放牧に出して心身のリフレッシュを図る予定。
  馬の状態次第だが短期で戻して福島開催が目標。



やはり馬の気性と戦術的な部分が敗因との見解ですね。

確かに川須騎手の騎乗に一因があるのかもしれませんし、
それが実績不足から来るものなのかもしれません。

ただ個人的にはそこを批判するよりも、
とにかく鞍上を固定してほしいと思っています。


デビュー以来ここまでの3戦は全て違う騎手が乗っており、
主戦と呼べる存在が定まっていません。

これだけ気難しい馬ですから、
毎回テン乗りではうまく対処できないと思うんです。

鞍上を固定してレースを使いながら、
少しずつ馬との信頼関係を作ってほしいんですよね。

幸いにも1勝しているので時間をかけられますし、
ぜひベストパートナーを見つけてほしいと思います。




なんだかんだ個人的な見解を並べてしまいましたが
不本意なレースながらしっかり掲示板は確保しています

能力を出せればこのクラスも即卒業でしょうから、
次こそは納得の走りを見たいところ。

まずは放牧で心身をリフレッシュさせ、
英気を養ってほしいと思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ピグマリオンの3戦目は4着 なべおの歳時記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる