なべおの歳時記

アクセスカウンタ

zoom RSS ガヴァネスの引退に寄せて

<<   作成日時 : 2011/07/22 18:49   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

速報しましたように、
ガヴァネスの引退が発表されています。

まずはその経緯を確認していきましょう。




〜 2011/07/21 大久保(洋)厩舎 〜

・07/20は軽め調整、07/21は美浦坂路で追い切り。

・時計は悪くないものの動きはピリッとせず。

・その後右前脚の歩様が悪化し夕方にかけて更に悪化。

・レントゲン検査を行ったところ右前脚種子骨骨折判明。

・馬はかなり痛がっていてすぐには動かせない状態。

・診療所も治癒には長期間を有すとの診断。

・未勝利戦開催内での復帰は無理なため現役続行断念

・体質が弱く順調さを欠いたがトレセンまでたどりついた。

・何とかデビューをという一心でここまで取り組んできた。

・あと一歩というところで大変申し訳ない。




追い切り当日は台風の影響があったようですが、
馬場そのものはそれほど悪くなかった様子。

またここに至るまで坂路3本調教を重ねてはきましたが、
その効果で馬がドンドン良くなってきたとボクは解釈しています。

なので個人的には大久保(洋)先生を責める気は皆無で、
むしろここまで持ってきてくださったことに感謝しています。

それだけにもう1週間だけもってほしかった・・・
というのが本音ですけどね





この馬は出資検討の初期段階では全く眼中になく、
見学ツアーでの印象が良くて頭の中に残った一頭でした。

走る事例の多いフジキセキ産駒牝馬ということに加え、
素直そうな気性としっかりした馬体が気に入ったんですよね。

さらに\35,000という激安募集価格が大きく背中を押して、
2次募集での出資に至ったという経緯でした。
(ちなみに最後まで出資候補を争ったのが後のピュアブリーゼなんですけどね・・・。)



育成が始まると順調な推移を見せ、
2歳の2月には坂路調教ペース17秒/fを計時するまでに。

当然早期デビューを期待したわけですが、
ここから"苦難の馬生"が始まります。


左前脚(ヒザ)を軽度の骨折
 ↓
無事治癒して好調に調教消化
 ↓
夏バテで乗り運動中止
 ↓
回復して騎乗運動再開
 ↓
突然のスクミで乗り運動中止
 ↓
回復して好調にペースアップ
 ↓
左前脚とクビのハリで乗り運動中止
 ↓
明日にも引退かと思わせるほど状態戻らず
 ↓
やや見切り発車的に調教再開
 ↓
状態の良化傾向を受け入厩
 ↓
大久保流が合ったのか状態良化
 ↓
更に良化し2週間後のデビュー決定
 ↓
1週前追い切り後に骨折判明・引退



調子が出てくると頓挫というパターンを繰り返し、
今年2月の時点では騎乗運動さえできなくなりました。

一時は未入厩のまま引退勧告されることも覚悟したほど。


しかし4月に入ってやや強引に調教を再開すると、
少しずつながら状況は好転。

15-15をこなせるようになったことを合図に、
6月には念願の大久保(洋)厩舎への入厩を果たします。

ただこの時点では半信半疑といった感じで、
トレセン暮らしに本当に耐えられるのか心配でした。



ところがこれまでの弱体ぶりがウソのよう。

大久保流の坂路3本調教をしっかりと消化し、
馬の状態も着実に一歩一歩良化

ゲート試験も2回目でパスし、
ついには07/30新潟でのデビューが決まるまでに!

記念すべき一戦の鞍上には吉田豊騎手を手配いただき、
いよいよ1週前追い切りに臨んだわけですが・・・。





ここまで来たら当然デビューしてほしかったので、
最悪の結果になったとも言えます。

でも今年初めに置かれていた状況を振り返れば、
入厩できただけでも奇跡に近いような気がしています。

大久保流の坂路3本調教をこなせていると知った時は、
それだけでかなりの感動を覚えましたからね。


残念ながら競馬場にまではたどり着けませんでしたが、
ボクとしては良くやってくれたナという気分です。

大久保(洋)先生、厩舎スタッフの方々、牧場関係者、
そしてもちろんガヴァネス自身。

厳しい状況の連続でしたが、
ここまで本当に良くがんばってくれました。

入厩後の1ヶ月強だけでも良い夢を見せてくれたことに、
心からお礼を言いたいと思います。





= 追伸 =

バリサイトは勝負の一戦のゲートイン直前で骨折、引退。
ガヴァネスはデビュー戦の1週前追い切りで骨折、引退。

2008年産の愛馬たちはいずれも、
不完全燃焼な形での引退を余儀なくされました。


これで現時点での稼動馬が一頭もいなくなってしまい、
しばらくはサビシイ一口馬主生活が続きそうです。

とりあえず1歳募集馬の出資検討に心血を注ぎ、
気分を紛らわせたいと思います・・・。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
はじめまして。僕もガヴァネスを一口持っていました。
とても残念でショックが大きいです。あと一歩のところまで来ていたのに・・・。
けど、レース中の骨折でなくて良かった、とも思っています。けど、競走馬として1度でも競馬場で走らせてあげたかったですね・・・。
正直トレセンまで来られるとは思っていなかったので(ましてやレース登録まで)ガヴァネスには諦めない気持ちをもらったようなきがしますね。
あとは、どうか繁殖にあがれてお母さんになってくれることを願うだけです。
ガヴァネス、お疲れ様でした。
ベガ
2011/07/23 01:56
ベガさん、はじめまして。
コメントくださりありがとうございます。

本当にあと一歩だっただけに残念な感じ
が強いですよね。

おっしゃるようにレース中の発症だったら
もっと不幸な結果だったと思います。

そう考えれば将来が残ったことは喜ぶべき
ことなのかもしれません。

どこまで正確な情報なのかわかりませんが、
ガヴァネスは繁殖にあがるようなお話が出て
いるようです。

実現してくれればうれしいですね。
なべお
2011/07/23 13:58
なべおさん、こんばんは。
引退発表から数日、ようやく気持ちも少し落ち着きました。
私もなべおさんと同じ気持ちです。
ガヴァネスはデビューすら危ぶまれた仔。
大久保先生には感謝の気持ちです。
坂路調教頑張ってきたガヴァネスにはお疲れ様と言ってあげたいですね。
またいつかガヴァネスの仔か、フジキセキの仔でこの無念を晴らせたらいいな、と思っています。
そのときはまたご一緒できたらいいですね。
コリラス
2011/07/24 00:03
コリラスさん、おはようございます。

今年の2月前後は「明日にも引退」という、
そんな空気がプンプンしていましたからね。

そこからよくデビュー寸前まで来ましたよ。

大久保(洋)先生のとても味わいあるコメント
も好きだったんですけどねぇ。


まぁ、今年の募集戦線も始まりましたし、
気分を新たに楽しんでいきましょう。

ご一緒馬がいるかな〜
なべお
2011/07/24 09:02

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ガヴァネスの引退に寄せて なべおの歳時記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる